セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

【人とうまくやっていく第一のルールは、すべての人を重要な存在とみなすことだ】〜ヘンリー・カイザー(実業家)

言葉だけでない、様々なカタチを通して相手を重要な存在としてみているかどうか?

自分が考える以上に相手には伝わっているものです。

で、もし無意識にでも人をぞんざいに扱っている時があるとするならば。
それは間違いなく自分を雑に扱っている時です。

なので。本当に人とうまくやっていくのなら、いの一番に自分自身を重要な存在とするってことだと思ってます。

そこから身近な存在、そして関わるすべての人と繋がっていく。
すべての人ってのは、自分込みです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト
【あなたの幸福は、社会がどう変わっていくかによって決定されない】〜岸見一郎(哲学者)

これから起こるであろう社会の変化について。
僕自身も強く興味を持ってますし、時には私見も発します。

しかし一方で。
日々変わりゆく社会と個々人の幸福感が連動しているか?と言われれば、まったくそうじゃない。

確かにこれからも。社会全体の変化にともなっての様々な感覚に陥ることもあるでしょうけど。

なんでもかんでも自分を変わりゆく社会のせいにしてはいけないし、変わりゆく社会の中で今を生きてることそのものをちゃんと意識しておきたいですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【相手の思いを力にする】〜松浦敬一(時計職人)

時計職人ですからおそらく修理する時計をしていた相手。
翻ってそれは提供するサービスでも技術でも製品でも作品でも。

「その相手がどんな思いを持っているのか?」

それは意識してというより、無意識に思い巡らせることなのかもしれません。

それを常に想像できることこそが回り回って自分の思いとなり、力となる。

つまり相手の思いと自分の思いが連動した先に自らの中でのエネルギーとなるのかな。

それは新たな閃きとなり、越えられそうにない壁を乗り越えさせ、日々のルーティンを意味あるものとするのですから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【人の生き方を一番よく表すのは、言葉ではありません。それは、その人の選択なのです。】〜エレノア・ルーズベルト(人権活動家)

一人ひとりが言葉を発信しやすい時代だからこそ。
それそのものは生き方を表していなくて生き方はその後の選択にある。

きっとこれからも言葉に対するウエイトが増す時代になると同時に、どれだけ僕にとって耳障りの良い言葉が並んでいても。

それがどう自分の生き方に連動しているか?が発せられた言葉の真実さとその後に絡んでくると僕は思ってます。

ちなみにこの後にあるのは、
【わたしたちの選択とは、つまるところ、わたしたちの責任なのです。】

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【自分のやりたい気持ちより求められることに応えてきた】〜横山剣(クレイジーケンバンドリーダー)

自身のやりたい気持ちを出せば出すほど実際の行動は空回りし、一旦周囲の求められることを意識するとギアが急にカチッと入る。

求められることと自分が進む方向性と真逆ですとコレまたいけませんので、大元のそれだけしっかりしてますと大きなズレとはなりません。

一旦ギアが入ると自分のやりたい気持ちよりも気持ちが入る。そこが僕にとっては大抵ブレイクスルーとなっています。

なんだか振り返るとホントにそうだったなぁ。で、これからも。
◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【自身の大義は自分で選べ】〜ゲイリー・ハメル(マネジメント理論家)

目の前に魅力的かつ沢山の選択肢が世の中から提示される時代にあっても。
それだけはそういった選択肢から選ぶのではなく。

なんのために?どうして?と自身に問いかけ続けた結果としてそれがあるのか?です。

そのように自分の中で生み出され、そこから選ぶという“決まり”が僕にはあります。

周囲や影響力のある人に言われたからとか、上手くいく確率が高いからとか、本やネットにあったからといっても、それは自身の大義とはならず。

自分が日々命を削りながら生きていく重みとは釣り合わない。

おそらく今年もまた沢山の選択肢が世の中から提示されるはずですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【濡れているものは雨を恐れない。裸のものは盗賊を恐れない】〜ロシアの諺

濡れたくない、取られたくないから恐れが出てくる。

確かに何かを守ることでの強さもあるにはありますが、その“恐れ”を素直に恐れとして出すことはほぼなくて。

恐怖心からくる行動を正当化してみても自身も周囲も違和感が先に立つものです。

一回は、ずぶ濡れになってみる。
一回は、丸裸になってみる。
そっからでも遅くない。

結局、恐れの源は自分の中にあるんだと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【器用な人は世界のことがよく見えるのでそっちに自分を合わせる】〜ジョージ・バーナード・ショー(劇作家)

器用で“よく見えている”のならば。
確かにそっちに自分を合わせるはずです。

しかし。これからそっちに自分を合わせ続けていくのが果たしていいのかな?とも思います。

と言いますのも合わせてからの安泰な時間がどんどん短くなってきているような気がして。

すると。常にキョロキョロと視点を泳がせるようになるでしょうし、またすぐどちらかに合わせようとする。

それは器用な人というより、器用貧乏な人となる。

なので、不器用であったりよく見えないと自覚している人の方が回り回って良かったりするのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【将来に向かって進んでいくための唯一の方法は大きくすることだと思ってしまう】〜ジェームス・ワトソン(分子生物学者)

『(人は)どうやって過去を止めたらいいかわからないから』のあとに続く言葉。

最近僕の周囲では“大きくすることだけ”が絶対的な評価でなくなってきている、とは思いますが。

しかし、往々にして一旦物事が動き出すと。

あたかも規模や、やってることを大きくすることが周囲から強く求められているかの様に(一人勝手に)感じ始める。

大きくすることも選択肢の一つではありますが、やってることの先にある価値はそれだけじゃない。

自らの過去の延長線上として闇雲に大きくすることが唯一、とならないために。

やってることの先にある価値こそを、一歩踏み出すエネルギーとしたいのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【森の分かれ道では人の通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる】〜ロバート・フロスト(詩人)

振り返れば僕自身もまた、そのようにしていきたいと動くことが多かったです。

もちろん。人が通った道をそのまま歩くこともありますし、人からそれを指摘されてやっと、というのもあります。

ただ、人が通らぬ道を。という感覚は決断する際の“一つの指針”だったりします。

それは“すべてが変わる”というのが、外の世界が変わるというのではないことに気がついているからかもしれません。

見える風景が変わり、
物事の発想が変わる。
見えてきた世界の視点が変わり、
選択肢も変わる。

結局それは、自分の中での変化であって周囲は何も変わっていなかったりします。

それでも目の前に分かれ道が出てきたときにはその道を選ぶのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog