セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

僕が携わる業界の一つにセラピスト業界があります。

そこで僕がテーマとしているのが、
『10年20年と活躍できるロングライフセラピストのあるべき姿を伝え続け、育成する』というもの。

長いスパンで活躍し続けるプロフェッショナル(僕はロングライフセラピストと命名してます)の存在をしっかりと見ておく。

すると成長期から成熟期に移ったこの業界にあって。
変化に耐え、また変革を起こし、新たなステージを生み出すことができると思うからです。

〜ここからはお知らせも含まれます〜
そんなニッチな世界にあってそこにフォーカスしているメディアの一つにBABジャパンさんがあります。

そこで発刊している隔月刊『セラピスト誌』は、多くのセラピストにとって有用な記事が掲載されています。

僕がこの雑誌を発刊している出版社とご縁が繋がったのはずいぶん昔のこと。

時々は記事を寄稿したり、特集テーマに沿ったセラピストたちをお繋げしたり。

そんな隔月刊『セラピスト誌』創刊15年を記念しての読者感謝企画が7月24日に予定されています。

テーマは『5年後、10年後に、セラピストとして活躍するために』

前述しましたが、ロングライフセラピストのあるべき姿を伝え、育てようとしている僕にとっては、対談の講師の一人として声かけていただいたのはありがたくもあり、また何かのご縁だなぁと。

イベント

【開催日時】 7月24日(日曜)10時〜18時
【会場】 シダックスホール6F Dホール(渋谷駅徒歩5分)
【参加費】3000円+税(セラピスト誌6月号購入特典)通常8000円+税
【定員】190名
【主催】BABジャパン『セラピスト誌』
【申込方法】
セラピスト誌6月号綴込み専用ハガキにてお申し込み

セラピスト誌6月号は『セラピーライフ』から注文できます。
: http://www.therapylife.jp/

また詳細固まりましたらこの場でもお知らせしますが、まずは第一報をと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト
セラピストの学校 山口校での仕事を終えて。

懇親会でやりとりしたテーマがなぜだか。
愛すべき変わり者たち。

お茶会の時も、その後の懇親会でも。
4.5時間そんなテーマで話し合ってる訳ですから…皆さん相当変わってます。

もちろん、そんな自覚をしているというお話も盛り上がりましたが、そこで出た印象に残ったキーワード。それが行動する際の、

なんとなくの感性。というもの。

そりゃ一般的に。
大人になればなるほど行動の前提となるのは、リスクヘッジだったり費用対効果だったり。

しかし。どうしたってそれを飛び越えちゃうものが頭の中に浮かんでくる、と。

それが、『なんとなく』というキーワードなんだとか。

もう、そこに理屈はあてはまらない。

実は懇親会の席で話題になったのは、そこでの身近な人の反応についてです。

色んな反応が出るそうなんです。
でも大抵が色んな理屈が挙げられる中での反応。

しかし。その決断は諸々の理屈を当てはめていないから平行線のまま。

しかし、そこで押し切ったりしないのが愛すべき変わり者たる所以だと。

しっかり相手の意見も受け止める(ようとする)
それが家族などであれば、その他での関わりに丁寧さを加えるなどなど。

ということで、愛すべき変わり者たちの懇親会もまた楽しいひと時でありました。

参加された方がブログなどにも挙げてくれてましたのでご紹介しますね。

【変人たちの集まりって】
http://s.ameblo.jp/smile-life88/entry-12124796008.html?timestamp=1454512373

【研修からの飲みニュケーション】
http://nagano-yumiko.blogfit.jp/2016/archives/13841

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
彫刻リンパ雑誌


すっかりクリスマスモードの朝スタバで、
取材協力した関係で僕の手元に届いた雑誌セラピスト12月号を手にコーヒータイムです。

こうして時々ですがメディアに人や組織を紹介することがあります。

毎回言えることですが、一人の対象者が取材されるまでに水面下?ではそれはそれは沢山の方を紹介します。

『この対象者は、今回の取材テーマに則しているんじゃないですかね?特に◯◯といった点が特徴的なのではないかと』

ほとんどが採用されないわけです。
ま…そりゃそうだ。

ちなみに取材協力の依頼を受けてからどれだけ沢山の人が僕の頭を駆け巡るか…さながら市民マラソンのスタート直後の様です(苦笑)

このときに大切にしていること。

決して取材対象者への僕個人の感情(好き嫌いや思い入れ)ではなく、
そのメディア媒体を手に取った人、目にした人に新たな視点を提供できるか?
ということでしょうか。

そして、目先のことや華やかなこと“だけ”ではなく、淡々と想いを込めて一つの事をし続けている人か?

