セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

【プルーブ・ユアセルフ・ライト(自分が正しいことを証明しろ)】〜ロビンソン・カノ(メジャーリーガー)

もし他人に正しさを認められるためだけに行動するのならば。

時に周囲の目を気にすることとなり。
時に認められる事の高揚感のためだけとなり。
時に無力感にも苛まれる。

自身が積み重ねてきた一つ一つを誰よりも知っているのは自分以外にありません。つまり、

自分の中の正しさを証明できるのは自分に他ならないということなのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト
【大きい夢を持て。 小さい一歩を踏み出せ 】〜竹内均(地球物理学者)

いくつになっても。
どんな立場になっても。
夢(想い)を持つというのは素敵なことです。

ただそれは万人が大きさを決めるのではなく、本人の中にある大きさです。

そしてそこに近づく最初の一歩が肝心で、その歩幅もまた万人を納得させる一歩である必要もありません。

自分の中での夢。
自分の歩幅としての第一歩。

そこに万人が想いと歩幅を重ねてくれるようになることだってあるのですから不思議ですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【花は何故美しいか。 一筋の気持ちで咲いているからだ】〜八木重吉(詩人)

花が咲いているのを目にして
『あぁ綺麗だな。』と強く思う様になったのは年齢重ねてからで。
若い時はその感覚が鈍かったなぁ。

そういうこともあって。
僕が美しいなと感じる感覚はそのモノが見せてくれる配色や形だけでなく。

そこに至るまでのプロセスなんかが想像できるようになったからなのかもしれません。

そしてそれをまた自分自身に当てはめたりして。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【最も平凡で単純なもののうちにも美がある】〜アドリアン・ルビンスキー(『銀河英雄伝説』登場人物)

平凡で単純なのは嫌。何か人と違ったことをしていたい。

昔を振り返れば根拠なくそんなことを考えてそれこそ必死に何かをしてたなぁ。

しかし足元にある日常の平凡で単純なものに目を向けたときに、自身が思いこんでいた色とは違う輝きを放っていることに気づくわけです。

で、それを自分にとって美しいものと気づくのにはまたちょっと時間かかる。

でも、それに気づくと時々立ち止まることができるようになる。

日々安定ではないですが、ずいぶんラクになりました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【ゆっくりと羽ばたいてこそ、遠くまで飛べる】〜アニー・ディラード(作家)

どうしたって目の前の着地点まで早く、正確に到達したいのもわからん訳ではないのですが。

ゆっくりと羽ばたくことのできる翼も自分には備わっている、ということを忘れてしまわないようにしたいな。

渡り鳥なんかは目指す目的地が見える訳もないのにそこに向かえる。
そこには本能として備わったものと、遠い先へ羽ばたく姿勢みたいなのがある。

なんだかこの言葉だけで。

ゆっくりと羽ばたきながら大きな空を通り抜ける鳥の姿が想像できますね。

それもまた自身にも当てはめながら。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【人間が賢くなるのは、経験によるのではなく、 経験に対処する能力に応じてである】〜ジョージ・バーナード・ショー(劇作家)

僕にとって大切にしたいものは自分の中にしか見つけられません。

たとえ沢山の人と対峙したり、人からアドバイスを受けたり、そのほか入ってくる情報が“きっかけとなる経験”となったとしても。

自分にいずれ向き合う必要が出てきます。それがここでいう、経験に対処する能力なのかもしれません。

ちなみに僕の場合、自分と向き合うには時間と環境が必要です。

そして、自分と向き合う作業は何度も何度もやってきます。

世の中の変革期に生きているから仕方ないとは言え、経験に対処する能力は年々高まってきていると信じたいものです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【豊かさとは「自分でスケジュールを決められる」権限】〜名越康文(精神科医)

周囲の人との関わりやお金を始めとする資産、社会的な立ち位置など。

「豊かさとは◯◯だ。」
そんな事をしょっちゅう考える訳ではありませんが、自分自身を振り返ってみますと。

確かにじわりじわりと豊かさに対する考え方が変化してきた様な気がします。

自分も社会もそれぞれのスピードで変化していく中でこういった事について思い巡らせてみる。

それもまた、僕にとっての豊かさなのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【誰かにとって必要な人間になれ】〜エマーソン(哲学者)

とってもシンプルな言葉ですが。
この積み重ねでしか、その先の数や規模は語れません。

世間的には安定していたり、成功していると言われる人が
「実は誰からも必要とされていないのでは?」との言葉を聞くこともあり。

今の自分は誰から必要とされているのか?
これからの自分は誰から必要とされようとしているのか?

そこにしっかりピント合わせていきたく。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【いつも行く先を知っているなら、それ以外のどこにも行けないだろう】〜H.Bギャレット(キャリアデベロップメント・コンサルタント)

「明確に行く先を見つけてから」
その願望を叶えてくれそうな言葉や数値などをつい追い求めがちです。

しかしこの言葉に触れますと。

たとえ行く先が明確でなくボンヤリとした段階でも、愚直にアクションし続ける大切さに気づかされます。

明確な指針が示された後に、そこに到達するための方法や、その正確さを追い求め続ける。

すると「なんのために?」をどこかに置き忘れてしまう様な気がして。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである】〜リチャード・バック(作家)

最近はプロという存在があたかも
“好きであることの自覚の度合”で測られがちですが。

「やめれるものだったらすぐにでもやめたい。けどなぜだかやめられないんだよ。これが」

実際にプロだなぁと僕が思う人とやりとりしますと、そんな感じの人が多いのも事実です。

やはり人が続けられないことを本人の好き嫌いの自覚に関わらず続ける。

そうすると結果として色んなものがついてくるようです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

Powered by FC2 Blog