セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福業のススメが5月末に発刊されたこともあり、
http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-58.html
ご挨拶を兼ねて今週は3日間連続で東京と横浜の書店さんにお邪魔しておりました。

3日間で合計30店舗を巡り巡って…。

ちなみに初日は、

秋葉原~丸の内~大手町~八重洲~銀座~新橋~汐留~浜松町までお世話になっているプロデューサーさんと徒歩で。

おそらく近辺にお住みの方はなんてことはない距離なのかもしれませんが、普段
単独出張の際は、東京駅から銀座までは地下鉄などを使っているワタシ。

主要エリアがこんなに歩いていけるものだとは思ってもいませんでした!


初日は天気が良くて遠足気分。スーツとカート付きボストンバックなのが窮屈ですが風が気持ちよくって、特に汐留付近は最高でした!


30店舗も集中して書店にお邪魔しますと、本当に書店ごとにその特徴があらわれています。

・立地(車か電車か)
・1フロアあたりの面積
・階層があるか
・客層はどうか
・時間軸でみての人の流れ
・強みのジャンル
・本の表示の仕方
などなど…

考えてみれば書店の商品は原則定価販売。
となるとその店舗ごとのマーケティング能力が如実にあらわれるのでしょう。

そして書店さんの各店員さんの役割分担が明確で、ほとんどの書店さんでビジネス書担当の方に私の名刺を渡したらすぐに
「あぁあの『福業のススメ』の…」とすぐに思い出してくださいます。

月に数十冊、いや時に百冊以上の新刊が出るといわれているビジネス書関連で書籍名を告げただけでどの棚のどの位置にあるかなどの記憶が呼び起こされる。

ホント、ある意味職人芸ですよ…。

どのジャンルにおいてもそれに真剣に向き合い、
顧客にとって…
そのサービスにとって…
社会にとって…

よりベストはどこにあるのか?を意識している人が、ある意味一番プロフェッショナルに近づいている人なのかもしれません。


てきぱきと棚の陳列をしてくださっている書店員さんの背中を見て、そう感じました。

書店


ところであのぉ。竹中センセイが隣にいると窮屈なんですけど…。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
みなさんの周囲にいるプロやなぁ…と感じる背中ってどういう職種(人)があります?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)

スポンサーサイト
【新しいことをはじめようとすると、そこには門番がいる。その門番は何かと邪魔 してくるんだよね】
                         ~鈴木直人(施術家)~

彼いわく、邪魔をする門番は
ヒト(身内、恋人、友人、知人、スタッフ、上司などなど)
モノや目に見えないもの(お金、経験、不安などなど)
といろいろだそう。

新たなステージに上がろうとすると、
「良かれと思って言っているんだよ」と言いつつ、止めるヒト。
「あーでも上手くいかなかったらどうしよう...」と思ってしまう自分。

そんな経験ありませんか?

『あー、あるある』と苦笑いしたあなた。

その後の新たなステージはいかがですか?

新たなステージに立つということは結局、何かを捨て、何かを振り切ることなので
しょうね。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
門番との戦いに勝るものはなんだと思います?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)
福業のススメを手にしてくださった方たちが感想などをいただいています。
どんな感想であろうと、著者という立場であれば響かないワケがありません。

アマゾンには早速数件のカスタマーレビューも…
(カスタマーレビューをみる)


いただいた書評やブログ記事など、眺めていて感じること。

それは、読む人の歩んでこられた人生や、得てきた知識、ものの見方、そのときの環境状況、私との関係性によって捉え方がまったく違うというのがよく理解できます。

読者の受け取られた思いを受け止める“覚悟”が著者には必要なのだと。

ちなみに、いくつかのブログ記事をご紹介させていただきますと…

三根早苗さん
…大阪でセラピスト支援事業をしている彼女。彼女からもたくさんの刺激を受けています。
そして彼女の存在がいなければこの書籍にたどり着かなかったといえます。
彼女との出逢いからご縁がひとりふたりとつながって、形になりました。
『福業のススメ』
 http://plaza.rakuten.co.jp/aromaseikatsu/diary/20080519/


黒須靖史さん
…記事にも書いてありますが、10年ほど前にフランチャイズセミナーに参加したときに講演をしているコンサルタントだったのが彼。
当時はまったく聞いたこともないコーチングをコンサルティングコーチングとして世に送り出した方です。
『甘え上手はダブルワーク上手』
http://kurosu.cocolog-nifty.com/kurosu_report/2008/05/post_7738.html


柴田俊生さん
…セラピスト支援事業をしていて対象となるセラピストはほぼ9割が女性です。その中にあって男性アロマセラピストとして活躍している彼。さまざまな障壁があるからこそ乗り越えられる瞬発力が身につくのだなぁと、彼から知らされます。
『男だってアロマだがや』
http://nto.at.webry.info/200805/article_20.html


石田恵海さん
…この書籍の産みの親の一人。編集協力をいただきました。
世界中で一番、谷口晋一という人間を文字化できるプロフェッショナルです。
彼女の言葉は、僕自身が僕を知るきっかけを与えてくれます。
『福業のススメ』予約開始!エミール外伝~
http://yaplog.jp/emi-eee/archive/302


こういった場でご紹介するブログは、今回の記事にとどまらずブログそのものがとっても魅力あふれるものですから、今後も機会見つけて紹介させていただきますね。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
こちらのランキングサイトのブログもなかなか参考になります!
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)

福業のススメが本日から販売開始となりました。
ネット書店のアマゾンさんページを見ていましたら、お昼は予約ページだったのが
夕方には通常の表示に変わっていて少し実感が…。
http://www.amazon.co.jp/dp/4860632753/



考えてみれば、この書籍が出来上がるまでにどれだけたくさんの人に助けられたか…。

時に意見が食い違ったり、時に相手の立場を慮る姿勢にかけて反省することもあり。

しかしそれぞれの立場でビジョンを同じくし、それぞれの力を結集して一つの作品に仕上げていく。

そのチームのうちの一人という意識が強くなったと思う今回のプロジェクトでした。


しかし!このプロジェクトはこれからでもあります。

世に送り出そうとしているこの書籍を一人でも多くの“必要とする人”の手元に届かせるために、著者というポジションの僕がすべきことはまだ山ほどあります。


というわけで、来週から全国の書店などをめぐっていく旅が始まります。
書店に並べられている姿を見たときにより実感が深まるのだと思います。


そこでの出会いもまた、新たな福業の道となることを信じて。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
どこかで逢えるかもしれませんね!
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)

【今考えてみれば俺が求めていた愉しさの中身は好きなことだけしてニコニコ笑っていることではなく、苦労を伴い進み続ける。その中に本物の充足感を見つけていたんだと思う】
                      ~風間深志(冒険家ライダー)~

風間さんは有名なバイク乗り。
苦労っておっしゃってますけど、本人はバイクに乗ってること自体が好きで好きで
仕方がないと思いますよ。

だから人から見たらものすごい苦労なことだけどいろいろしてたら、ホンモノの充
足感に浸っている…そんな凄みが笑顔からにじみ出ています。

ダブルワークライフの先にある福業を確立していくために、セカンドジョブは自分の
内側から湧き上がってくるものがベストだといえます。


言い換えれば苦しみがないことがベストなのではなくて、数々の苦しみを受け止め
それを自分の中に落としこめる状態がベストなのだと思うのです。

最近、立て続けに

『谷口さんの趣味ってなんですか?』なんて聞かれることがありました。

うーん…。

やっぱこの“状態”なんですよねぇ(苦笑)

だってどんなアウトドアスポーツよりも達成感や爽快感があるし、

どんなギャンブルよりもスリルを味わえる。

それに、どんな合コン?よりいろんな人と出会えるし…

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
最近どんなこと考えるとニコニコしちゃいます?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)

私自身、ふと時間が空いたときに読み返す本の一つに「13歳のハローワーク」(幻冬舎)
があります。

2003年に発行されましたが、当時ずいぶん話題になりました。
この本、眺めていてホント飽きません。

タイトルからしますと13歳前後の人たちに向けて書かれていると思われるでしょうけど、どうしてどうして!
その3倍近く生きている私でさえ『もし自分が○○という職業についたら…』と妄想にふけってしまうほどなんです(笑)


ちなみにどんな妄想かといえば、この職業が日本で資格化されたらおもしろいだろうなぁ。とかこの職業のための学校があったらなぁとか…。

ただ、この本を眺めていていつも思うことは、ここに挙げられている職業は、社会が必要としているから存在しているという“職業の原則”ともいえるものです。

たとえば数十年後、その仕事内容が社会的に必要とされていなければ職業そのものがなくなってしまうのは自然の摂理なんだと。

そして職業ではなく、“人の働き方”についても日々変化していくと思うのです。

著者の村上龍さんが、まえがきの中で
「世の中には2種類の人間・大人としかいないと思います(中略)2種類の人間・大人とは、自分の好きな仕事、自分に向いている仕事で生活の糧を得ている人と、そうではない人のことです」
とおっしゃっていました。

もしかするとダブルワークライフというのは、3種類目の人間・大人なのかもしれないなぁと。

なぜならそれは
「一見“そうではない仕事”を続けながらも、好きな仕事、自分に向いている仕事をする。その二つでもって生活の糧とし、自己成長をとげている」人間・大人のことを指すから。


社会がその働き方を求めてきているのだと私は確信しているのです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
休日のまったりした時間にスタバでこの本をめくっている瞬間がたまりません。
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)
マスメディア、出版関係者及び研修、講演関係者のみなさまへ

いつも、当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

『すべての人が福業を持てる社会に』というビジョンのもと
ダブルワークライフをはじめとして、さまざまな福業につながる働き方を研究、紹介しております。

各マスメディア様の情報コンテンツの一つとして、また書籍化する際の企画構成案として、各企業研修や講演などのテーマとして

□ ダブルワークライフ
「生活が維持できないので“仕方なし”に副業(サイドビジネス)を」から、「今の状態を一つのステージとして捉えて“2本足”で立つ状態」とは?

□ 福業のススメ
従来の雇用形態に捉われずに、仕事そのものを幸福の源泉として捉える働き方。
福業スタイルを持つものの共通点やそのポイントなど。

その他にも
□ サイドビジネス(副業)選択のポイントや落とし穴

取材事例…NIKKEI NET様(日本経済新聞社 インターネットメディア)
 『ミドルエイジから始める「副業」』

□ 本業とは違う人脈構築法

□ インターネットを活用したスモールビジネスの生み出し方や実例

など各メディア、研修内容に応じた情報提供が可能です。
詳しくは以下の連絡先にご一報くださいませ。

事務局メールアドレス⇒ info@relax-i.com

事務局電話番号(東光産商㈱~平日日中)⇒0561-38-5346
ファックス ⇒ 0561-38-5336



福業のススメ~著者  谷口 晋一
【高い志を維持することこそ、リーダーの最大の使命】
             ~藤巻幸夫(元カリスマバイヤー)~

中には私はリーダーの素質じゃないから…
とお思いのあなた。

これって別に何十人、何百人の上に立つ者へのメッセージでないと思います。

リーダーというのは例え一人であったとしても、あなたという存在を通して何らか
の影響を受ける方がいる…ということなのではないでしょうか。

セカンドジョブというのは、最初リーダーたる存在はいるにしてもその到達点には
自分が立つ姿があるはずです。

そうなるとおのずと、あなたという存在を通して誰から何らかの影響を受けてる事に
なっているのでしょう。

それがダブルワークライフとして本業に対しても良い相乗関係となり、結果として福業
ライフが可能となるのです。


そんなリーダーの立場になるあなたに…そしてこの言葉は私自身に…
なんてコトをふと、立ち止まって見てみると…
いろんなことに気づいたりするものです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
自分がリーダーとして立つ姿、想像しています?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)


【書籍のご案内】
『「福業」のススメ
~人生を楽しくする副業の見つけ方、始め方、成功のさせ方~』
amazonページ
画像を押すとアマゾンページにいきます。


<<<<<<<< 主な内容 >>>>>>>>>
■ 焦るな、危険! 急いで始めていいことはひとつもない
■ ロマンのないビジネスはダメ
■ お客になって味見する
■ 買う前に、代える、借りる、つくる、もらう!
■ キーマンを見つける「ミクロとマクロ」の質問使い分け術
■ ワーク・ライフ・バランスが継続につながる
■ 賢く節税して、会社に内緒で確定申告!

これからはWワークが当たり前。
副業だけで年商4500万円を稼ぎ出した元サラリーマンが見つけた仕事も人生も心も充実し、
幸せになるコツ45



<<<<<<<< 書籍購入の方法 >>>>>>>>>

⇒ネットでのご購入方法

アマゾン
ここをクリック!↓↓↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4860632753/

セブンアンドワイ(セブンイレブン受取で送料無料!)
ここをクリック!↓↓↓
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=32073236

楽天ブックス(楽天ポイントが使えます!)
ここをクリック!↓↓↓
http://item.rakuten.co.jp/book/5675040/

bk1(オンライン書店ビーケーワン)
ここをクリック!↓↓↓
http://www.bk1.jp/product/03005524

⇒書店でのご購入方法

全国各地の書店で販売中!!
※全国の書店の中には品切れ、取り寄せになっているケースもあります↓
『あさ出版の“福業のススメ”。
ISBN-10: 4860632753 (もしくはISBN-13: 978-4860632755) 
を注文したいのですが。』と店員さんにお伝えください。


『本を出すとなぜ人生変わるのか?』でも
『本を出す人はなぜ評価されるのか?』でもありません。

なぜ鍛えられるのか?…なのです(苦笑)


2年ほど前、出版プロデュースしてる方とお話したときに彼はこう話していました。

『今まで評価する側だった自分が、本を出した瞬間から不特定多数の人に評価される立場になる。自分がそれを望む望まざるとは関係なしに』

出版を機にメンタル面で厳しい状況に陥る人も少なくないそうです。


なぜそれでも書籍を出すことを望む人があとを絶たないのか?

おそらくそれは「有名になりたい、印税生活を送りたい」といった発想ではなく(ま、ないわけでもないでしょうけど)自分が今までに積み重ねてきた、ないしは考えていることを広く社会に問いたい!

つまりは、自分の存在を“強く確認”したい!という強力な承認欲求からなのではないか?
そしてそのことは、著者にとって器を一つ大きくするきっかけとなる。
それを多くの著者さんとの出会いを通して痛感しました。


私なりに考えたその理由は?といいますと

⇒ 著者となる人は、自分が何年も、場合によっては何十年も積み重ねてきた経験(それに費やしたお金、時間と経験)をわずか1冊千数百円(ほとんどの場合)で提供するという覚悟を持っている。

…書籍化するために大抵の場合、自分の人生の棚卸し作業をしなくちゃなりません。
それによっていかに今までそのために無駄とも思えるお金と時間を費やしてきたか?と思い知らされ、へこまされるのです(苦笑)
その経験を元に本が作られるわけですから、やはり読者ターゲットに合った人が読めば何らかのメッセージとなるかと思います。


⇒ その経験を誰にも突っ込まれずに全部文字化するというのは、いわゆる自費出版(自らすべての費用を捻出し本を製作する)など。
しかし、商業出版とは発刊元の製作趣旨を了承(契約)し、書籍に関わるすべてのプロフェッショナルたち(編集、営業、プロライター、デザイナー、書籍問屋、書店、そして読者対象など)の利害を受け止め、一つの作品に仕上げていくというしんどい作業を経て作品化していくから。

…私もこれでかなり鍛えられました(汗)
自分はもっとこういうことを伝えたい!と思ってもそれでは読者対象が広がりすぎてしまったり、出版趣旨に反したり、もしくはニーズはない(売れない)だろうと判断される。
しかし著者が自分である以上、その前提の中でどういうメッセージが発信できるか?を常に変換し直し、原稿を修正していくのですから。


⇒ 世に出した書籍が世の中に流通しなければ、(承認欲求の元となる)世に問うこともできないし、発刊に携わったすべての人の生活に影響を及ぼしてしまいます。
著者は営業でも第一線で動くんだという覚悟を持ってるから。


…書籍の売り方は多種多様。私自身が思うところ、どうもこれが正解というのはありません。
ただ、言える事は手に取って(画面を見て)『おっ、これはちょっとおもしろそうだな。読んでみよ』と購入してくださるような読者対象が世の中にいる限り、その方にその情報に一瞬でも触れていただけるように全身全霊を込めてアクションせねばならないし、それが正解といえば正解なのかもしれません。



ここまでの経験をしている者(著者)であるからこそ、不特定多数の評価を(一喜一憂しながらも)受け止めていく器になっているのではないか?と。


はぁ。しかし本を出すということはホント、鍛えられます。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
みなさんは今までのどんな経験が、今の自分を育ててくれたと思いますか?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)

【ラストシーンから考える】 ~藤村正宏(作家)~

数年前、妻は2歳と3歳の子育てで“疲弊”しきっていました...
休日の小春日和。息子二人を連れて近所を散歩してたときの話。

矢車草が道端に咲いていました。妻の一番好きな花です。

そう、ラストシーンが思い浮かんできたんです...それぞれ一本ずつプチッ。

帰宅後、二人に“お母さんありがとう!”という言葉をさんざん刷り込んでおいて
『お母さんトコ行っといでっ!』と発射!

その日は一日、家の中まで“小春日和”でした。

でも、散歩に行くたびに綺麗な花(ガーデニングしてる花まで!)見つけると
『お母さんにあげよっか?』といってプチプチ抜くのは止めてくれっ!

ま、彼らにもラストシーンが見えてるんでしょうね(笑)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
矢車草が咲いてるこの時期にはいつも思い出します。
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)


5月末に福業のススメ~が発刊されることとなり、今その準備などでバタバタしております。↑

通常出版する際には著者と出版社さんが“著者契約”なるものを結びます。(ただ中には“口約束”といいますか、正規の契約書を結ばない出版社もあると耳にしたことがありますので、一概にすべてとは言えませんが)

ちなみに今回発行してくださるあさ出版さんはしっかりしたところですので、きちんとした契約書があり、それを交わした上で本が制作されました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

本業のお仕事が欧米の企業が対象であったり比較的規模が大きかったりしますと、取引に際してはきちんとした契約書を結ぶでしょう。

しかしセカンドジョブの場合、時に電話など口約束で済ましてしまうケースがあります。


もちろん『相手を信頼しているから』との理由がそうでしょうけど、たとえそれが数万円のものであっても互いの約束ごとがずれて認識されたときに起こるトラブルを考えますと、やはり契約書はセカンドジョブをしていく上で大切なステップになるかと思います。


インターネット上ですべて契約が完了するネットショップなどでも、契約の際は双方の認識を共通化するための書面同意書の提示はないといけませんし、デザインやライティングなどの創造性の高い仕事をセカンドジョブにしている場合は納品したあとでのトラブルはつきものです。


「契約を交わすタイミングが難しくて…」という相談もよくいただきます。
その点について私はこう考えています。


『信頼をしているからこそ結べるのが契約』だと。
当然相手を信頼していなければ仕事も頼まないし、契約も結べません。


あなたを信頼している。そしてあなたも私を信頼してくれる。
だからこそお金のやりとりや受け渡しに関する事柄は書面に残したい。
互いに良い仕事をするために、同じベクトルを向いて仕事をする。
契約文面はそのために必要なツールなのだと。



そのことを伝えることができ、なおかつその段階で双方の認識が違っていても修正を重ねて正式に取引が成立した時点で、本当の意味でのビジネスが生み出されると私は信じています。


本業では自らが契約締結の場に居合わせないケースが多いと思いますが、実はセカンドジョブの中で経験できる契約書の作成や締結に至るまでの事はナニモノにも変えがたいスキルになると私は考えています。

それは結果として本業でのお仕事にも良い影響(トラブルの未然防止など)を及ぼすようになるのです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
契約そのものはただの紙切れ。大切なのはそれを締結するまでの過程。
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ)


Powered by FC2 Blog