と、言いますのも、僕の頭の中でもその想いが浮かびあがってきますし、不思議なもので誌面にもそれが見え隠れするものなんです。

◆◆◆◇◇◇
今回は、『私の転機スクール体験』というテーマでご縁あるセラピストやその先生、創始セラピストを繋げることができました。

彫刻リンパの創始者・松原正美さんが常に生徒に対して語りかける
『セラピストとして生きる覚悟は出来ていますか?』という言葉が浮かび上がってきまして。

それは彼女の技術創始者としての覚悟でもあるはずです。

ちなみに今回彼女本人ではなくその元で頑張るインストラクターやセラピストさんが取材される辺り。

主役は自分ではなくその先にいる人という、対人援助者としての一つの姿を見せてくれました。

【隔月刊セラピスト12月号】
http://www.therapylife.jp/latest/m/2015/11/201510.php

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

ご縁あって自分も本を出し、また知人や仲間が出版するのを見ていてふと思うのが、

『書籍は初速が大切。でも著者はジワジワと、だよなぁ』ということです。

つまり。
次から次へと出版される現状の中で、本そのものはナマモノ。

そのテーマに興味を持った人の手元に早く届けるために関係者は最善を尽くすわけです。

と同時に。
著者については、むしろジワジワとその人を知っていくことがいいんじゃないかな?と。

仮に直接会わないにしても、SNSが発達してなんとなくでも人となりは知れます。

来月は札幌で仲間の一人、穂口さんの出版に関するテーマの特別講座と出版記念の懇親会を予定していますが、

懇親会は派手なパーティーというより、彼の良さがこれからもジワジワ続くような。

そんな集まりにしたいと(名古屋でも広島でも)

ま、言い方を変えれば、
本に書かれた内容は価値あるものでなけれはならず。

また著者は神格化せずに一人の人間としてジワジワと関わろう、ということでしょうか。





【札幌校特別講座】9月15日(火曜)『セラピストのためだけのネット集客の極意!~著者穂口大悟』
http://relax-d.com/contents_822.html

【札幌】9月15日(火曜)『リウム穂口大悟出版記念~わっしょい会』
: http://relax-d.com/contents_823.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



出張の移動中、手にした書籍を読み終えました。

セラピストの学校でもDVD教材のスペシャルアドバイスや、パネルセミナー、ダブルコンサルティングといった機会でご縁あるリウム穂口さんが書かれた本。

内容については、色々な場面で紹介されていますので割愛するとしまして。

『あぁ本当にこの人(穂口さん)って本当にお店ラブな人が好きなんだなぁ。』
って。

きっと愛されたそのお店(クライアント)の先にいるお客様も同様に愛されるから。きっとそのまたその先にいる人たちも…

まさに愛は伝播する。
そんな想いが伝わる一冊でした。

僕は月に何十冊と読む様な人間ではないのですが、著者や翻訳者、編集者を想像しながら読むのが好きです。

だって、一つの本という形にするために。
ものすごい労力がかかるんですから。
どんな人物が、どう関わってきたのか?

人でも物事でも考え方、なんでもいいんです。

このことを伝えたくて伝えたくて仕方がない、という想いが形になったものが書籍であるべきだと今でも愚直に思うのです。

そんな感じで夢中になって本書を読んでいたら、僕の名前がいきなり現れて。

愛が伝播するのに僕の名前が度々登場する。
…なんだかちょっと気恥ずかしいものです。

【小さなサロンのための 売り込まないネット集客の極意】穂口大悟著(BABジャパン刊)
http://riumsmile.jp/contents_2440.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

私が提供しているビジネスサービスの中にコンサルティングというものがあります。
(なにやら宣伝になってしまいますが)6月に名古屋と広島でするテーマはオリジナルメニュー開発に関するレクチャー&コンサルティング。

でもきっと、それだけでは済みません。

元々頭の中にある聞きたいこと(知りたいこと)の解決策が提示されるだけなら。
また、短期間や劇の様な?結果へのパターン化された手法を伝えるだけなら。

ネットでも、書籍でも、それができてる知人に聞くことでも、意外と落とし込めるものです。

コンサルティングする側がそれに満足することなく、クライアントが質問しようもなかった本質的なテーマを中長期や社会全体、もしくはその人の中から引き出していく。

それがたとえ複雑であっても、大きな壁としてあっても。ビジョンを共に描けてはじめて。

コンサルティングとなっていくものだと、
シンプルに思うのです。

だからきっと。
それだけでは済ませたくない、のでしょう。

【広島校ダブルコンサル講座】6月26日(金曜)「オリジナルメニュー開発と発信の実践」
http://relax-d.com/contents_739.html

【名古屋校ダブルコンサル講座】6月17日(水曜)「オリジナルメニュー開発と発信の実践」
http://relax-d.com/contents_728.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

大切にしたい姿勢

講師という仕事だけに限らず、何かの特徴ある仕事をしていれば。
同業者との比較は常にされます。

そういった反応は時に嬉しくもあり、時に刺激ともなり。

まぁ、常に気になるものです。

だからこそ。
比較される者として大切にしたい姿勢がある、と僕は考えます。

その時々に応じての変化はあるにしても
絶対的に自分軸から外れない柳の木の様な姿勢と言いますか。

色んなスタイルがあるにしましても自分軸から発するのですから、
風当たり強くても柳の木の様に戻れますし。

何かのご提案を受ける時でも
『んじゃ、まずやってみます?』と返せます。


インターネットに関する様々な案件でご相談したり、
先日の広島でのパネルセミナーや6月に予定している名古屋でのダブルコンサルティングなどを予定してる穂口さんとも。

そのあたり“阿吽の呼吸”と言いますか。

柳の木の様に揺れつつ本質ぶらさないから、笑いと安心感が同時に起こるのでしょうか。

ま、確かに関西弁ってのはアドバンテージありますけど…

柳の木


【名古屋校ダブルコンサル講座】6月17日(水曜)「オリジナルメニュー開発と発信の実践」
http://relax-d.com/contents_728.html

【セラピストの学校 広島校 第三回目 大盛況でした〜!!】
http://ameblo.jp/aroma396/entry-12017882662.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

オープンスクールの際にセラピストの皆さんからお願いするアンケートだけでなく、その後記事にしてくれたSNSやブログその他。
目にするチャンスがあれば、一字一句もらさず見ます。

と言いますのも、“反応”というのは直接言葉でもって伝えるだけではない、と考えているからです。
文章や画像、またちょっとした表情やうなずきからでもその人の“反応”をキャッチできます。

実はこのことは、セラピストたちから教えられたことでもあるんです。
セラピストたちはクライアントの言葉での“反応”だけで判断していません。

ボディケアセラピストであればその筋肉や骨からも。
リラクゼーションセラピストであれば呼吸や目の動きからも。
メンタルケアセラピストであればその表情や間からも。
ビューティケアセラピストであれば肌やたたずまいからも。

ま、僕の場合その手書きの筆圧や行間なんかを通してその人の顔を思い浮かべる…というとなんだか変人みたいですが。
それは僕への叱咤激励やメッセージなんだと自分勝手な解釈も時に交えながら。

と思うと…やはりありがたくもあり、ほんの少し照れ臭さもあり。

ちなみに昨晩アップしてくださった彼女は、千葉校のオープンスクールにきてくださるセラピスト。
文字の一つひとつ、鋭さとエネルギーがあって。

ちなみに。
いつも書いてもらうアンケートでは全国でイチニを争うくらいな“一言派”…なんですけどねぇ。

『Allセラピストにおすすめ「セラピストの学校」』
http://ameblo.jp/glorious-makani/entry-11995274505.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日は久しぶりに名古屋でのセラピストの学校。
リウム穂口さんを全国引っ張り回して?の
『全国縦断パネルセミナー』でした。

さてその後。
『セラピストの手帖出版記念お食事会』なるものをしたのですが、執筆者も数多く顔出してくれました。感謝!

執筆者だけでなく15.6年前にこの世界に入ったセラピースクールの同期、セラピストの支援事業を始めた頃に関わってくれた戦友、ここ1.2年もしくは今日初めてお会いした方まで。

各テーブルを回って懐かしいエピソードから今の話まで。
一つひとつを繋げていく。そんなひと時でした。

実はその場にいるセラピストたちは、なんだか毎日こんな華やかな場にいるのか?と言えば
…それはまったくの間違い。

普段はみな地味に生きています。

クライアントを支え導いていくセラピストは、それそのものが派手な存在ではありません。

何かに突き動かされる様に今の活動に辿り着き、時にもがきながらそれを続けようとする。

そんな経験をしてきているセラピストたちだからこそ。

こうした集まりの時は広い緩やかな仲間として思いっきり楽しめる。

いや、楽しんで欲しいと願ってます。
名古屋出版記念

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



先週末、『セラピストの手帖』に関してのネットラジオに出演する機会がありました。

元々この企画。
様々なセラピストをクローズアップして情報発信されている“ともみん企画”のともみんさんが、『セラピストの手帖』アートディレクター山谷祐一さんとのやりとりの中で製作秘話を聞き、産まれたものです。(二人とも北海道在住)

ネット環境があれば発信できるこの発信スタイル。

僕個人は元々(これまた北海道在住のセラピスト)珠帆美汐さんのねとらじ番組に出演させていただいたのがこの仕組みを知るきっかけ。

しかし、こういう仕組みを発見し自分のフィールドに持ち込めるってのは…一つの才能。
本当に尊敬します。

彼らに共通するのは、
・発信リテラシーに長けている
・優良コンテンツの発掘力がある

特別な機器が必要ではなく発信に関するリテラシー(活用する能力)と優良コンテンツがあれば発信可能ですから。しかし

・いいと思うものを躊躇なく始められる
これが彼らの一番の才能でしょう。

毎回僕はそれに便乗させていただいているだけ。
ま、そういう点では…便乗する才能が僕にはあるのかも?


ラジオというとライブでしか聴けないといった認識がありますが、このネットラジオ。
一定期間(一ヶ月ほど)は聴くことができるそうです。

『セラピストの手帖』ネットラジオ〜イベントページから
https://www.facebook.com/events/1745942205630359/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog