セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近色んな方とやりとりしていて、不思議な感覚に陥ります。

地域も、活動ジャンルも、年代や性別もバラバラなのに、言ってることや発想が近くなってきていると言いますか。

もちろん僕自身の交友関係から感じていることですので共通点はあるのでしょうけど、物事の捉え方からの発想の方向性が似てきている。

例えば自分の軸の再確認。
また俯瞰しての捉え方、最初の第一歩など。

最近よく耳にするパーソナル・リーダーシップ(自分の人生を主体的に切り開いていく能力)に近いかもしれません。

その良し悪しに関わらずちょっと注目しています。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト
【虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。】〜ドリー・パートン(米国シンガーソングライター)

この梅雨の時期は虹を見る機会がたまにあって。
この歳になっても、それまでの雨の事なんて忘れてテンションあがっちゃいます。

自然現象はこちらで計算できませんし、約束されるものではありませんから、それに出くわしたときには大きな喜びとなる。

これってそのまま僕自身の人生と捉えても同じことが言えるなぁ、なんて。

先の事がなにもわからずヤキモキしながら目の前の壁という雨を純粋に楽しめるか?と言えば、そんな風にはなりません。

でも。
いや、今度こそそうなるかもしれないな…といった根拠なき期待感から現実を受け止め、それに出会ったときの喜びといったら。

それまでの状況は“そのための”演出以外の何ものでもなく。

まぁ、ずぶ濡れになってもいいと思うのですから不思議ですね。
虹

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』


資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

先週金曜日、広島での仕事だったのですがなんとか最終で帰名。

と言いますのも、最近家族で遠出してないので出かけたいと。

以前夫婦だけで訪れた蕎麦を子どもたちに食べさせたく、高速で2時間半かけて岐阜の郡上八幡へ。
(試験期間中なのに親のワガママで引っ張りだしてホントすまん)

蕎麦を食した後。
それからは一時間ほどバラバラに行動。

同じエリアでバラバラに行動すると、帰りの車中でそれぞれの発見を言い合えるのでなかなか面白いんです。

高2の長男は食品サンプル(郡上八幡は食品サンプルで有名)を集めるために地図片手に出掛け、週末はサンプル食品が安くなると絶賛。

高1の次男は街を流れる川辺を歩いたりお土産屋で扇子を探したとのこと。
各地域の扇子をお土産で買うという渋い趣味を語る。

僕たち夫婦はのんびり散歩していましたが、ちょっとだけ奥に入った所になかなか興味深いカフェを見つけて。
それはまた明日以降にでも。

美味い美味いと涙を浮かべ天を見上げながら蕎麦を食べてたのは…ナマわさびが効き過ぎたからか?

身体は疲れましたがリフレッシュできました。

わさび効かせ過ぎ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
【メニューを記載しても口コミは起こりません。】
http://relax-d.com/contents_809.html

まぁこんなマジメな記事にしましたが、どうしてもこの画像をアップしたかっただけです。

立て看板1


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜広島本通り店
広島本通り

朝から雨の広島。
こんなときはこのお店がいいですね。

なぜならお店周辺はアーケードになっていて傘をささずに歩けますので。

バカデカイアタッシュケースをゴロゴロと引きながら傘さして。

…結構辛いものです。

ただ問題はオープンが8時〜ということ。
7時オープンとは一時間差ですが、大きい。

8時なってスタッフの方がシャッターをガラガラと開けてオープン。

『ご旅行ですか?』
『いえ、仕事で。』
『雨の中ありがとうございます』
『いえいえ、この場所にあってありがとうございます』

そんなやりとりしながらもう一仕事あるんです。

このお店のウリ?は、2.3階もスペースがあってちょっとティストも違ってます。

今回は3階にするか。
…はぁでも荷物が。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
昨日、愛知県議会の傍聴をしてきました。

と言いますのも今春、県議会議員となった仲間がその日初めて議会で質問に立つことを本人から聞いて。

だってなかなかそんな機会もないでしょ?
“場違い感丸出し”のまま傍聴席へ。

傍聴席というのは高い位置にありますので、議員さんたちを俯瞰して眺めることができます。

場違い感を無意識に解消したかったからか観察魂?にスイッチが入ってしまって。(ただ普通に傍聴してりゃいいものを)

…いやぁ勉強になりました!

傍聴席から見るとちょうど背中を向けていますので、議員さんお一人おひとり背中の佇まいを拝見できました。

慣習なのか、皆さん議場に入ってから自分の席の所までいき正面に向かって一礼をして着席します。

おそらく毎日するであろうそのルーティーンな動き。

席まで行っての姿勢、目線の向け方、礼の仕方、間の取り方、座り方、名札の立て方に至るまでの一連の流れ。

失礼ながらもお一人おひとりを拝見(観察)させていただくと、なんとなくその人柄が滲み出てきますから不思議です。

つまり。
ルーティーンな動きにこそ、その人の考え方や仕事への取り組み方。大げさかもしれませんがそれまでの人生が表れているのかもしれないぞ、と。

議会でのやりとりもさることながら、それが今回一番勉強になりました。

僕も普段何の気なしにしているルーティーンな動きにこそ意識してみようと。

ちなみに僕の友人ですか?
はい、見た中で間違いなく一番美しかったです。

議会

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜TSUTAYA新橋店。
新橋TSUTAYA

全国にある様々な店名のスタバ。

その中でも地名と、ビル名や関係先の合体させた店舗が割と多い気がします。

TSUTAYAが関係するスタバは空間が広く、また本棚の組み合わせもあってオシャレな印象です。

一方新橋といいますと、いわゆるビジネスマンというよりサラリーマンの街という印象を持っておりました。

このお店は…前者かな。

駅から歩いてすぐなのに目の前の公園のロケーションを上手く利用していわゆるTSUTAYAスタバの雰囲気をきっちり保ってました。

ま、利用されている方はサラリー…いやビジネスマンが圧倒的でしたけど。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今までもこれからも。
親(僕)に喜んでもらう事だけを考えて生きちゃダメだ。

自分の足で立とうと、
もがく姿をハラハラしながら眺めるのが結局のところ親(僕)の喜びなのだ。

一昨日の晩。
息子たちからスルメとお茶漬けの素と共に、高校生とは思えぬ短文かつ小学生が書いた様な?シンプルメッセージをもらって。

父の日


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

『あなたの仕事はなんですか?』
といったタイトル記事だったかな?

それを先日知人がアップしていまして。
そんな事からふと、僕自身も考えてまして。

僕の仕事ってなんだろう?と。

収入の割合とか、時間拘束が一番長いとか。
名刺に書かれてる肩書きとか。
そういった一般的な見方からちょっとズラしての視点で。



今のこの時点でやってる事だとしたら…◻︎◻︎が仕事となるなぁ。

暇さえあれば考えている事だとしたら、◯◯が仕事となるし。

数年先の明確なイメージする姿だとしたら…△△が仕事となるぞ。

対価が想定通りに発生するのだとしたら、◇◇が仕事だろう。

インパクトある活動だとしたら、やっぱり◎◎が仕事でしょ!

ははは。

『私の仕事はコレですから』と一つに区切った瞬間にポテンシャルが著しく低下する特異体質?な僕にとりまして。

この答えが、すぐにでない感がちょうどいい。
(ま、言葉に出したところで何も変わらない)

関わる対個人や取引企業や団体、分野や業界全てに対して意味ある存在であるために常に頭や身体を動かし続け、求められる価値を提供する。

実は、僕の仕事は…と発することはグウタラな僕にとっては言い訳となっちゃうのかも。

その問いかけを自分で自分にし続けることができるのは幸せなこと。

その点だけはもうちょっと自由でありたいわけです。

ということで。
保留だなこりゃ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜御堂筋本町東芝ビル店
御堂筋本町

本町駅にあるスタバで。

僕みたいな遠方からの人間が、それだけで待ち合わせを決めるのは危険すぎます。

なぜなら中央線、御堂筋線、四つ橋線が通っている本町駅ゆえに広い範囲でいくつも点在しているから。

ちなみにこのお店。
御堂筋線の本町駅、8番出口付近にあるスタバです。

角地の路面店ですから日中の夕方はもう沢山で。
多くの人は観光客でない地元の人でしょうか。

広いスペースなので割と並ばずに座れます。
割と自由な?スタイルの方もいらっしゃいますし、小学生くらいの子と待ち合わせに使っているケースも見受けられたり。

きっと“いつものスタバで”で、待ち合わせは困ってないのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【人は他人から教わるのはきらいだけど,他人から学ぶのは好き】〜デービッド・ロックフェラー(アメリカ実業家)

僕自身を振り返って。

教えよう!と気合いが入った状態ですと、警戒されているのがわかるんです、肌感覚で。

まぁその関係からは決して“飛び越えた発想”は互いに生まれない。

しかし。コレ伝わるかな?という状態ですと、オープンとなっていくんです、不思議と。

もしかすると。

後者の感覚は僕の言葉というより、今まで僕を通り過ぎていった先人者たちの歩みを見ているのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

関西方面の“マンツーマンサポ”のために大阪へ。

で、昨晩のこと。
日中数時間空きそうなので妻に
『実家顔出そうかなと思うけど何か渡すものとかあれば。』と確認。


するとしばらく考えハッとした顔で一言。

『おばちゃんに送る素麺何個か聞いといて』

…お気楽武将に仕える伝令兵か?

四日市

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
昨日は名古屋でダブルコンサルティング講座や出版記念の集まりなど、
たいして動いてないのに?あっちいったりこっちいったりと動いた様な感覚で。

本来講座などは受講生への応援や支援。
また今回の様に出版記念の集まりなどは著者への応援や支援、と捉えています。

今回だけに限らずそんなとき思うのです。
『応援、支援できる立場というのはモチベートされる』ということと、もう一つ。

『それは同時に自分自身を俯瞰すること』なのだと。

自分をしっかり俯瞰できていなければ、真の応援や支援とはなりません。

そこに打算や歪みが生じてしまうんです。
しかも、人(周囲)には見えない形で。

何か応援や支援する立場そのものが無条件で素晴らしいことかの様に考えられがちな世の中だからこそ、

僕自身の中では常にそのあたり整理しておきたいと思うのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバで入金するとたまにギフトカードがついてくる。
そこでたまにはと家族にお土産として何か買っていくかと。

妻と高1次男は甘いのはダメ。
そこで高2長男に聞いたら
『◯◯フラペチーノと、◯◯ラテと、ココアと、キャラメル◯◯以外で。』

僕よりもメニューよく知ってんな。

フラペチーノ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今日名古屋駅で【ムチャぶりで人を育てる23のコツ】(セルバ出版刊)を出版された藤咲徳朗さんとお会いしました。

元々は出版される以前に藤咲さんの企業研修講師としての活動を、穂口さん(これまた先日【小さなサロンのための 売り込まないネット集客の極意】(BABジャパン刊) を出版したばかり)からお聞きし、繋いでいただいたというご縁で。

様々なやりとりをさせていただきましたが、やはり出版とは?といった話題にもなりました。

やりとりした帰りに感じたこと。
著者にとって
『出版そのものを“凄み”にしちゃいけない』んだよなぁ、と。

出版することが目的となっていないだろうか?
前述の藤咲さんも穂口さんも。決してそこを見ていないというのは、まさに会えばわかる。

本来本を出版するということは、
そのテーマへの並々ならぬ想いと、
巡り巡ってそれを社会が求めていたという組み合わせでもって、カタチとなったのだと。

やはり、著者としてのその部分にこそ凄みとして注目されるべきなのだ、と。

藤咲


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
『ワタシの強みってなんでしょう?全然イメージできなくて』

いや、ホントに。
よくわかりませんよね。自分の強みがなんであるかなんて。

ということもあり、人それぞれが持つ強み。
それを発揮できる場面を見極め、実践できる様具体的に支援する。

それが僕の仕事と言えます。


その人の持って生まれたものや、それまでの置かれた環境で構築されてきた資質というのは才能とかタイプやセンスという言葉で表現されます。

ちなみに強みというのは、活動するフィールドや時代背景、その他状況によって熟成されてくるもの。

この分野のアセスメントツールの学びについてはここ数年のテーマでもあるのですが、


『無自覚だった才能を自覚し始めると…
それが強みとなってくる。』


といった感覚は様々な学びを深めるたびにありまして。

実は今はまだ本人が自覚していない才能に注目してもらうことこそ、その後大きな強みとなってくる。

これは誰も真似できないし、唯一無二なもの。
それこそがあなたの強みなんじゃないでしょうか?

…と日々手を変え品を変え、伝えております。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』


資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜名駅地下街ユニモール店
ユニ

地元が名古屋なのですがこのお店はどうしても足が遠のいてまして。

というのも、いつも満席。
レジにいるスタッフも心なしか笑顔も少なく(涙)

きっとたまたまなんでしょうけど、印象って怖いですね。

名古屋駅で待ち合わせだとしてもこのお店はいつも候補外でした。

タンブラーを持ち合わせていなかったのですが、久しぶりに近くを通ったので寄ってみようかな?と。

すると改装してました。
椅子の仕切りなど工夫されていて以前より居心地は良かったです。

ですが、混み具合は相変わらず…
もうちょっと広かったらいいのですがねぇ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

実はコレ、僕じゃなくて妻が話してたことなんです。

彼女のプロフィールドについて知ってはいます。

しかしその職業能力について、分かっているようでその深みや凄みはよく理解していない。

そんな彼女曰く、
『最近なぜかイライラすると思ったらアウトプットばかりだった』と。

おー!それよくわかるわっ。
なんだか枯渇しちゃう様な感覚でしょ?



…数日してAmazonから大量の本が我が家に届くわけです(涙)
コイツもなんだかいつもよりニヤついて見えるぜ。

Amazon


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

対人援助職であるセラピストたちと数多く接する機会があるからこそ、こんなことをよく考えるのかな?とも思うのですが。

サービスでも何でも提供する者であるならば。

受け手の感覚に鈍感になればなるほど“陳腐化への道まっしぐら”となる、と。

僕のケースに当てはめても。
ソーシャルネットワークが発達し、時々ですが僕が発するいくつかの事などをレポートしてくださる方がいらっしゃって、とてもありがたいです。

【レポ記事】セラピストの学校オープンスクールに参加してきました。
http://ameblo.jp/naokichi-chiroru/entry-12037771019.html

もちろん僕に対して厳しい事を書くというよりたぶん三割増し?で書いてくださっていて、それを差し引いたとしても。

人と直接的に関わるプロフェッショナルであるならば、その声に都度丁寧に向き合わないといけない。

『受け手の感性に寄り添う丁寧さ』と言いますか。

例えばそれが講師やコンサルタントなど、アトバイスや支援する仕事であるならば尚更です。

終わった直後などは本人もある程度の高揚感に包まれてますから。

少し時間をおいてでも、
『相手は自分がイメージしていたものとは違って捉えることもあるし、よりイメージを膨らませてくれることもある。』と言い聞かせることこそが。

自分を腐らせない唯一の方法なのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

えー私事ですが。

結婚してもうかれこれ21年。
夜景の綺麗な小洒落たレストランで…というのも柄じゃないので今晩は家でゆっくりします。

ちなみに
『いつも支えてくれてありがとう』と言うのも柄じゃなく。

『ま、互いに支え合えれて良かったねぇ』
そんな感じでしょうか。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

日々バタバタと生きながら。

何物にも変えがたい自身の喜びを得ることが心のスパイスだったりします。

スパイスですからそうしょっちゅうは使いません(ありません)けど。

何物にも変えがたい…
『自分にとってのそれって何だ?』
『どんな瞬間にやってくるんか?』

それをまた広く理解してもらおうとして一般的な表現に置き換えようとするからおかしくなっちゃう。

違いあるそれぞれのスパイスを語り合うパートナーや仲間がいるからこそ、ありがたいわけです。

それさえ把握しておくと、そのスパイスが自分の人生という料理には最高のアクセントとなってくるわけです。

ま、こんな記事書きながらも。
実際の料理はいつもヒドイ出来なんですがねっ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

出張の移動中、手にした書籍を読み終えました。

セラピストの学校でもDVD教材のスペシャルアドバイスや、パネルセミナー、ダブルコンサルティングといった機会でご縁あるリウム穂口さんが書かれた本。

内容については、色々な場面で紹介されていますので割愛するとしまして。

『あぁ本当にこの人(穂口さん)って本当にお店ラブな人が好きなんだなぁ。』
って。

きっと愛されたそのお店(クライアント)の先にいるお客様も同様に愛されるから。きっとそのまたその先にいる人たちも…

まさに愛は伝播する。
そんな想いが伝わる一冊でした。

僕は月に何十冊と読む様な人間ではないのですが、著者や翻訳者、編集者を想像しながら読むのが好きです。

だって、一つの本という形にするために。
ものすごい労力がかかるんですから。
どんな人物が、どう関わってきたのか?

人でも物事でも考え方、なんでもいいんです。

このことを伝えたくて伝えたくて仕方がない、という想いが形になったものが書籍であるべきだと今でも愚直に思うのです。

そんな感じで夢中になって本書を読んでいたら、僕の名前がいきなり現れて。

愛が伝播するのに僕の名前が度々登場する。
…なんだかちょっと気恥ずかしいものです。

【小さなサロンのための 売り込まないネット集客の極意】穂口大悟著(BABジャパン刊)
http://riumsmile.jp/contents_2440.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

常にどんな状況でも最初の第一歩目として。

ふと自分の中で言葉や行動として出てくる一貫したものっていうのがありまして。

それがその後の自身の成長に大きな影響を及ぼしているなぁと時折感じています。

周りから影響を受けにくいというのもありますし、それはもう習性と言いますか癖の様なもので毎回あんまり大きな違いもなくて。

そこに注目してみるとそこから“自分の中の個の強さ”がクローズアップされてきます。

周囲から評価される事とはちょっと違っていたとしても、
大きな環境の変化があったとしても、
思わず笑っちゃう様な癖のようなものであったとしても。

そこを把握できていると、
『あ、最初にこういう行動をとる自分は…』とか、
『毎回なんで、あの言葉に反応しちまうんだろう』とか、
『やっぱりこういうこと先に考えるよな』とか。

そういう自分への分析がここ数年の自分自身のテーマ。

それは、周囲との関わり方や、アドバイスする際の指標となったり、今の自分の環境をよりシンプルにするという意味合いもあったりします。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜北心斎橋店
心材橋

戎橋から心斎橋に向かっての長い商店街。
テステク歩くといきなり現れるお店。

商店街を通りすぎる時に気づくのですが
場所柄とても外国の方が多くて。

店内はとても広くて、席数も多いのでこの界隈では穴場かもしれません。

ちなみに二階もあるのですが今回は一階の端っこに。

お店全体を見渡せる場所から店内を眺めていても…やはり外国の方多し。

しかし人数は少なくとも、聞こえてくる声の大きさだけは負けてない人たちが。

日本人…いや、関西人ね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
梅雨の合間の晴れだから。

こんなときは心の中までカラッと乾かそう。

中池こうえん


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜武蔵浦和beans店。
浦和beans


目の前のロータリーにはバスや車がひっきりなしに入ってきては沢山の人が駅構内に吸い込まれていきます。

店内もそんなお仕事に向かう途中に寄ったと思われる方や勉強中の方がいて。

それぞれのテーブルでは各々空間ができていて、目に見えない薄い壁の様なものもあります。

そんな中僕がトイレに立って戻った所、隣に座っていた男女が話しかけてきました。

机に置いていた資料を見て、僕のやってる事に興味を抱いたのか名刺もいただいて。

でもなんだかビックリしてしまいました。

考えてみれば隣の人との壁は存在していないので、ぐっと距離を近づけることもできるのですね。

自分の部屋にいきなり入ってきた感覚になってビックリしたのは、僕がそれだけリラックスしてたってことなんでしょうけど。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【希望と恐れは切り離せない。 希望のない恐れもなければ、恐れのない希望もない。】〜ラ・ロシュフーコー(モラリスト)

希望に満ちて何か新しいことを取り組もうとする方たち。

それを具体的な実現の為にサポートする立場だからこそ思うのですが、ワクワク感だけではどうにも前に進めません。

そういった意味でこの二つ。
切り分けられるものでもなく、混在しているような。

さっきまで希望に満ちて語っていたのに、急に不安感に苛まれる。それを1日のうち何度も。

…身近なニンゲンからすりゃ、ホントいい迷惑かもしれませんね(笑)

でもねぇ、このアクセルとブレーキを両方踏みながらだからこそ未知の世界に乗り込めるのです。

ま、僕を含め迷惑かけずに生きるニンゲンなんて誰一人いないんですから。

そういうの全部ひっくるめての、ということです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

時折、10年以上など長きに渡ってサロンやスクールを展開しているオーナーたちと情報交換をします。

昨晩はその中でもセラピストの学校の母体、セラポートの立ち上げ時からお世話になってるオーナーとやりとりしました。

変化の早いこの時代にあって、店舗の移転や撤退もフレキシブルに対応しますし展開をかけるときは一気に決断します。

そんな彼らが常に考えるのは、売上でもなければ話題性でもなく。そこで関わる人間のこと。

“サロン経営やスクール運営はマンパワー産業”と言われるくらいに人が重要な業界です。

それも今は雇うという発想でなく育てるという発想。


コレ、文字にすると簡単ですが実際はそう簡単ではない。


僕が聞いてびっくりするくらいの辞め方であったにしても。
感情の行き違いからくる意志の疎通がなくなってしまったとしても。

雇うのではなく育てるというスタンスですから、そこでこちらから“終わり”にしない。


ただ単純に「人を育てるやり方はこれが正解」というのを求めてはなく、じっと一人ひとりを観察している。

たとえ雇用関係が一旦、終わったとしても、です。

それぞれのリーダーはそのポジションにおいて観察と関わり方を微妙に変化させています。
やはり色んな分野の第一線でもがいてるニンゲンは関わる人に対して。
また自身に対してもそんなところをフォーカスしてる。


個々人に適したゴールや育て方を見極める目利きにこそ、これから教育に携わるニンゲンにとって必要なことなんじゃないかと。

人を育てるリーダーとしての視点を彼のような人間から学んでいるわけです。

みやんちょ


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


僕が関わる世界の一つにセラピスト業界があります。

今でこそセラピストという単語から何らかのイメージを持つ人が増えてきましたが。

関わり始めた1990年代後半。
『自分はセラピスト業界におります』なんて言おうものなら…
名刺持ちながらその人の頭に?マークが沢山並んで絶句されていた時代。

あれからずいぶん時間が経ちました。

セラピスト業界とは違う業界とも関わりはありますが、やはりそれぞれの業界において魅力を感じる人。その基準というのはほんの少しだけ違うなぁと感じてまして。

そんな独り言みたいなのを時々セラピストに向けて書いてます。

皆さんの業界での魅力ある人たち。
いったいどんな人たちでしょうか?

★ なぜあのセラピストに人は魅力を感じるのか?

キャリアや実績、時に容姿(動画や画像)やブログなどの記事、スキルの多様さなどなど。

魅力あるセラピストになるにはやるべきことがいっぱいありそうです。でも…

すべき優先順位が少し違います。

そのクライアントが求めるものの先にしか、セラピストは魅力ある存在として浮かび上がってきません。

あくまでもクライアント視点で。

セラピストは対人援助職ゆえに決定的に主役であってはならない。

それがしっかり染み付いているセラピストにとって、こういった学びはすっと入ってくるはずです。

『Web版セラピストの学校より』
: https://facebook.com/taniguchishinichi

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
今朝移動中にたまたま寄ったモスの黒板を見て。
あぁ新しい月となったなぁと。

モス


諸々自分の中で勝手に決めたルールのキリとして、月単位というのはちょうど良かったりします。

日や週ではあっと言う間ですが、月単位でしたら少し先をみれる感覚になれます。

ちなみに僕のケースで言えば5月はインプット月間でした。

放っておけば錆びついてしまうものに対して新たに油をさす様な感じです。

ただ、インプットしただけで満足しちゃうのは僕の悪い癖なのでアウトプットしようとする。

30代のときなどはもう、すぐにアウトプットできるくらいの勢いではじめて。

結果、クオリティが残念な状態なので継続できない(求められない)ケースが多々ありました。

しかし年齢経験重ねていきますと。
そのアウトプットまでの“溜め”を持てるようになって。

今学んだことを、2.3年後にアウトプットできるようにするために。

それもまた月単位のメリハリで考える。
僕にとってはちょうど良い期間の様です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog