FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

社会人1年生の長男。
毎日電車に乗って職場まで通っています。

子供の頃から料理。甘いもの。そして新作好き。気に入ったものを全種類制覇。みたいなのをコツコツとしています。

そこで彼が今ハマっているのがスタバの新作シリーズ。

毎回シーズン毎に登場する新作をしっかりとリサーチ。

「◯◯シリーズ知ってる?」
「あ、そういえば試供品でもらったなぁ」
という会話が幾度となく僕と長男の間でなされています。

しかし彼の収入では毎日通いというわけにもいかず。
今は一週間のご褒美として金曜の朝スタバに行ってそれらを味わうそうです。

僕はと言いますと。
いつものごとく、いつもの珈琲(ドリップコーヒー)をショートサイズでいただきます。

すると先日。
ビョーンと出てきました。
巷では1500分の1とも言われる“当たりレシート”が。(ホントなの?)

『お、お客様。こちらは、、』と若干高揚気味に話されるスタッフさんのお話を聞いたのちそれをいただき。

僕はドリップ珈琲しかいただかないので、その日に長男にあげますと。

『お、お父様。これは、、』とキラキラした顔で受け取る長男。

そんなに新作が楽しみなのか?
思いがけずタダでご褒美ゲットできるからか?

まぁ喜んでくれてなによりです。
レシート

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト



セラピストの活動が多岐に渡る中で。
これさえできれば成功。というのもまたなくなってきました。

現実、長くこの世界にいるセラピストたちと逢っていても「これさえできていれば」という共通点がなくなってきているような気がします。

ですからこれからセラピストとしての歩みにおいては自身の中の豊かさや自身の中の成功の形をしっかり見つめていく必要があると思うのです。

セラピストという仕事のベースは目の前にクライアントがいます。

つまりそのクライアントにきちんとフォーカスできているということは自身のセラピストライフの道筋を示す鍵となっているのでしょう。

自分にとってのクライアントの求めるものが見えていないセラピストはどこに向かっているか見えていないのと同じですから。

周囲に惑わされることなく。
本当に自らがすべきことをする。

セラピストライフ
考えてみればこれはセラピストでなくともどんな働きであっても言えることですね。(文責:谷口晋一)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

よりによって。

どうしてそうなったかはいつか話すとしまして。
昨日足をグネり、股関節や肩甲骨を痛めてしまいました、、

学生時代はラグビーボールを追っかけてましたので、よく捻挫や身体中痛めてましたが。

久しぶりに跛(びっこ)を引いて歩いてますと。
いかに自分の余分な体重が増してるかもわかり、涙も増します。

とにかく来週は東京〜福岡へとここ数ヶ月で一番忙しい週。

そうなってしまった瞬間は
「よりによって、こんなタイミングで」と思わないわけではないですが。

そこからどうしていくか?はまた別の捉え方もあり。

僕に与えられた試練だと思って。
乗り切った先に何が見えるのでしょうか。

あー。イタタタ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日仕事を終えて急いで品川駅まで向かったときのこと。
念のためと金曜最終の新幹線チケットを取ったら例の計画運休。

はぁギリギリセーフ。と思いきや。

山手線を降りてから新幹線改札に向かう道のりまで人人人。
品川駅

改札から出で在来線に行きたい人。
改札に入って新幹線に乗りたい人。

前から後ろから。
どんどんどんどん人が増えてきて。
おしくらまんじゅう状態でヤバイ。

なんだか酸素不足になってきて。
く、苦しい。

30分後やっとの思いで改札を通り。
ホームに降りたら降りたで新幹線きません。

深夜やっと家に帰れましたが、気が張ってなかなか寝れませんでした。
なかなかこんな経験できません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
横浜での仕事を終えて
知人が出演する舞台に駆けつけました。

いゃぁ良かったです。

毎度の様に言いますが舞台や演劇はまったくの素人。だからこそ受け取り方も新鮮。

お目当?は彼でしたが彼を目で追うというより気づけば舞台全体を観てました。

amanec「沈澱タイ」
脚本・演出:八代将弥a.k.a.SABO
https://note.mu/amanec/n/nb83eeb11e9b8
沈澱たい

舞台やテレビなど少しずつチャンスをモノにしている彼。

シンプルでベタな表現ですが、一つの夢に向かって可能性にかけ準備をし掴んだそれに対して全力で向かう。

たまにしか逢えないからこそ身についた雰囲気はウソつきませんね。

結果そのものよりそのプロセスを見れるだけで僕もまたチカラもらえます。

一見すればオッさんが若い子を応援する構図ですが、僕からすればまるで真逆の感覚。

理屈なんてどうでもよく、がんばろ。という気持ちになれます。
高木和沈澱たい

#高木和

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

所属する協会やスクール、関わりのある団体などでスキルが既に存在していて。
教室運営につなげているセラピストが日本全国には数多く存在しています。

日本国内で特殊技能でもあるセラピーを広く伝達していく上で、そのこと自体とても大切なことだと思います。

ただ一方で。その中には運営とまでいけない育成セラピストが数多く存在することも事実です。

せっかく素晴らしいセラピー、教える技術を身につけているのであれば。

その価値を伝える必要がありますし、それを求めてる人がいるのであれば伝承していって欲しいなと願ってます。

ブームなどが終わった世界でも。
様々なことを望むクライアントは今後も増え続けています。

本当の意味でのセラピストは大量に産み出すのは難しいから。

この業界にとって伝承できる育成セラピストは大切な存在なのです。(文責:谷口晋一)
育成セラピスト

『教える、伝える、育てる、遺す。』
セラピストの学校 スクール運営ゼミナール
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapist-school

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
たった一人から物事が進んでいくとき。
とってもシンプルなことがそのたった一人の中で起こってから、なんだなぁと思うことがよくあります。

それはその人の中での
洞察。決断。本気。というもの。

世の中で注目されがちなスキルやテクニック、仕組み枠組みというのは手段であるので、あくまでもそれらの後に必要になってくるもの。

うつろな所をも察し。
決めたら断ち。
本当の気持ちで向かう。

こんなシンプルなことが大抵の物事を動かしてるんじゃないですかね?

はい、独り言です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
今日名古屋は朝から快晴。風も気持ちよく。
「これから海でも行こっか。」とLINEで珍しく僕から誘う。

1時間後。
彼女から返事来ず。

2時間後。
既読もされず。

ま、いっか。
自分だけでも行こっとと思った6時間後。

『はい、行きましょう。』

、、いや反応遅すぎでしょ。

たまたま見つけた海沿いにあるカフェだったんですが。

いやぁしかし。夕陽が綺麗でドンピシャ。
夕日

、、まさかそれ狙ってたわけじゃないよね?

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

10月に入りました。と言いましても。
もうすでに4日も過ぎちゃってます、、

10月から11月にかけて。
オープンキャンパスが渋谷と福岡、名古屋でありますがそれ以外にも。

東京では資格を無駄にしないための実践セミナーや、セラピストとしての歩みについての成功法則勉強会。
宮城では癒しビジネスの創り方など。

お世話になってる出版社さんや協会さん、自治体主催で講師として登壇する予定です。

【オープンキャンパス&講座カレンダー】で詳細が出ていますのでよかったらご覧ください。
https://www.relax-d.com/calendar_10.html

さて。
僕は学びというのはいつも目新しい最新のものをし続けなければならないとは思っていなくて。それは、

実はその人の中にすでにあるものが引き出されて初めてそれらが活かされると考えているからです。

ですので。自ずと僕が携わるテーマは常に新しい学びを提供するだけではなく、自身の足元を見直したり今までやってきたことを改めて整理するものが多いのです。

携わる世界の歴史や先人たちの動き、活動する上での原理原則。なんていうのは目新しさなんてありませんが、自身の歩みと重ねてみることを通して新たな視点が生まれます。

プロとして自立した歩みができる様になるのは。実は目新しさとは真反対の所にあったりします。

と同時に。
出会いに関しては新たな繋がりは常に持っていくことを通して得ることが多いので、緩やかに繋がっていく環境があるといいなぁとも思ってます。

しかし。僕の周囲ではこのようにこれからの数ヶ月学びと出会いの場に足を運ぶことが多くなるのですが。

それは季節が秋になったからでしょうかねぇ?
原理原則

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
周囲にはやってることはどんどん変わっているのに。全然変わってないなぁと感じる人がいます。

僕の場合しょっちゅう会うというより、ある一定期間会わないケースがほとんどなので、再会したときに受ける感覚が少しだけ鋭くなってるのかな。

常に変化が求められる中にあって。
取り組む事はどんどん変わっているけれど。

その人の軸みたいなものは変わらない。そんな人たち。

そういった人たちには共通する、なんとなく信頼できる雰囲気を有していて、新たな取り組みについてもそれらがベースとなっているようです。

一方。取り組みが変わろうとも変わっていなくても。
会うたびにその人が“書き換わってる”かのようなケースもあって。

この違いってなんなのでしょう?
きっとこれは本人よりも周囲の方がよく気がついてるはずです。

とにかくあれやこれをやったらいい、というより。
あれやこれをなぜ自分はやろうとしてるのか?を常に意識している。

そんな自分軸の有無みたいなものが思いのほか周囲に対して滲み出ちゃっているのかな。

僕もまた同じく。そんな意識の視点をぶらさないようにしたいものです。
やってること

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog