セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

先日大阪で出版プロデュースの会社と行なわれたセミナー

『セラピストカウンセラーのための出版記念セミナーin大阪』

いわば“コミュニケーションのプロフェッショナルたち”が続々と会場に集まってくださいました。


今回は、セラピストやカウンセラーに特化したもので、前半はなぜそういったプロフェッショナルたちが出版に近い立場なのか?を出版プロデューサーの視点でお話くださったりしました。


また私は、イチ著者として出版に至る経緯を“著者出版に至る4サイクル”という形でコンテンツのあぶりだし方や採用に至るお話などを…。


で、いちばん最初に私が参加者のみなさんに伝えたのが、冒頭の言葉。


ある方は唖然としておりました…。


ま、出版セミナーの講師が言う言葉じゃないですよねぇ(苦笑)でも、本音でそう思っていました。

今でもです。


本を出すまでがゴールではなく、本を出してからがスタート。

何冊売れたかがセラピスト、カウンセラー著者のステータスではなくて、その本を読んだ読者の方がどう思い、どう行動したかがステータスとなる。


その意識をもってこそプロとしてのパーソナルセルフブランディングなのだ。


そんな思いでお話させていただきました。


またどこかでこんなセミナーをしてみたいなぁと。参加者お一人お一人の真剣な表情を拝見して、そう思いました。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
本というのは不思議な磁力を持っていますね。
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

スポンサーサイト
【未来を予測する最善の方法は、自らそれを創り出すことである】
~アラン・ケイ(パロアルト研究所)~

ホメゴロシプラス!に参加される方はみな勉強熱心。

そして
『これからその業界ってどうなっていきますか?』
といった将来予測のことを自分なりの尺度で把握されようとしています。

僕自身も、自分のイメージするさまざまな業界想像図を話します。

ホメゴロシの集まりなどでさまざまなジャンルの方とお会いして思うこと。
はっきりしていることがあります。それは

強い願望を持ちそのために行動をしている人が多ければ多いほど、その業界は明る
いということ。


いろんな願望がありますから行動はバラバラかもしれません。
でも、未来を『想像から創造できる人』が数多い業界(世界)は間違いなく“いい”です。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
みなさんの業界の未来想像はどうでしょう?
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら
10月23日東京 初台にてホメゴロシプラス!&ホメゴロシの会が無事終わりました。

福島さんをはじめとしてスタッフとしていろいろ動いてくださった皆様。
本当にお疲れ様。ありがとうございます。


今回は東京地区で初となるホメゴロシプラス!があり、今回は特別に3人のメンバーがそれぞれの業界についてお話くださいました。


最初に登場したのは、救命救急医。
haru4

先日も札幌で学会発表してきたとのことで、人前に立ってお話する姿は堂々としたもの。

参加者への質問を交えながら、救命救急医の現状。医療業界の今後、我々が意識すべき課題への提言などを語ってくださいました。

参加者の皆さんも、知っているようで知らない医療のナマの話に耳を傾けながらそれぞれの気づきを得たようでした。

子どもと手つないでいても無意識に脈をとってしまう、そんなパパの姿は思わず笑ってしまいました!



2番目に登場したのは、一級建築士。
haru3

グラフやイラストを交えた数枚に渡るレジメを用意くださり、ついむずかしくなってしまいがちな業界用語を素人である我々にわかりやすく説明してくれました。

数年前からマスコミなどをにぎわした建築問題についてのプロの視点からみた見解は、素人である我々からして“そうだったのか!”という気づきになったに違いありません。

しかし、“一級建築士から見たディズニーランド”の話題になると熱く語ってましたねぇ…。



そして3番目は、私立大学職員。
haru2

私自身学生の時は、ほとんど意識しなかった職員さん。

しかし、影で支えるその仕事とはどんなものなのか?
わかりやすく丁寧に語ってくださいました。

今置かれている私立大学の現状、そして文部科学省との関係。
こういった場にこなければ聞くことのできない様な話題がたくさん出てきました。

また、語ってくださった彼の生き方といいますか、その節目節目の出来事が印象に残りましたよねぇ。

だってモスクワでお酒飲んでいたら知らぬ間にソ連邦の国旗がロシア国旗に変わってたっていうんですから…。



そして!お腹もすいてきた頃ホメゴロシの会がスタート!

今回は珍しく座敷ではなくビュッフェスタイルでなんだか大人の社交場のような雰囲気(笑)

haru1 haru7 haru6

あるところではなにやら真剣に語り合ったり、あるところではプロマジシャンによるマジックショーが始まったり…あっという間の2時間でした。


さまざまな業界の人たちが キャリアや年齢、性別を超えて互いの立場を尊重しつつ会話を楽しむ。
haru9 haru8 haru5


そして自分自身の中で得た知識や情報を自分の中で変換していく…。

そんな空気がホメゴロシの会の良さでもあり、イチ参加者として楽しめる空間です。


参加者全員がより社会へのアンテナを高くできるような…規模もペースも緩やかですがそんな集まりを続けていきたいですね。


次回東京地区は、1月22日(木曜)開催予定です。

最新のお知らせは、【福業ライフニュース】でします。
 【福業ライフニュース】 こちらです。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
リリーカフェのスタッフの皆さん。おいしい食事をありがとうございます!
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>
11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら



先週に入って「福業のススメ」発刊元の、あさ出版さんから書店ランキングに入った旨の連絡をいただきました。

★丸善新宿エステック店 10/6~10/12
 ビジネスベスト ランキング1位

★栄松堂書店東京駅一番街店
 ビジネス書ランキング第2位 (08/9/29~10/5)


maruzen
画像提供:丸善新宿エステック店様


ランクインしたことは、本当にうれしいことです。
(やっぱりニマニマしちゃいましたから…)

ただこれは、著者の実力だけがそうさせたのではないなと痛感します。


特に書店ランキングは出版社さんの、特に営業活動を担っておられる方たちの力によるところが大きいです。

数多くの出版取り扱いの書籍の中で数点選んで営業する訳ですから、そこに「福業のススメ」がなければ、存在自体が埋もれてしまいます。



著者出版を経験して販売につなげるために思うのは、出版社と著者の関係。
実は“親子”というフィルターで考えてみるとよく理解できます。


親は子をどう成長させていくか…その思いがなければ、本は絶対に世の中に広く伝わっていかないものです。


その点今回お世話になった、あさ出版さんにはどれだけ助けていただいたか…。

親は、子の成長を喜びとするように、出版社も著者や書籍が成長(販売増)することをどれだけ願うか?が、その成否を分けるのではないでしょうか。



その熱い思いを受けてがんばらないわけにはいきません!



ちなみに、先日大阪で開催された
『セラピスト、カウンセラー向け出版セミナー』でも共同主催者の方が、講演中に
「あさ出版さんはとってもいい出版社さん。谷口さんはいい所とご縁持てましたね」とおっしゃってました。

自分ではどうすることもできないことではありますが、その“流れ”はこれからも大切にしていきたいです。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら
【この道をいけばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道は無し。
踏み出せば一足が道となり、一足が道となる。迷わずいけよ。いけばわかるさ】

                                     ~一休和尚~

どうしようもなく不安になる時って、よくよく掘り下げてみると“自分ではどうす
ることもできないこと”
がその主因だったりします。

でも道なき道に一歩踏み出すことなんてできない…そんな思いにとらわれてしまう
のもまた事実。

一番いいのは、親しい人にどんどん話しちゃうことかもしれませんよ。

そう!自分の未来予想図を友達に事あるごとに話しちゃう。

自分の思い描いた道の予想図が相手にも見えてきたらしめたもの。

結局、自分の力だけでは遠く及ばない夢(ビジョン)の実現は、周囲の応援から
組み立てられていくのかなぁと、このプロジェクトをしていてそう、思うのです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月18日 大阪~コラボ企画『セラピスト、カウンセラーのための出版セミナー』
紹介ページはこちら

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

札幌在住の仲間に連れられて行った場所は、ススキノ。

華やかな街並みの奥まった場所にその餃子専門店はありました。
そこのメニューは、焼き餃子と水餃子だけ。

スキンヘッドにタオルで鉢巻。

注文を受けてから皮を伸ばして作り始める。


カウンターしかなくて、たくさん座っても9人ぐらい。
他のお客さんとの会話をひとしきり聞きながら焼き餃子をほおばっていました。


そのお客さんが帰られて、僕とも会話をしたのですがもともと和菓子職人だったマスター。

10年以上前、ススキノの街に飲みに行って餃子専門店が少ないことを、嘆いていたそうです。

『しこたま飲んだ後にちょっと餃子が食べたくなるじゃない』

自宅でモノは試しと作ってみたら家族がおいしいと。


考えてみたらいくらおいしい和菓子を作っても目の前で食べてもらっておいしい。と言ってもらえない。


和菓子の作り方と餃子の作り方は共通点も多い。


何より餃子とススキノが昔から大好きだった。

こんな好きと得意を合体させたから、あんな魅力的な餃子屋ができるのでしょう。
餃子専門店をスタートさせて11年。


また一人。福業ライフを送っている人に出逢えました。

gyouza




にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月18日 大阪~コラボ企画『セラピスト、カウンセラーのための出版セミナー』
紹介ページはこちら

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら
先日札幌でホメゴロシの会開催されました。

みなさんホントいい顔ですねぇ…。

sahome


今回は、セラピスト支援のプロジェクトチームとの合同開催ということもあって、セラピストの方が多く出席されました。

秋から冬に向かおうとしている北の大地でがんばる方たちは、これから長い冬を迎えるにあたってエネルギーをどんどん高めている状態。

まるで、常に熱を発散する炭火の様にじっくりと時間をかけて熱を充填している…そんな空気でした。


ただ、ホメゴロシの会という限られた空間の中で、みなが思い思いに語り合っている姿は全国共通。


前々回は5月。前回は2月。そして今回は10月。
時期によってこれだけ街並みが変わる地域はありません。

こんどはいつホメゴロシ合いましょう?


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月18日 大阪~コラボ企画『セラピスト、カウンセラーのための出版セミナー』
紹介ページはこちら

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら
10月5日。

北の大地 北海道 JR札幌駅のすぐ隣にそびえ立つ紀伊国屋書店札幌本店で「福業のススメ」トークイベントがありましたので、札幌に行ってまいりました。


お話した内容は、「福業のススメ」で書いてある福業ライフ構築のためにすべき3つのポイントなどを中心に、本では書けなかったナマナマしい?現実についてもお話してきました。


トークイベント終了後、即席のサイン会もあってたくさんの方と接触できたのはとても刺激になりました。


kino1




実はトークイベントの開始直前まで、イベントを担当くださった紀伊国屋書店の社員の方とお話をさせていただいたのですが、その方の語られた言葉一つひとつが、とっても印象に残っているんです。


現場で働く書店員は、書店全体を“畑”として見ている…と。


新刊という“種”は、植えればそれだけで育つ。ということはない。


肥料をやり、水をやり、お日様にあて、雨風から守り、読者の手に届けている。


常に棚を見ては配置を考え、時にポップをつけたり、平積みの高さを変えたりするそうです。


そして、立ち寄ったお客様の目に留まってふと手にして、購入してくださる。


その本がお客様の手に渡って心に本のメッセージがしみこんでいき栄養となる。


現場はそのことに誇りを持っている…と。


『ですから著者の方にわざわざ札幌まで足を運んでくださり、イベント等お客様の前に立っていただくことは、何よりうれしいです』とも。
事実、講演が始まっても道行く人にチラシを配って呼びかけてくださったりする書店員の方たち。


改めて著者という立場は、御輿に乗るということなのかなぁ…と気づかされました。


その御輿を汗だくで担いでくださる方たちに支えられているから、御輿の上で周囲を見渡しながらその場を盛り上げることができる。


新たな“感謝と責任”を胸に、札幌の地を飛び立ちました。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月18日 大阪~コラボ企画『セラピスト、カウンセラーのための出版セミナー』
紹介ページはこちら

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

“凄さ”の基準。

明日から3日間札幌にてお仕事。


今回は紀伊国屋書店でのトークイベントやセラピスト向けの開業準備講座、セルフブランディング講座~著者出版編の講師など。


周囲の方からは、
「大活躍でスゴイですねぇ。」と言われることも。
もちろん、距離を超えての発信に対するねぎらいと励ましを込めてだと思いますので、その言葉をありがたく受け止めています。


しかし僕の中で、日々の仕事においてどこに“凄さ”の基準を置くか?は常に自問自答しているテーマなんです。


本当の凄さってなんだろう…。


一つ私が思いますに、天才的な能力を有していない人間(まさに自分自身のような)にとっての“凄み”の一つに『継続』というのがあるのではないか?と。


私が札幌に仕事でお邪魔するのは、3回目。

初めて伺ったときは、去年のこと。
札幌在住のセラピストから「札幌でもセミナーしてもらえませんか?」との言葉をいただいてセミナー開催。


その中で、それぞれ出会った道産子セラピストたちが、2,3回と私を講師として呼んでくださり、私が関わらない中でも独自にイベント開催して北海道を活性化している。


なぜそれができたか?


一言で言えば、『継続』なんですよねぇ。


明日からの3日間。また“次の時”を見据えた旅になるでしょう!



でも、明日6時半に中部国際空港は…キツイ(涙)


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



<<福業ライフトピックス>>

10月3日札幌セミナー講演
『セルフブランディング術~著書出版へ至る経緯、私の場合』
紹介ページはこちら

10月3日『札幌ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

10月5日 紀伊国屋書店札幌本店でトークイベント開催決定
紹介ページはこちら

10月18日 大阪~コラボ企画『セラピスト、カウンセラーのための出版セミナー』
紹介ページはこちら

10月23日 『東京初台~ホメゴロシ プラス!&ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら

11月7日 『名古屋~ホメゴロシの会』
紹介ページはこちら


Powered by FC2 Blog