FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

個人セラピストの活動を支援するために全国を回る活動をしていますと。

個々が抗うことが難しい天災など、その地域地域の状況に触れることがあります。

そんな時は点と点を繋ぎ線となり、面となっていきますととても大きな力となりますが、セラピストたちについてもまた然り、です。

と同時に。
クライアントにとってセラピストは『いつも通りの存在』でありつづけて欲しいとも考えています。

それがどんなセラピーのカタチであっても。セラピストの基本は対人援助の仕事ですから。

クライアントの心身の状況が日々変化していく中で。そこに対峙した時に『いつも通りの存在』であることが価値となるのが、セラピストです。

セラピストはクライアントに対してインパクトを残そうと、毎回毎回ドキドキさせる必要はまったくなくて。

セラピストに対して抱く絶対的な安心感こそがクライアントの潜在的欲求を引き出し解決していくことの真の道筋となる。

翻って。セラピストを支援する側の僕自身も。

『いつも通りの存在』であることに全力を尽くすものでありたいです。
変わらず

『セラピストの学校がしていること』
http://www.relax-d.com/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト
昨日から今日にかけて。
ちょっとバタバタしていてなかなか着信に気づけなかったのですが、見知らぬ番号からのが幾度となく入っていまして。

するとショートメールが入り、そこには見覚えのあるショットが。。

ん?おおー!!

去年11月にベトナムに行ったのですが、ホーチミンで打ち合わせたスパオーナーからでした。

『今どこにいるの?』
『来週までチバにいます。アイマショウ!』

残念ながらスケジュールが合わなかったのですが再来日(もしくは再訪問)のときには再会する約束をして。

彼女は日本語できませんから通訳の方を介してですが、ベトナムに限らずいまやどんどん海外との接点は増えています。

実はこうしたきっかけを紡ぎとして広がっていくことがあります。
僕は海外とのお仕事には3つの共通点があると考えていて。

それぞれのニーズを模索する段階はオープンに。
そこから実際に進めていくときはシビアに。
でも実はそこに至るまでの準備に一番力を入れる。

一人勝手にホーチミンの叶姉妹(のお姉さん)と名付けたりしてたので思わず『オネエサンっ!』と叫びそうになっちゃいました。

叶姉妹

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


この前ひっさしぶりに。

電話だけの会ったこともない人に、
『それゼッタイにあかんっ!』と子どもみたいに叫びました。

9月初旬。
ウキウキしながらApple Storeに。

と言いますのも。
使ってるiPhone seの無料バッテリー交換の予約をしてまして。
なにしろ電池の持ちが良くなるのが楽しみ。

しばらくして爽やかにお兄さんが登場。
いきなり申し訳なさそうな作り笑顔で
『今、電池の在庫がないので予約を』って。

おいおい、予約は一ヶ月前に電話で済んだでしょ?それで今日交換してもらうためにスケジュール調整したのよ?

でも今はない、の一点張り。

2.3週間経てば入るので連絡するし、その時は確実に確保するのでこんな風にはさせないと。

1ヶ月待った上に、それから2.3週間待つって。。

“イラチな僕”は辛いんだけど無いものはない。うーん。

それから数日後Appleが新製品の発表。『iPhone seショック』が起こり。。

いやぁでも。
なんだかんだありましたが発表前にバッテリー交換の予約しておいて良かったですよ、ホントに。

そして昨晩Apple Storeから着信。
(あ、意外と早く入荷したんだね?)

すると電話口はこれまた爽やか男子。

『ご予約いただいてる電池の入荷が未定となりました。ちょっといつになるかお約束できないので、入り次第連絡しますね!』

それゼッタイにあかんやつ(涙)

『はい。。また連絡します』と彼も泣きそうになってましたがどうなることか。
アイファン

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

自分が何を目指しているか?
自分のしていることはどういうことなのか?

それを常に的確に。言葉に表現出来る人はなかなかいませんね。僕もまた自分のやってることの表現方法で一番頭を悩ませます。

例えば一つの事例としてセラピストの学校のオープンキャンパス。
自分なりに
『セラピストにとってのサードプレイス(第三の場)学びと交流、安心、安全な場所。』
と言葉づけてやり始めましたが、本当のところ始める前は暗中模索状態。

でも動き始めてみて。そこから出てくる参加者からの言葉を通して改めて気づかされ教えられます。

先日大阪で参加くださったベテランセラピストのブログ※では、それを評して。
■初心に戻れる
■再確認できる
■新たに知ることが出来る
■夢が語れる
■悩みが話せる
■不安を解消できる
■分かり合える、などなど。
変に難しい言葉ではなく箇条書きにされると妙に納得します。

また同じ場にいた別のベテランセラピストは、SNS上の記事で
『谷口さん主催の懇親会で出会うセラピストの方々とお話をさせていただいていると、武将が戦国時代の古傷を見せ合っているよう。私もスネにいっぱい傷があります。
かつて敵同士、今仲間。中立的な立場に居つつ闇討ちさせない正しい戦い方を教える方です。』
との例え評。
情景が思い描かれてこれもまた納得。

たぶん自己客観視できるということは。
自分で自分を上手に言語化するということだけでなく、周囲の意見を受け止められているということでもあり。

つまり。たとえそれが辛辣なものでもピントはずれであっても。
常日頃から周囲に評される存在であれ。
ということだと思うのです。
自己客観

※『ありのままで え〜やんか〜。』
https://ameblo.jp/essenceyanen/entry-12404734426.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

日曜の晩。近所のケンタッキーを通ったらものすごい人と車。
なんかカーネルさんの誕生日みたいで。

そうしたら無性に食べたくなっちゃいまして。ボックスをお土産に買っていくことにしました。

元々フライドチキンは三種あり、その中で僕が好きな部位があり。一つだけ頼む時などそれをなんと言うのかよくわかりませんでした。

で、食感とか形とかをスタッフの女の子に思いきって聞いてみたんです。

そしたら笑顔で
『はい。お尻ですね、お尻。「お尻」と言っていただければ。ただ必ずお尻をお出しできるかどうかはお約束できません。』

あの。。そんなに連呼しなくても。
小学生ならそれだけで笑いが取れます。

それ以来、
『あの。お尻一つ、いいですか?』と。

言い方には気をつけてます。
ケンタ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今日は大阪でのセラピストの学校のオープンキャンパス開催のため近鉄に乗って大阪に向かっています。(車窓からの風景が好きなんですよねぇ)

大阪開催も久しぶり。
10数年前に開催した時からのセラピストや、はじめましてのセラピストまで。
こうして足を運んでくれることは何度経験しても変わらず嬉しいものです。
車窓

◆◆◆◇◇◇
さて。全国のセラピストたちと関わってきて思うことですが、
人は期待されていると感じているときにはそれがどんなカタチであっても思いもよらぬ力を発揮し続けるようになります。

それがそのセラピストのブレイクスルーとなった姿をこれでもか!と見てきました。

一方で。その感覚を受けとることができなかったりすると。
思う以上の力はなかなか発揮できません。元々持っている力の所までは行きますがそれ以上先には進めません。

セラピストという対人援助の仕事を続ける上で。
活動を継続発展するための社会的な対価や評価を受けると同時に。身近な周囲や広い社会からの期待を的確にキャッチし自らの力に変えていく。

個人で活動する故、一見すると不安定かもしれませんがこのバランスの中で歩んでいるセラピストたちは。
精神的にも経済的にも安定しています。

これからもセラピストたちにはそのバランスを保ちつつ長い視点で様々な期待を新たな力に変えて欲しいと願っています。

なによりも僕自身が。
セラピストとして自立し歩み、次世代を育成していく彼らひとり一人に期待を寄せ続けているものの一人ですから。

◆◆◆◇◇◇
来月は博多での開催。
これまた本当に久しぶりで!ここでもまたセラピストのための新たな学びと出会いの場としていきます。

【10月10日博多オープンキャンパス】
https://relax-d.com/webform_26.html?rspdt=2018-10-10&rsptm=13-30&rspdt2=2018-10-10&rsptm2=16-30&rscdid=23

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

何にしても。継続し続けることって。
うーん、大切です。

様々な分野のプロフェッショナルな人たちとも結局はそんな話題になるんですよねぇ。

そもそもなぜ“続けること”が価値となるのか?を改めて考えてみたんですが。

その分野における人との繋がりや、活動範囲の広がり。その土台となる信用や信頼なんかが得られる。

また今や情報は手軽にかつ沢山入ってきますが、取捨選択の精度も高めることもできるようになる。

まぁただ長くやってりゃいいか?と言われたらまったくそうでないというのにも気づかされますが。

それに向かい続けることが
『自身その他へのあきらめ』となっているか?は、長く一つのことを取り組む上で気づいたことでもあります。

あきらめというのは、
『その他もっといいことあるんじゃないか?』『もうこの分野はダメだから。』『年齢、性別、環境などからして。』
といった自分の中に生み出されるそこから離れたい願望に対する、それです。

それこそ。寝ても覚めてもそれを考えちゃうし、繰り返しトライするし、まぁ思った通りにはいかない。

それでも。
『あぁやっぱり自分にはこれなんだ』と腹をくくって、覚悟を決め続けている。

一度だけ覚悟を決めるだけじゃダメで。何度も何度も。

迫り来る不安と恐れを乗り越え、くくり決め続けるような。(最後の方は不安と恐れを通り越して笑いが出てきたり)

結局どの分野でも。
プロフェッショナルな人間とは、誰かや何かとの比較じゃなく自身の中に覚悟が積み重なっているかどうかなのでしょうね。
プロフェッショナル

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


先日のこと。
次男と妻がランチしたお店が偶然
“大盛りの聖地”なる所だったみたいで。

『3キロのオムライスって!新生児の体重じゃないんだから。もうしばらくいいわ。。』

こういう話題は行ったものは楽しく語り、行かなかったものはへぇ!と聞ける。楽しいやりとりです。

しかし!それをジッと聞いていたのが食にあくなき探究心を持つ20歳長男。

もじもじしながら。
『あの、今度の土曜って休みですか?』

まぁ、別に特に用事ないけど。

『朝ごはん。ちょっと抑えておけばいいよね』

はぁ?

『それぞれ違うメニュー頼んでさ、分け合ったりするのいいかもね!』

完全に想像が現実飛び超えてるな。

で、現実は言いますと。
これで800円しないってんだから。
唐揚げ

ただもうしばらく唐揚げという言葉、聞きたくありません。。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


個人セラピストにとってのターニングポイント。
以前は共通するものであり、それに取り組めば誰もが簡単に壁を乗り越えていけると言われていました。

しかし時代の変遷や業界自体の変化から多種多様なものに変わってきたのです。

『今までやっていた活動上のやり方が通用しなくなった』と言われて久しい理由です。

その大きく変わったターニングポイントの中で具体的に一つ挙げるとするならば『新たな技術の学び直しや基礎技術の掘り下げ。』というものがあります。

https://relax-d.com/contents_1471.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


面白いこととかワクワクすることとか。
待ってましてもそんなもんは、、僕の前には一向にやってきません。

ただなんとなく。いつもアンテナを張ってることはあって。

キャッチするそれが人からなのか体験からなのか学びからなのかは決まってなくて、なんとなく。が一番いいみたいです。

で。アンテナでキャッチしたら溜め込まないですぐに出す。

溜めておいてもったいぶっても大したものにはなりません。身体同様溜め込んでもいいことなんてない。

唯一発信したときに。はじめてそれが発したその先にとって価値があるかがなんとなく。わかるだけです。

なんとなくからなんとなく。
なんじゃそりゃ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog