FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

深夜出張から帰り。
慌てて荷物を整理してて。
後ろでくつろぐ妻に振り向きながら立ち上がったら。

背中から腰にかけて。
や、やってもうた。。

『ん?いわしたん?』と妻。

明日から20キロの荷物持って雪の札幌なんですよねぇ。
雪など積もってない名古屋でもペンギン歩きみたいなのに。

しかしなんで腰を痛めることを「コシいわす」って言うんでしょうねぇ?

そんなことより今は息しても痛い(涙)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト
スタバ探訪記〜JR秋葉原ラチ内店
秋葉原

平日の朝晩はごったがえす秋葉原駅の総武線。

訪れたのは週末でしたので寄りました。
それでも多いですね、人は。

このお店は移動通路の三角エリアをベースに作ったお店なのでしょう、ソファもなければ狭いし個々の机などはありません。

ただ。このお店の好きな所はカウンター式のテーブルなんです。

線路の枕木だと思うのですが、レンガ風壁と相まって古き良き時代のカウンターバーに入った気持ちになります(行ったことは一度もない)

忙しく通り過ぎる人と電車を眺めながら一人悦に浸れるお店です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日今日と旧学校をリノベした空間で開催されたアロマ&ハーブEXPOに訪れました。
学校

夕方からの講義を担当することもあり、朝一で自書サインをせっせとしてあとはブースをゆっくり回ろうと。
サイン

荷物を置いて身軽にしてブース会場に降りたら。ひゃー物凄い人です。
人

人をかき分け今までご縁いただいている先生方のブース出展されているところに顔出して。

Essence of Heal®︎の小林ケイさんは新たな協会を立ち上げる中で白に統一した仲間たちと新ブランドの精油を提供されていて。嗅いだことのない精油を嗅いで自分の中の新たな感情にへぇーっときづけたり。
ケイ

ARTQ PRGANICSのアネルズあづささんは新製品のオーガニック認証スキンケアシリーズなどを提供されていて。パッケージデザイン含め素敵なんですよねぇ。手にできた男性向けスキンケアで僕もお肌を気にしてみようかなって。
あづさ

その他の精油やハーブといった自然療法に関すること。様々なセラピーメソッドなど。

一つひとつゆっくりは聞けませんでしたが、知らないことすら知らないということを実感します。

こういったイベントの良いところはそんな僕に対しても『えっ?そんなことも知らないの?』と言わずに丁寧に説明してくださるところです。

出展されている一つひとつの想いの詰まったお話しを聞けました。

あ、もちろん僕の担当した講座も沢山のセラピストたちが全国からいらして。
与えられたテーマに対して一人ひとりに伝えられたのかなと。

名古屋や北海道などセラピストの学校のオープンキャンパスに来てくれたり参加予定のセラピストにも会えたのはホッとしますね。

そうこうしていたら会場でセラピストの学校のオープンキャンパスにも顔を出してくださるホリスティックメノポーズ ラボ主宰の山内さんにばったり。
更年期に関するプロフェッショナルセラピストで第一人者でもある彼女もまた吸収する立場を見失っていないのですね。
山内

『知らないことすら知らなかった』
ということを受け止められる人は、キャリアを問わず常に成長できる可能性を持っていると僕は考えております。

なりより僕自身もまたそうでありたいです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜下北沢店
下北沢

下北沢駅からすぐですが、いわゆる閑静な住宅街にポツンとあるような雰囲気が素敵なお店です。

オススメはやはり地下。

打ちっ放しのコンクリート壁を見ながら階段を下がっていきますと。
パッと目に入るのが長ソファの上のクッション。

なんだかこれだけで秘密基地での会議ができそうです。

店内は10人以上いるのに無人か?というくらいに静かでした。

下北沢界隈の人たちは気配を消すことに長けた人たちなのか?と思わざるを得ない。そんな空間でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

珍しく僕がカレーを作ったときのこと。
数日後、三人の会話が聴こえてきました。

『この前のカレー、珍しく美味しかったね』と妻。続けて

『この前のカレー、珍しく肉が入ってたね』と長男。

すると次男がかぶせるように
『この前は珍しく野菜スープカレーじゃなかったってことだよ』

えー。僕は野菜スープカレーを作った記憶はございません。

スープカレー
画像はこの前札幌で食べた本物のスープカレー。
シャビシャビで肉薄なカレーではない。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日開催した大阪でのオープンキャンパスも。ジャンルに関係なく様々なセラピストが集まってくれました。

他エリア同様に10年以上活動されているセラピストも数多く、大阪だけでなく兵庫、京都、奈良など近隣エリアで活動しているセラピストも来てくれました。

この個人セラピストたちが集うオープンキャンパス。

今なにかと取り上げられることの多いオンラインサロンの様なバーチャルな場ではなく、リアルでかつオープンな場を提供し続けているのには理由があって。

あらかじめ決まった講座などのテーマが注目されがちですがその前後での交流のシーン。
各々個別に雑談したり、やりとりしている姿を拝見していますとプロフェッショナリズムについて考えさせられます。

そこではやりとりされる情報そのものではなく、その人から発せられる諸々を互いに吸収し合う関係が成り立っています。

スマートにすることや効率的に物事を進めるようなスタンスや情報も大切ですが、プロフェッショナリズムがその独特の空気感の中で個々に生まれ熟成されていくようです。

自分がプロフェッショナルであるということを再確認するような場。

これはことセラピストという対人援助職にとって。教えられにくいとても大切なものだと思いますし、オープンキャンパスの様な場を提供し続ける理由の一つです。

プロフェッショナリズム
セラピストの学校オープンキャンパス
https://www.relax-d.com/calendar_10.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


わくらくさん
今日はセラピストの学校オープンキャンパス。大阪に向かっています。

今回会場として提供くださるのはわくらくさん。代表の三根さんは17.8年前かな?出会った仲間の一人。
初対面で『ミルクの旅』でヨーグルト一緒に食べたのは互いを紹介するときの鉄板ネタみたいな。
http://wakrak.com/

そのわくらくさん。つい昨日の記事で知ったのですが中小企業庁の創業機運醸成賞を受賞。驚きというよりもまさに!という様な賞です。

おそらく、細かく知れば活動や取り組みなどその変化は沢山あったかと思います。

しかし。どっから切っても◯◯さん。という認識となる人(法人)とそうでない場合があるのは、なんででしょうね?

これって決して対外的な評価や規模、かけたコストや流れた時間だけで評されるわけではないはず。

関わる人たちすべての意識に定着する存在。

各々活動する上で何か一つに絞ろうということも。僕がセラピストたちに伝えていることの一つひとつも。
たぶんこういうことです。

今回のオープンキャンパスもまた。
活動の範囲が多岐に渡るセラピストもいれば、キャリアの長いセラピストもいます。

2018年が終わろうとして。
業界サイクルの移行期が終わりつつあり、いよいよ第二揺籃期への時代に入っていくのではないか?と考える中で。

関わる人たちすべての意識に定着する存在として。一人ひとりのセラピストが立っていけたのならと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【あなたの人生をかわりに生きてくれる人はいないわ】〜ドリー・パートン(シンガーソングライター)

この人は僕の人生を代わりに生きてくれそうだ。。なんて普段から思うことはないですが。

無意識のうちに「自分のかわりに自分の人生を生きてくれそうな人」を探していないだろうか?と。

その判断も決断も。する行動もしない行動も。

思い通りにいかない事も。思ってもみない素晴らしい出来事も。

他人に代わりに生きてもらったら得ることはできません。

今の僕にとって自分のために使うエネルギーはあっても。

自分のかわりに生きてくれる人を探して託すエネルギーは持ち合わせてないなぁ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜名古屋志段味店
志段味

名古屋と言いましても。
かなり東に位置していて自然豊かなエリアにあるお店です。

周辺もまだ開発途中な感じがいいですね。

スタバの郊外店って。
開店当時は『えーっ?そこに?』なんて場所が多いのですが、それから5年10年すると街もどんどん整っていくから不思議です。

店内は広いスペースで、たぶん地域の人だと思いますが時間を過ごして。

やはり街もここに住む人も。そこに加わってこういった雰囲気が作り上げられていくのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今から一ヶ月ちょっと前の土曜の夕方。

妻から
『亀を拾いました。一応拾得物として今から警察に届けてきます』とのLINE。

目をつぶって1分ほど映像化して天を仰ぐ。

亀?交番?拾得物?

なぜかお隣さんの玄関にひっくりかえってた亀→妻にヘルプがかかる→次男が意気揚々と登場→あまりのデカさと凶暴さに悲鳴あげながら捕獲。

ま、外来種ですからその辺に放流する訳にもいかず。

交番に届けてご近所には回覧板で『亀預かってます』と回し。

結局引き取り手もないと処分とかになっちゃうのかな。。

ある日の朝のこと。

妻がその威嚇亀に向かって。
『ジョン!おはよう』

もう名前で呼んでるじゃん(涙)
ジョン

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日はプライベートでも仕事でもお世話になっているスプリングノートさんの10周年記念(初日)で渋谷へ。

もうですね、渋谷で飲食で個人経営で10年続けることがどれだけすごいことか!

飲食に関する店舗についてはまったくの素人ですが顔出すようになって8.9年。
変わらないものとどんどん変わるものがあります。

毎回変わっているのは店内レイアウト。

いきなりジャングルみたいになってるときもあるし、カウンター奥の棚に並べてる小物もちょこちょこ変わってたり、楽器類の位置も変わればアレクサがBGMを取り仕切ってるときもあります。

一方変わらないものは。
りえこさんとマスターの対応。
これはずっと変わりません。

きっと場というのは。
人が流れる様に入ってきてまた流れていく、そんな循環の役目があって。

遊びココロと安心の場がここスプリングノートさんにはあります。

今回出された生ハムが美味しくて。そればっかりいただいてました。
たぶん1年分は食べたので、来年また1年分食べに行きます。
生ハム

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

最近セラピスト仲間で話題になったりSNSの記事などで紹介されているのが、マッサージロボなる記事。

https://s.nikkei.com/2DRYDA2
『5本指マッサージロボット開発へ 豊橋技科大など』日本経済新聞電子版11月20日

この話題。以前から「そうなってくるだろうね。」とやりとりしていましたし、セラピストの学校の会報誌vol.2の特集『セラピストとAI』でもこの流れは遅かれ早かれ出てくるとお伝えしました。

身体へのケアをしている当事者視点では安全性など、その問題点がよりクローズアップされて語られがちですが。

改めて『人であるセラピストにしかできない社会的な役割は何か?』を考えるきっかけの一つとしたいものです。

セラピストは身につけたセラピースキルだけでその存在が保証されるものではなく、社会から必要とされて初めて存在意義が見出される。

『私のセラピースタイルは◯◯だから安心だ(もしくは心配だ)』と過剰に反応することなく、
自分がセラピストとして求められるものは何か?をこういったニュースから今一度考えてみる良い機会なのかなと思いつつ、この記事を読んでおりました。
ロボット

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


最近はセラピストが施術やセッションなどセラピーをするのと同時に。
その伝承や活動スタイルの伝達など、スクールや教室、講座など“レクチャー”するケースが増えてきました。

そのスタイル自体は今のセラピスト業界の発展を考える上では必然的なものと考えます(その理由はまたいつの日か)

と同時に。
セラピストにとってのセラピーとレクチャー。これをひとまとめに捉えてはいけないとも考えています。

僕の立場で言えばコンサルティングと講義との違いと近いかもしれません。

コンサルティングではその人の中に潜り込み、そこから結果に結びつくために様々な角度からの選択肢を提示して一緒にトライアンドエラーを繰り返す。

まるで、浮き出てはそれぞれの島に上陸する様です。

一方、講義では決められた時間やテーマの中で、不特定多数の人に同時に言葉を発しながら、一人ひとり違った気づきや学びや適用に繋げられるように細かく投げかけをして最後全体のカタチを整える。

見える山頂はあるけど全部一括りにせずに登頂までの道筋を伝えるような。

コンサルティングと講義と同じように。
やはりセラピーとレクチャーは山と海の様に違うものです。

この違いを認識した上で各々スキルを構築しセラピストライフを歩むセラピストたちが今の業界を支えていますし、これから第2揺籃期のフロントランナーとしての役割を担っていくのです。

違い
『セラピストの学校とは』
https://www.relax-d.com/contents_1337.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど逆にひろがるときがくる。】〜岡本太郎(芸術家)

たとえ周囲からみて何も様子が変わってなくても。

『なんなんだ、これは?』と自分でもよくわからなくなってるとき。

この、精神のとじこもりと拡がりの感覚なのかな?とも思います。

ただ僕は場合はあまり大げさには捉えていませんで、風船を膨らませるイメージなのですが。

一気に風船を膨らますときは肺にいっぱいの空気が入ってて。そこからしぼんだ風船に空気を送り込む。

膨らむ風船の大きさ云々より。
肺に思いっきり空気吸い込んでいる時の方がむしろ大切。

なので強烈なとじこもりというのは、僕にとっては肺の中に思いっきり空気を吸い込んでいる時なのかな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


先週は月曜から金曜まで。
色んなイベントなど参加したこともあり沢山の人にお会いしたなぁ。

やはり様々な事にチャレンジしている人たちと会うのはいいですね!

それと同時に。発想や歩み、スケールやスピード感を他人と比較している自分もまたそこにいます。

共通言語の近い世界で性別や世代だけでなく、スタンスやビジョンに共通点があれば尚更のこと。

そういった時は。
無性により静かな場で自然に“まみれたく”なります。

週末天気もいいし。
『海でも行こか?』と砂浜を歩くのが好きな妻を誘う。

するとリクエストされた場所はなぜか漁港。

堤防の上で腕組みして。
出航する漁船をしばらく眺める彼女。

その背中が語りかける。
『他人の今と比較するんじゃない、比較するのは自分の過去だけだ。』

。。鳥羽一子か。
鳥羽一子

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜三宮磯上通店
三宮磯上

三宮駅周辺には沢山のスタバがありますが、こちらのお店は歩いて少し先にあります。

ビルの一階のテナントですので店内も広くて落ち着きますね。

印象的なのは壁添いにある六角形のテーブル。
狭い中でも隣の人が通り抜ける時にテーブルに当たらないなどよく考えられてますね。

で、また神戸ということもあって異国情緒な雰囲気に浸れるのは、、僕だけかな?

店内は見る限り地元の人ばかりで観光客の人はいませんでした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


運動指導者のためのベストブレインウェルネスアワード。
今年も協賛企業として参加。
アワード
http://be-brain.jp/

インストラクターやトレーナーなど。運動指導者の分野は僕の関わるセラピスト
業界の“少し前を歩んでいる業界の一つ”だなぁと。

社会がその分野にどう期待をして、それをどのように表現し、カタチ作ろうとしているのか?

三年前にひょんなご縁から審査員となり。こうして連続で参加していますと。その流れみたいなものを知ることができます。

ああ、これって対人援助職としてそのままセラピスト業界の流れとも重なってるなぁ。

石の上にも3年とは言いますが。こういった表出の場を生み出し続けている主催団体とスタッフ。

またその場にいた、一つの世界に身を置くものの“競争ではない共創”のエネルギーを浴びた一日でした。

そうそう!

よくアスリートのインタビューや記者会見の時の背景ボード?みたいなのにロゴが入っているのを見つけて。

自分で記者会見風に撮るとカッコいいぞ!
いや、アスリート体系からはかけ離れてるし。
自撮りするとイタ過ぎるしな。。

ボードだけサッと盗撮みたいにして帰ってきました。
ボード

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜飯能PePe店
飯能

西武池袋線のずーっと先にある飯能駅。
その構内にあるお店。

今回は仕事ではなく少し手前の駅に降りて用事を済ませて。

この辺にもあるのかな?と調べてましたらポツンと駅構内に。
せっかくなのでと数駅足を伸ばして行ってきました。

だからと言いましても。

特別なお店ではありません。いたって普通の、スタバです。

おそらく朝晩は混んでいるのでしょうね、ここから都心に仕事に行かれている方も多いでしょうから。

平日昼間の店舗は人は少なく。
それぞれ数席離れて一人でいる様な人たち。

スタッフの笑顔だけが素敵に輝いておりました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日は東京出張の合間で午前がポコンと空いていたので。
プライベートで埼玉のずいぶん西の方に足を運んできました。

実は小学校までその辺りに住んでたことがありまして。かれこれ40年ぶりくらいかな?

小学生の門に大きなクスノキが生えたのは映像として覚えてまして。
まだあるのかなぁ?なんて思いつつ、懐かしい小さな駅からタクシーで向かいます。
小学校

あぁあったあった!

毎日それに眺められて登下校してたんですね。40年後にどんなオッさんになっているかなんてまったく想像もせず。

タクシー待たせてましたし、あんまりじっと門にいたら不審者がられちゃうのでそこには1.2分しかいませんでしたが。

40年がギュッと縮まるような瞬間でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日は下北沢にてセラピストのイベントがあり行ってまいりました。

セラピーオンライブ。
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapyonlive1120

実はセラピストが普段どの様なことをしているか?はセラピスト自身が“客観的に知る機会”はあまりなく、僕の知る限りこのようなイベントは初めて。

1980年代から活動されていた第一人者のセラピストたちにとっては、セラピストの存在そのものをいかに社会に知ってもらえるか?が中心的なテーマでした。

そしてその世代から第二世代へ。
社会的には徐々に認知されつつある中で、現実的には沢山の壁に当たりながらも歩みを進めているセラピストたちがこの世界に数多く生み出されてきて。

クライアントに対する日々の活動を、
ひとりの表現者として。表現する場があったのなら?と作り上げた場がこのイベント(と受け取りました)

主訴に合わせるだけでないアロマブレンドが一つのアートとして表現され、
動と静。流れと止まる。など。光と音楽に合わせてセラピーを表現する。

セラピストの普段は決して華やかでない地味な活動ですが、表現するものにとっても。その場にいるものにとっても。

同じ世界にいるものだからこそ。
静かなる熱気に満ちたものでした。

そしてその場にいたひとり一人のセラピストたちはまた日々の活動に戻っていきます。

舞台の全体を見渡せる一番後ろからそれを眺めていて、ひとりひとりの心に青白い炎がポッと灯るような。
セラピーオンライブ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog