セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新たなアクションや学びをするとき。

もし今やればどうなるか?という、人や過去への“なんとなくリサーチ”もします。

でも。根底には自分の可能性に期待している自分を優先させるんですよねぇ。

もちろんその期待に応えられなかったら…という思いも内在させながら、なんですが。

過度な楽観や悲観でなく、未来への期待を優先させると言いますか。

それはきっと日々の積み重ねで構築されたものだと思うのですが、そのスタンスは自分を随分ラクにさせてくれます。

やはりそのような見方は、決して自分だけでなく身近な人や周囲の人、関わった人に対しても常に抱き続けていきたいわけです。

家族から始まり仕事で関わる人までも。
未来への期待を抱き続け、関わっていく。

それって言うほど簡単でなく、なかなか価値あること。

もしかするとそれが今、僕が僕に対して抱いている期待なのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト
スタバ探訪記〜コクーンシティさいたま新都心店。
コクーンシティ

このお店は初めての利用でした。
元々さいたま新都心駅に降りたのも初めてでしたので。

地図で見ると駅からすぐなんでしょうけど。

コクーンシティというショッピングモールに到着してからたどり着くまで結構テクテク歩きました。

このショッピングモール自体が新しいのでしょうか、テナント全てが新しい店作りでモール内の歩道?も広くで苦にはなりませんでしたけど。

モール全体が波をうったような構造でこのお店もクネクネとした感じ。

窓から見える曇った空にそびえ立つ高層ビル群を眺めながら。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



今から15.6年前のことでしょうか。
当時はSNSもブログもなく、ホームページすら一般化してない時代。

店舗経営に関する色んな情報を収集しようと、ビジネスフェアに出掛けました。

そこで一人の講師が登壇したので、講演終了後
思い切って声かけたんです(確か僕だけでした)

どこの馬の骨だかわからないような僕に対して、とても丁寧に名刺交換してくれたことだけ覚えています。

とにかく受け入れてくれた雰囲気が嬉しくて。

そこからです、年賀状やメルマガなどで接点が生まれ、僕か2008年に初めて書籍を発刊した際に贈呈した時はとっても喜んでくれたりして。

その人と昨晩久しぶりに会いました。

いや、二人でゆっくりご飯を食べるというのは初めてかもしれません。

他愛もない話なんですが、昔の思い出話もそこそこに互いに今どうしているか、これからどうするか…楽しいひと時でした。

◆◆◆ ◇◇◇

彼が初めて僕と関わった時。
どんな関係性となるかはわかりっこなかったはずです。

でも、突発的な関わりの中で。
育成だとか、パートナーだとか、長きに渡る関係性が想像できなければ、あの様な対応はされなかったはず。

それからです。

僕自身、どんな突発的な関わり方であっても。極力目の前の人との関係性を想像しながらやりとりしようと思ったのは。

いつの日かこの人にも恩返しがしたいと思う一人です。

そんな大切な事を教えてくれたのですから。

名刺交換


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
今朝ある仲間のブログ記事を目にして。

『今まで出会ってきた人たちの中で、思わず応援したくなった人ってどんな人だったろう?』と振り返ってました。

わざわざ…ができる人
思い出す顔がいつも笑顔な人
目線が伏目がちでない人
負の感情を一旦飲み込める人
物事の発想が前向きな人(単純に前向きとは違う)
こまめな人
考え方がシンプルな人
ニンゲンクサイ人
自分の弱さを上手に言える人
したい事を言葉で伝えられる人
慮れる人
茶目っ気がある人
ミスをミスとできる人
丁寧な人
怒るのに遅い人

性別年齢問わず、です。

うーん。
思い出すままにざっと挙げましたが、もし全部当てはまると…応援したくなくなるかも。

過ぎたるは及ばざるが如し。ですな。

ま、どれか一個くらい当てはまるくらいが丁度良いのかもしれません。

逆に僕も応援されたいので、一個くらい当てはめていただきたく。

…甘え上手ってのも入れとくか。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【目の前のことを真剣にやった人間がその先を選択できる】〜清宮克幸(ヤマハ発動機ラグビー部監督

最近はすっかり息子さん(高校球児)の父として注目されていますが。

僕自身が学生時代にラグビーをしていたこともあって、その指導者として言動はどうしても反応してしまいますね。

考えてみれば。

“その先に選択肢がない”というのは自分にとっては相当の不安要素。

逆に“その先の選択”があるというのがどれだけ自分自身の余裕となってきたか?

まぁそのためにあれこれ考え、色々と取り組む訳です。

でも彼の言う様に、それがもし目の前のことを真剣にやった人間に与えられるものだとしたら。

今まで相当効率悪かったということになりますな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)






ご縁あって自分も本を出し、また知人や仲間が出版するのを見ていてふと思うのが、

『書籍は初速が大切。でも著者はジワジワと、だよなぁ』ということです。

つまり。
次から次へと出版される現状の中で、本そのものはナマモノ。

そのテーマに興味を持った人の手元に早く届けるために関係者は最善を尽くすわけです。

と同時に。
著者については、むしろジワジワとその人を知っていくことがいいんじゃないかな?と。

仮に直接会わないにしても、SNSが発達してなんとなくでも人となりは知れます。

来月は札幌で仲間の一人、穂口さんの出版に関するテーマの特別講座と出版記念の懇親会を予定していますが、

懇親会は派手なパーティーというより、彼の良さがこれからもジワジワ続くような。

そんな集まりにしたいと(名古屋でも広島でも)

ま、言い方を変えれば、
本に書かれた内容は価値あるものでなけれはならず。

また著者は神格化せずに一人の人間としてジワジワと関わろう、ということでしょうか。





【札幌校特別講座】9月15日(火曜)『セラピストのためだけのネット集客の極意!~著者穂口大悟』
http://relax-d.com/contents_822.html

【札幌】9月15日(火曜)『リウム穂口大悟出版記念~わっしょい会』
: http://relax-d.com/contents_823.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



謙虚さ…でしょうか?

人から注意指摘されることが、どんどん少なくなってくる中で。
何か指摘されればカチンときたり。

新たなことを始めるにしても、成功体験だけをイメージしたり。

人に何かを伝える時に相手を慮ることなく伝えたり。

頭(こうべ)を垂れることや、膝を屈めることに躊躇してやしないか?

それを自分で気づくのは、ものすごい恥ずかしいことなんですけど。



…ということで。
謙虚さはこれからの僕にとても必要なことです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜福岡空港店。
福岡空港

出発まで少し時間が空いた時。
ふらっと寄るお店です。

しかし、場所柄常に慌ただしくて。
僕みたいに大きな荷物持ってる人も多いです。

また夏休みなどは圧倒的に家族が多くて、それだけで店内がカラフルになりますからおもしろいですね。

ただ気持ち的もゆっくりはできませんし、それをこの場所で求めてはいけません。

やはりふらっと寄るお店です。

でも。
黒エプロンスタッフの女性が、僕のタンブラーを見て『初めて見ました!』と言ってくれた瞬間。

あ、そうなんですか?

などと偉そうな顔で対応するあたり、どこにいってもええカッコしいだなぁと自己認識したのでした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

僕の職業観の一つなんですが『人にはそれぞれ個別的な職業能力』というものが備わっているのだろうなぁ…と。


仕事の為の資格や技能などと違い、もっと根源的なその人の中にある仕事をする上で活かせる潜在的能力と言いますか。


ちなみに僕がしているセラピストへの支援で、彼ら(そこで関わる人たちも)と携わると如実にそれが見えてきます。

アロマセラピストなので◯◯して…という発想よりも、
△△という個別職能を活かすからアロマセラピーが…
という視点で見るとやはり一人ひとり、伸びしろができる。


例えが正しいかわかりませんが、カメラという機械は一緒でも、レンズによって見えてくるもの、切り取られてくるものは違う。


広角レンズには広角レンズの。望遠レンズには望遠レンズの個別能力が備わっているからそのカメラを通してまったく別の作品が生み出される。



ですから“聞こえの近い”職種や活動スタイルでも、各々個別的な職業能力を活かさなければピントが合わず、もがく要因やミスマッチの原因となるんじゃないかな?と。

ちなみに他人のレンズのことはよく気づけても自分のレンズのこととなると…ねぇ(苦笑)

たまには自分のレンズを磨くこと忘れちゃうといつまでたってもピントがボヤけたりズレたままですから。

資格や技能ではなく元々備わる個別職能を知り磨いておく。


それが本当の自分磨き?だったりして。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


予定していたことが突然のキャンセルとなる。
まぁ相手のあることですから避けられないことでもあります。

そんな時、慌てて埋め合わせをしようとはしません。

予定が入った理由があるように。
キャンセルとなった理由もあるのだろうと。

不思議なもので、そうすると別の所から新たな展開の話がくる。

しかもそれは気づきにくい。
まるでそれは土の上に半分だけ見える種のようなもの。

たぶん予定通り物事が進んでいたら気づかなかったことかもしれません。

なので、その話にワクワクすることもなく。
うーん、なんだろ?という感じです。

でも予定がキャンセルとなったという流れがあるので、気づきのヒントにはなる。

そんな、自分の意志だけではどうにもならない展開の時は。

とにかくそのことで動いてみる。
そんな瞬発力が時には必要です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

情熱餃子


これ餃子。

決して綺麗とはいえないお店(ごめんなさいっ)ですが、これがまた美味しくて。

たぶんチェーン店でもないのでここでしか食べられません。

こだわりと、インパクトと、クオリティと。
そんなマイノリティー感が好きです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜札幌パセオ店
パセオ

今回、人と会うために訪れたこのお店。
あれ?いないぞ。

すると、奥まった所にもう一つの小部屋を見つけました。

初めて訪れた時はレジ奥の広いスペースにいたので気づきませんでした。

ガラス張りなので外からは丸見え。
でも一旦店内に入るとちょうど死角になるんです。

こういう空間は大好物です…

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

責任感もって。
よく言われることですし、社会や家庭という人との関わりを考えますとまずはそこからでしょう。

でも。
時々は、意識して無責任になることって大切だなぁと思うのです。

自分の中で“イッパイイッパイ”になってる時。

大抵は強い責任感を持つ必要のない事柄さえ、なんとかしようと気持ちと身体が動いているとき。

で、なかなかこれがタチが悪い。

まぁなんでも自分で解決できると思ったら大間違い。
それでも気合いとか、キャリアとか、立場とかでできると自分で自分に言い聞かせる。

でもすべて思った通りにはいかんのですよ。

そうして結局のところ、思ったパフォーマンスが出せずに、
挙句の果てには他が何もしてくれないなどと、他人のせいにし始めてしまう。

ね、タチ悪いでしょ?

僕はそういう自分はどうにも好きになれないので、時々は意識して無責任になろうと思うのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休み。
一般的に日本にはまとめての休みが年3回ほどでしょうか?

会社勤めしていない身ゆえ、あまり関係がないと思いきや。

なぜか毎回世間が休みになりますと。
いつも僕の体調がどっかしら悪くなります(苦笑)

しかも人から物凄く心配されるような体調不良ではなく
喉痛いとか、頭痛いとか、お腹痛いとか、ダルいとか、クシャミ止まらんとか。

まさにプチ体調不良。

昔はよりによってこの時期にかよっ!とタイミング悪い自分の身体に腹立ってましたが。

ま、最近はですね。
普段は気持ちが身体の軋みをなんとか取り持ってて、世間が休みになるとなんとなくニュートラルになるのでそんな風に現れるんだろうと。

なので気持ちと身体をバランスよく労わるようになりました。

こういった視点になれたのも。
ここ15年、身体や心のプロフェッショナルたちに囲まれる仕事をしているおかげかと。

ということで家のソファ。大活躍。


ソファ
(ちなみにこの画像はいただきものです)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

シゴトでもプライベートでも。
日頃何かと続けることって大事だなぁと思ってるのですが。

実はコレ、早く終わりを見つけておくことなんかなぁ?と思ってまして。
ま、逆説的な表現なんですが。

一つの事をなんとか続けようと常に考えてますと、結局後悔の連続なんです。

続けられなかったことへの。

でも常に小さな終わりを見つけておいて、“自身への小さな拍手”の積み重ねをしておくと。

新しいスタートへの気力を残すということでもある。

周囲からみて長く続けているように見える事柄でも、ものすごい沢山の小さな終了が積み重なってるだけなんでしょうね。


そうそう。
この事は、社会からの大きな拍手も要らなくなるというオマケもついてきます。

拍手

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
【植物はどんなに混植されても、決して己を失わない。人間よりはるかに卑怯ではない】〜曽野綾子(作家)

植物の持つシンプルさは今の自分にとってみれば、一つの学びに値します。

ほとんどの植物は自らの意思で植わる場所を決めることもできず。

与えられた環境で生きるしかない。

しかも途中で自らの品種を変えることもなく。
花を咲かせ実をつける。

大きく起動修正できるのも人間の卑怯さ(魅力)なのですが、
持って生まれた種に向き合ってみるのも時には必要だなぁと、家で栽培しているゴーヤとキュウリの見ながらふと思い出してました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今晩5年ぶりに高校時代の同窓会があるのですが。

こういった集まりは、数年数十年ぶりの再会を通して自分の歩みを振り返れるということですので、僕自身も楽しみにしています。

そういった意味で主催(幹事)をして思うのは、そんな場を提供することの喜び。

皆が久しぶりに再会してワイワイしてる姿を見るのはなかなかいいものです。


一方で。
同窓会など特別の集まりではなく、普段お店などを通してずっとそういった場を提供し続けているオーナーさんたちのことをふと思うのです。

僕が出会ってきたお店のオーナーさんたちに話を聞きますと。

オープンしている間ずーっと喜びが継続するというより、何かしら“一瞬の喜び”があるんだ、と。

それは、お客さん同士のやりとりであったり、「美味しい」とか「良かった」など掛けられる言葉だったり、スタッフの成長の軌跡だったり。

まさにオーナーたちは、何かしらその一瞬の喜びの為にずっと何かを考えアクションし続ける。

それは時に誰にも言えない苦しさにもなる。

そのことを全部ひっくるめて、その喜びと苦しみを内在させている背中を見て僕はリスペクトを抱くのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜上越店
上越店

新潟初というワケではないでしょうけど、このお店もオープン行列ができたとのことです。

やはり地元の方にとっても特別な存在だったのかもしれませんね。

夏休みに入っての昼間、地元の学生さんから主婦。そして家族連れなど。

レジ前には沢山の人が並んでいました。

建物は吹き抜けになっていて、二階も座席があるのですが。

ちなみにそのスペースは隣の公園などがよく見えて明るい雰囲気なんです。

ただ光のコントラストがあるということもあって、僕は個人的には一階が好きです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

瓦解する自分

様々な自己分析に自分をかけますと、大抵示されるのは
『人を支援する仕事だとその力を発揮しますよ』という指針。

ま、今の自分に対してOK出してればそんな指針となるよなぁと思いつつ。

ただそれに邁進するのではなく、どういった事を意識しなくちゃいけないか?なんて。

こと、人を支援するという仕事は
『自己顕示欲が強すぎると瓦解に向かう。』
それを意識しなくちゃと。

まぁ元々そういうスタンスの人間です。
表現も小慣れてますので『自己顕示欲なんて持ち合わせてません』的な風を装えるのでしょうけど。

…バレてますから。
結局、身近に集まってくる人間から順に離れていく。

そして。自分自身すらも瓦解する。
つまり、自分では一本筋通ったことしてるつもりでも、徐々に自分の中で瓦解が始まる。

すると瓦解は止められない。
なのでまったく違う自分の姿を演出していかなくてはいけなくなる。


…かといって“それ”が弱すぎると埋もれる感覚に苦しめられるわけです。

同業を支援する場合(教育やコンサルなど)は尚更、そのあたりのさじ加減がとても重要となる。

強すぎず弱すぎず。
瓦にも人間にも言えることなのでしょうか?

…とまぁ、先日屋根の瓦を修繕してたからぶっ倒れたのですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【新しい経験によって広げられた心は、決して元の形に戻ることはない】〜 オリバー・ウェンデル・ホームズ (作家)

経験というのはそれが自ら望んだものであろうと、そうでなかろうと。

ま、シナリオ通りにいかないというのが共通してますねぇ。

しかしそれは結果として心の形が広げられている。
そしてそれは元の形には二度と戻らない。と思えば。

なるほど、経験を終えた直後の心の形は常に歪(いびつ)なわけだ…

と同時にいつもいつもスタートラインに立てているという想いもまた、ふつふつと湧き上がってくるものです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

筆ペン


ちょっと前の妻の誕生日。
息子たちに「たまには手紙でも書きなさい」と。

ちなみに長男は律儀な性格。
レポート用紙に作文を書くように手紙を。

一方次男というと。
ほんの数分で『こんな感じでいい?』と見せてきたのがコレ。

聞けば初めて筆ペンを使ったとのこと。

哺乳類の身体構造、完全に無視した猫の絵すらも。
筆ペンだとかえってそれが味となるから不思議なもんです。

まぁ、こういうのをサラっとできてしまうって才能だよ。

…でさぁ。
最後の行『お』が抜けてるって。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


練り消し玉


たまたまリビングの机で何かノートに書き込んでる高2長男。ふでばこの横にドンっと置いてあったのが、

…いわゆる自家製練り消し玉。

日々大きくしていくためにはテクニックがあり、それを丁寧に説明してくれました。

僕も小学生のとき必死に作ったけど一円玉くらいの大きさが限界だった。

ちなみに写真のコレは約一ヶ月でこの状態というのですから凄い。

何が凄いって、その根気。

作ってて飽きないのか?と聞いたら
真顔で『いいえ』と一言。

あとそれだけ消しゴムを使うほどにノートに何かしら書き、消し直しているということ。(練り消し玉はあくまでも副産物なので)

まぁ、苦にならずにできてしまうってのは才能だよ。

明日は次男編をお届けします(ほんとか?)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

書籍でも、DVD教材でも、何か講座でも。
コンテンツを作るとき、すごいシンドイ作業が最初の段階で待っています。

きっかけそのものとしてはヒントをもらったりするわけなんですが…そこからがシンドイ。

誰からも何からも、あえて新たに何も吸収しない期間を設ける。

テーマが決まってから“ど真ん中の情報”を集めることの危機感が僕の中にはありまして。

今までの自分の中から浮かび上がってくるのを待つと言いますか。

そうしないとですね、やはりそれなりの人や情報の“右から左”となる。

それをまぁそれっぽく言えなくもないのですが、それやっちゃうと結局何かのコピーになってしまう。

実はそれが怖くて怖くて。

その瞬間だけはクリエイターきどり?なんです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

世の中は2ヶ月で10キロ減20キロ減など謳う所もございますが…。

しかし、決してコミットしてはいけないダイエット法。

思い起こせば今回の体調不良で水曜は一日中、経口補水液とゼリータイプの栄養補給食。

木曜の千葉のお仕事前にフラフラになりながら体重計に乗ったら3キロ減。

熱波の名古屋から同じく熱波の千葉へ(涙)

千葉の公開コンサルでは、声はかすれ気味ですし時々意識は遠のくし。

千葉のセラピスト仲間からは、痩せたというよりやつれましたね、とか『お大事に』と次々に言われ、帰りの新幹線では記憶がなく。

帰宅後体重計に乗ったらまたマイナス1キロ。
きっと脂肪よりも水分と筋肉だけが減ったのでしょう。

…こんな結果にコミットするヤツがいるとは思いませんけど(苦笑)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜新丸ビル店
新丸ビル

東京駅の丸の内地下出口付近は一瞬、人の流れが少なく感じる様なスペースがあります。

そこからポッと登場するのがこのお店。

この時期は前述のスペースに、小さなお子さんの家族連れがテクテク歩いています。

お母さんは乗り換えの場所まで早く行きたい。
手を握られたお子さんはキョロキョロしながらも歩く姿はとっても微笑ましく。

そんな中現れるこのお店はザ・東京の映像の中にインプットされるのかな?なんて。

素敵な思い出作って欲しいですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
たまたま二階の次男の部屋の窓を開けて空気入れ替えてましたら。
屋根の瓦がちょっとズレてまして。

で、昨日少し早く帰って漆喰片手に修繕してたんです。

その晩からですよ。
めまいはするは、身体はほてるは、くだすはと久しぶりのダウンです。
今朝病院にいって症状伝えたら、熱中症か胃腸風邪だろうと。

午後から関東に…とお医者さんに話したら
『バカか?お前』みたいな感じで。

今日のお仕事は泣く泣くキャンセル。
せめてしっかり治して明日千葉にはいける様に。

屋根なんかに登るんじゃなかった…

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日は明るいうちから小料理屋さんで美味しい肴をいただいてました。

と言いますのも。

先日のブルームーンの日。
同名のサロンを一旦閉じ、新たなスタイルを模索し始めた仲間と、
今春に10年以上勤めた議員秘書という立場から議員というステージに移った仲間。

ま…理由は後付けで、とにかく逢おうや、と。

僕にとってはかけがえのない仲間である彼らは今年になり、
『始めの終わり。終わりの始まり。』
つまりターニングポイントの期間ですね。

ライフデザインをそれぞれが描き、それぞれの道を進んでいる。

つい、ターニングポイントと言うと派手なことが語られ(表現され)がちですが。

肴に舌鼓を打ちながら耳にしたことは、

《サロン閉店直後に10年以上前のアルバイト一人一人に連絡を取り感謝の言葉を伝えた。》

《決して人目につかない所や選挙後や早朝でも 、凛とした所作を崩さず変わらず立ち続ける。》

『人にはこう見られるだろうな…』そんな想いで行動すると周囲は敏感に察します。

派手でなくとも必要だと思うことをひっそり淡々とできる彼らから学ぶことの方が多い。

ま、僕がこうしてバラしちゃってますけど。
肴



◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。】〜羽生善治(将棋棋士)

分岐点とは分かれ道。

成果が出ないなど、思った通りにいかない時にフツフツと浮かび上がってくるのが、不安や恐れや迷いではありますが。

常にその分岐点を通りすぎながら今の自分があると思えば。

そういったのを吹っ切って一歩踏み出すそのときにこそ、一番のエネルギーをかけるだけの価値がある。

成長の分岐点とは、自分への期待に満ちた瞬間でもありますから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)




スタバ探訪記〜福岡大濠公園店。
福岡池

福岡に訪れたときには必ず一度は寄りたいなぁと思うお店。

コンセプトショップということもあり、外から見ても様になります。

店内は地元の人も、観光客も、他店のスタッフもいます。

ちなみに他店のスタッフはプライベートで来ているので普段着なんですが、これがまた雰囲気で分かってしまいます。

ワクワクしながら店内をキョロキョロ。

そして目の前の光景は池と、ランニングやサイクリング用の道。

右から左から人が流れていくのもまたスライドショーを見てるみたいです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨晩ふと見たテレビの中でその話をされている方がいて。

多くの日本人が子どもの頃、一度は聞いたことのあるお話。
改めてこの歳になって、なるほどそりゃそうだなぁって。

視点の違いがあの結果を産んだ、という。

ウサギはカメ(相手)を常に見ていた。
カメは山のふもと(ゴール)を常に見ていた。

カメは眠りこけるウサギを追い抜かす際に、決してウサギを見なかった(のだろう)

ウサギはハッと起きた時に、カメの姿を探した。

いやがおうでも競争という枠の中に組み込まれる社会の中で、どこに視点をもっておくか?

(追い抜かすなど)状況が大きく変化する中にあってもその視点を変えずにいられるか?

ウサギはカメに負けたことを悔しがったけど、
カメはウサギに勝ったことより、ゴールしたことを喜ぶ。

…そんなお話の終わりを勝手に想像してました。

ウサギとカメ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

Powered by FC2 Blog