セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


なにかすばらしい事象や物事、人物などに出会うと“真似てみたい”という気持ちになるのは、自然の摂理でしょうか。



(親や身近な存在を除いて)ワタシが一番最初に真似てみたいと思ったのは、中学時代の1つ上の先輩でした。



その先輩は、いわゆる学校内では不良と位置づけられている人でした。



ただ、たまたま入部した部活が一緒で帰りの方向が一緒だったということもあって、いろいろと関わりがありまして。



とにかくその先輩は人間としてカッコ良かった。



ことあるごとに『オマエだったらどうする?俺はこう思う』と語りかけてくれました。



一言で言いますと、『とにかく仁義を通せ』と。




目先の欲に走れば誰もがそのときはいい思いをする。
ただ、そこからは自分のものに何もならない。



守んなくちゃいけないことがあったら、目先の自分にとって何のプラスにならなくてもやり通せと。



当時の先輩、中2ですよ!?
中1のワタシは“はぁ~”と口あけて聞いてるだけ(笑)


その先輩が喧嘩しにいくというと、何の理由もわからずにその中に飛び込んでいったり(ま、ワタシだけボコボコにされてましたけど…)、そこで世間一般にいう悪いこともずいぶん教えてもらいました。



とにかくその先輩に追いつきたくてやることなすこと真似て。
表面ズラだけとらえて先輩に叱られたりして今考えればメンドクサイ後輩だったでしょうね。



たった一年でその中学校を転校することとなったのですが、その先輩の流した涙を見たのは帰り道の別れ際が最初で最後でした。



きっと今でもカッコいい男性像の背中はその先輩がベースとなっていると思います。


◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇


去年の5月に書籍『福業のススメ』を発刊させていただいたり、メディアに取り上げていただいたりしますとそれに近い文言でご商売をなさる方を見聞きすることがあります。


それを周囲の方から伺う事がある際に、私自身自戒を込めてその方にお伝えすることがあります。


“学ぶ”という言葉はまねぶ(真似る)が語源なんだと。



今を生きるために、そして次の世代に何かを残すために、我々は常に学びが必要と思う訳ですが、その学びという言葉の語源は、まねぶ(真似る)からきているという説がある。


私の発した『福業のススメ』やその他のことを真似た結果、その人の学びになるのであればそれでいいではないか…と。



そこから気づくことが何か1つでもあれば学びとなるでしょう。また真似るんじゃなかったということを知るのも学びです。



私も周囲のすばらしい事象や物事、人物などに出会うとどんどん自分の中に取り入れていっています。


また歴史上や研究分野の先人先輩が残した書籍や研究から活用するのは、まずは真似てみることでもあります。


ただそこには、私自身中学時代の先輩から学んだことがベースとなっているのです。


それは、オマエのしていることは、次の世代に何かを残せるものなのか?といった“仁義”を通すということでもあります。



最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 定員オーバーとなりましたので、急遽増員(40名)しました!

2010年1月15日~新宿 ホメゴロシの会 新年会!
⇒ みんなでワイワイと!2010年に向かって投げ入れる小石を確認しあう場に。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



スポンサーサイト
【もっとも上手の人のすることは、ゆるゆると見えながら、間の抜けないものである。何事も熟練した者のすることは、いそがしげに見えないものである】 
                  ~宮本武蔵(武蔵と五輪書、津本陽)~

スポーツ選手でもトップアスリートのしぐさ、フォームはなぜあんなに美しいのでしょうか。

せわしなくないといいますか、無駄な動きが一切ないといいますか...

全国のトップビジネスパーソンにお会いしていてもやはりその分野において、無駄な動きが一切ありません。

ちょうど、ゆっくりと水が上から下に流れていく様に…なのです。



最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 定員オーバーとなりましたので、急遽増員(40名)しました!

2010年1月15日~新宿 ホメゴロシの会 新年会!
⇒ みんなでワイワイと!2010年に向かって投げ入れる小石を確認しあう場に。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



今年6月からスタートしたレクチャリングアカデミー。
東京の一期生が今晩無事にプロレクチャリスト技術認定試験を終えました。(名古屋一期生は次週、レクチャリスト技術認定試験があります)


教えるものの喜びは、その変化を間近に見ることができるという点でしょうか。


それぞれがそれぞれのテーマを見つけ出し、そのための実践的プランを構築し、具体的に形にし始めています。

◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇


レクチャリングアカデミーの設立を思い立ったのは、ちょうど1年前。


2009年の年賀状に『変わらないためには変わり続けなければならない』との言葉を選び、レクチャリングアカデミーのコンテンツ作りに時間を費やしてきました。


自分の伝えたいことと、社会が求めるニーズとのせめぎ合い。


同時に、受講されるであろうまだ見ぬ方たちを想像して変化するためのプランを強烈にイメージした日々。


人が、何かを次の世代に残すためには伝える技術が必要。


そんな漠然とした想いから始めた構想でしたが、卒業生が懇親会で語ってくれたレクチャリングアカデミーの特徴とそのまま合致していたのはうれしかったなぁ。



それは、レクチャリングアカデミーはアウトプット(実践)教育の場だったという言葉。



そういった意味でも、彼らに対する僕の仕事はこれから始まる。



その夢の実現のために。



でも、今晩はちょっとだけ自分に“オツカレサン”と言ってあげたいなぁと。


ゆびわ



最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 定員オーバーとなりましたので、急遽増員(40名)しました!

2010年1月15日~新宿 ホメゴロシの会 新年会!
⇒ みんなでワイワイと!2010年に向かって投げ入れる小石を確認しあう場に。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



一年が終わろうとする11月~12月にかけて、ふと考えることがあります。


『僕はこの1年をかけて、社会という湖にどんな石を投げ入れることができたのだろうか?』


まぁ、なんて大袈裟な(苦笑)


ただ、小石であってもその瞬間、湖面に輪を創ることはできます。

そして、すぐに湖面は元の静かな状態に戻る。

そんなことを繰り返しているときに、365日は区切りとして振りかえりやすいですね。


皆さんは、どんな石を手にし、どんな湖面に投げ入れた一年でしたでしょうか?


◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇

ホメゴロシの会という場が自然発生的にできた2008年。
 

それを繰り返す中で、小石ながらも社会という湖面に輪を広がらせるのでは?といった予感を持てた2009年。


2010年。どんな予感が持てるのか?を楽しみにしつつ、新宿でホメゴロシ新年会を開催します。

【詳細、申し込みページ】はこちらから。


今回は、久しぶりの座敷スタイル。ホメゴロシの会の原点は、話が盛り上がって、時に横から、時にナナメ後ろから…とこんな感じでスタートしました。

新年会画像1      新年会画像2




お店は、産直新鮮野菜を楽しめるお店とのこと。今から楽しみですね!
 
新年会2


今までいらっしゃってくださった方も。初めての方も。2010年のご自身を期待しつつ御参加くださいね。




最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 定員オーバーとなりましたので、急遽増員(40名)しました!

2010年1月15日~新宿 ホメゴロシの会 新年会!
⇒ みんなでワイワイと!2010年に向かって投げ入れる小石を確認しあう場に。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)


【いまやっていることが楽しくてしかたない。仕事という意識はまったくない】 
~ジェリー・ヤン(Yahoo!共同創業者)~

仕事柄、全国いろんなところにお邪魔しているのですが、同じ日本でも北から南、言葉から生活スタイルまで本当に違いがありますね。(子どもの頃にジャンケンをする際の掛け声一つとってもぜんぜん違いますから)


さて、今の自分を振り返って…


移動方法はさまざまですが、出張先の駅に降り立ってキョロキョロしながらカート付のカバンをゴロゴロと転がしながら歩いている自分は、きっと心なしかニマニマしてるはずです。


すばらしいセラピストやトップビジネスパーソンたちと出会い、世の中に伝えていく仕事ってのは、Yahoo!を立ち上げた頃のヤンさんと同じく楽しくてしょうがないんですよね...。


そういった意味で、このヤンさんの気持ちわかります...。


最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 続々と参加申し込みいただいています!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)



『実は自分のことが一番分かっていない』


これはよく言われていることでして…。
ワタシもその一人です。


と言いつつも、セミナーやアカデミー、パーソナルサポートではその人の特性を浮き上がらせる作業が必要です。

そこで、時々私自身も考えるのです。



いったい今まで自分自身は、どうやって自己評価を構築してきたのか?



うーん。



そんな折に息子たちお風呂に入っていましたら、兄弟が揃って張り合っているやりとりが、まさに“ゆるぎない自己評価の応酬”だったのです。

『オレなんて、○○って言われてるんだぜ』

『ボクも▲▲だよ!』


よくよく聞いていますと自分を評しているそのベースとなっているのは、身近な周囲からの一言一言の積み重ねが言葉となって出てきているようなのです。



そうか。



大人になればなるほど周囲から言われた事をひねくれて捉えたり、自分のできない部分が自分の中でクローズアップされてしまうもの。


けれど、自分を評してくれている中でも自分自身が聞いてうれしい言葉だけを意識的に“結晶化”していけば、それはいい意味での自己評価につながってくるんじゃないだろうか。



自己評価は“良き他己評価の結晶体”なのかもしれません。

kextushou




最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 続々と参加申し込みいただいています!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)

このブログやホームページ、メルマガ。そしてミクシーの様なSNS、ツイッターで話題のミニブログ。


いまや当たり前のように活用されているインターネットツール。


何と言っても個人が(ある程度)自由に発信できるという点で、劇的に個人を取り巻く環境が変化してきているなぁ…と私自身感じています。



そこで試されるのが、発信するコンテンツを通して何かのアクションにつなげようと思われる方にとって、
・ピンポイントで刺さるコンテンツを用意し、
・その発信ツールの特性を意識し、
・その発信ツールの先にいる人の心理状態をイメージしていかに提示できているかどうか?
といったスキルを有しているか?なのではないかと。


はぁ~。

こう書いていて、そのスキルを十分に有していない自分が情けない(涙)

(もちろん、発信ツールをただ単に“個人のつぶやき”として位置づけている方もいます。
私はそういった活用法もホントにアリだと思ってまして、そういったケースは以下に書く内容には当てはまらないかなと。)


◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇   ◆◆◆◇◇◇


今の時代背景の中で“発信する力”を身につけた個人は、それがどのような立場であっても、またはジャンル、地域であってもインフルエンサー(影響力を持つ個人)となっていくと思うのですが、そこにある土台はなんなのか?



元々人に異常な程興味の持つ私としましては、そんなインフルエンサーをじっと観察することが何よりのご馳走でして…(笑)



まだ、観察し始めたばかりですが、少なくともそんなインフルエンサーたちを間近に見てきて共通していることは、



彼らは常に“客観的見方と主観的見方”のバランスが絶妙だということです。



その方たちの発信する全てにおいて、居心地がいいといいますかすーっと耳に入ってきてストンと腹に落ちるのはそんな背景があります。


しかも、同じ事を伝えているのにブログだったらブログにあった表現方法、ホームページだったらホームページにあった表現方法といった感じで。


別の見方をすれば、自己客観視を強烈に自覚しているともいえますね。



そんな彼らを眺めながら、私自身発信ツールを活用するときは自戒を込めて常に以下の4つを意識して考えています。


◇ 受け手の側のニーズの把握

◇ コンテンツの信憑性

◇ 情報と誘導のバランス

◇ ツールの性質を見極めた表現力



思ったとおりには、なかなかできていませんけど(苦笑)



最新のお知らせは、登録無料の【福業ライフニュース】で!

セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


<<福業ライフトピックス>>

12月7日~名古屋 ホメゴロシの会 忘年会
⇒ 続々と参加申し込みいただいています!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。副業や起業などいろいろなブログがチェックできますよ。『福業のススメ』著者 谷口晋一)

Powered by FC2 Blog