セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中洲

博多にて屋台のハシゴ。
高校生の息子たちは大満足のようでした。

しかしですよ、それだけでパッと帰る訳にはいかんのですよ。

で、聞いたわけです。
『そっちはどんなん?』と。

『ん?海岸線眺めてからの朝市。生牡蠣。活きイカ。』

…即答だな。

ということで今日のテーマは九州日本海の堪能ということになりそうです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト
年末年始、家でぼーっとするのもなんなんで。
家族でどっかに出かけるぞと。

高校生男子のモチベーションを上げる
…となるとやはり“食”

『食べにいくぞ』
『どこ?』
『博多で屋台のハシゴ。』

『▲✖️○◆□!!』

飛行機チケットとホテルはなんとか取れたので今から“屋台のハシゴ”へ出発。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【心に余裕があるときに、空を見るのではありません。空を見るから、心に余裕ができます】〜作者不詳

朝日でも夕日でも。夜空でも日中でも。

ふと空を見上げて「あ、綺麗だなぁ」と思う瞬間があるから、ふっと肩の力がいい感じに抜ける。

僕自身もそんなことが数え切れないほどありました。

確かに肩の力が抜けたから空を見上げたということではなかったですねぇ。

自分に余裕がないと一瞬でも感じられたら、“外に出てアゴを上にあげる”くらいのスイッチを自分の中に持っててもいいのかもしれませんね。

つまりは何事においても。
「また余裕ができてからやろうと思います。」

そんな思いは、いつまでたっても準備段階のままだということなのでしょう。

空を

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
午前で今年最後の事務仕事を終えて、
スタバで一息。

まぁひとり勝手に一年を振り返っていまして。

『あぁこれからも。どんどん“お題を出せるニンゲン”でありたいなぁ』と。

信頼できる人に何かを頼まれるとそれに応えたい、というのはよく言われることですし僕も実際にそうです。

だからこそ、周囲にいる人や関わる人に対して“お題を出せるニンゲン”でありたいなと。

それも、次から次へとお題を出していけるようなニンゲン。

それは他でもない自分に対しても。

つまり、自分が自分に信頼できなきゃその次のことなんてできないってことなんだろーな。

自分で自分にお題を出し続けられる。

来年からと言わず、今までもそして今日からもそうありたく。
シチズン


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜西本町店
西本町

珍しく外のテラスで頂こうかなと。

風は冷たいのですが、耐えられないほどでもなく。

道沿い歩く人たちもいて、ニンゲンウォッチングにはもってこい。

でも、目の前の大きな交差点で止まる観光バスから逆にじーっと見られてる感覚が。

海外の観光客なんでしょうか。

スタバはネームバリューがあるかと思うのですが、
『あ!スタバだぞ』みたいな感じでやりとりしてます。時々はカメラ向けられたり。

ポーズとるわけにもいかず、スタバのテラスに座る客を演じようとしてるあたり。

決してくつろいでるとは言えず…

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨晩家族で一緒に食事をしたのですが、そこで息子たちに一年をねぎらう意味でちょっとしたプレゼントを手渡しました。

小さい頃はプラレールとか戦隊モノをオモチャ屋さんで選んでました。

それを持って飛び跳ねながらレジに向かう姿なんかが可愛くて。

ちなみに今。
リクエストされたのはポラロイド系のカメラであったり懐中時計であったり。

それぞれ欲しいものをアマゾンでチェックしてもらい、それを僕がワンクリックで購入しておくという。

ずいぶんその辺りは変化しましたね。

でも。
それを受け取った時の表情は小さい頃から変わらない。

鼻モゾモゾさせたり、両手合わせてみたり。

相手のそんな反応を見て、変わらないことや変わったことへの喜びを味わう。

プレゼントというのは、変わり変わらない日常のシアワセを再確認したいからなのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


この時期になりますと、長く勤められた組織を離れると公言される方に身近に出会います。

長い期間。もしくはその立場ゆえに。
おそらく決意&根回しを終え、来年三月に退社…のようなカタチなのでしょうか。

ちなみに僕は利害関係者ではないので、
その人の今までの歩みとこれからの歩みを雑談として聞いてるだけなのですが。

彼らはその後、フリーランスとなる方だけでなく新たな組織に属する人もいます。

その一つひとつの決断と行動はやはり尊いものですね。

実はそういった雑談の中で共通の言葉が僕の中で浮かび上がってきます。それが、

安定ゆえの不安感。
不安定ゆえの喜び。

振り返れば当時、安定しているがゆえの不安感が漠然と自分を取り巻いていたと。

また、新たなステージに移るという点で、フリーランスであろうと組織所属であろうと最初は足元がふらつく。

でもそれこそが喜びの第一歩なのだと。

今までの一つひとつの経験が自分の中でストーリーとなり、その先のシナリオが描けなくなってきたときに。

不安感が自分を包み込む。
そして次のステージを見据えるようになる。

その決断が新たなシナリオを描く第一歩となることを願いつつ…雑談は続くのです。
高島屋

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
たとえばマーケティングの世界では、
『知らせたい人に、知らせたいことを、ベストなタイミングで知らせる』ということが語られます。

実は僕自身それがどんどん難しくなってきているなぁと痛感しています。

それはなかなか人に知られないというより、
むしろ知られ過ぎてしまう。

知られなくてもいい対象?に、望まないカタチ(ニュアンスやタイミング)という点で。

情報発信方法が発達する、ということはすなわち。

それを各個人がコントロールすることが益々難しくなってきている。

どんどんそんな世の中になっているんじゃないかと。

そうであるがゆえに、僕個人がやるべきことすべきことはなにか?と言えば。

仁義を果たすといいますか、スジを通すといいますか。(なんか言い回しが任侠っぽいな)

それも自分の歩んできた過去に対してのそれを。

それを“なかったこと”にすると、
たとえ発するものが、どんなに立派であっても。

とたんに薄っぺらいものになって“拡散”されていく。

今の自分がカタチ造られた過去の出来事や出会ってきた人、関わったプロジェクト(チーム)などなど。

年の瀬押し迫るこの時期だからこそ、振り返る必要があると思うのです。

年の瀬

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スマフォの性能があがり、SNSをするようになって。

写真を撮ることが滅法増えまして。

自分としては苦手意識があるのですが、その中でも特に食べ物の画像を撮ることは少ないです。

…だってすぐ食べたい。

箸でもフォークでもスプーンでもいいから、
真っ先にスボッ!としたいわけです。

もちろん礼儀として撮影しないことの方が圧倒的に多い中、
たまに修行してるみたいに気持ちを整えて撮ってみるか、と。

(先日長男を迎えにいく途中)ショッピングモールのファーストフード店のたこ焼きを撮影してみることに。
たこ焼き


ゆらゆらと揺れるカツオ節を見て。

あぁ箸よりも先に。
この顔をうずめたくなる…その中心部に。

さぁ早く撮るんだっ!

カツオ節が自分の身に起こった出来事に気づき、その身を諦め、動きを止めてしまう前に。

うーん。写真の一つ一つには物語がある。

なんかすいません…朝からどーでもいい話で。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
大人になって新たに勉強を始める。

学生の頃より勉強そのものは楽しいのに、
『あれ、俺ってこんなにダメだったっけ?』と、吸収率の悪さにうちのめされます。

そんなときには。

僕は環境をどんどん変えていきます。
どうやら、大きく3.4つのカテゴリーに分けられるようです。

◆◆◆◇◇◇
◆その1.知識をインプットするときは、あえてざわついている場所を選ぶ。

なぜか周囲がザワザワしているときの方が頭の中に入ってきやすい。

周囲のやりとりなど“音”があった方が記憶の定着がいいみたい。

これは普段利用しているスタバ、特に日中から夜など沢山のお客さんがいる時なんかが僕のケース。

◆その2.記述形式などアウトプットの学びのときは静寂の場所。

逆に学んだことを記述したり、レポートにまとめるときなどは思いっきり静かな所がいいようです。

まるで自分の走らす鉛筆の音がエンジン音みたいで。

場所でいうと図書館や早朝のスタバ(BGMかけるのをお店の人が忘れていたら尚ベスト)。

◆その3.復習や流し読みのときは、移動しているとき。

電車でも飛行機でも。どんどん景色が変わるような移動のときには書き物はあまりせず流し読みを。

眠たくなってきたらそのままウトウトと。

◆その4.全体像を掴むときには、天井の高い場所で。

僕のクセで全体像を掴むときには天井を見上げます。

その時に天井が高いと視界が広がり、視点も広がる気がするので。

ホテル併設のカフェやスタバでも天井の高いお店などがありますので、その近くに用事があるときにはそんな場所に足を運びます。

◆◆◆◇◇◇
僕にとって新たな学びやそれに伴って意識的に場所を変えるという行為は、
時間と共に錆びつきがちな五感に刺激を与えているようなものです。

まぁ、結局は。
色んな所に足運びたいという言い訳ですけど。

天井


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

実は昨晩から今の今まで何もかも手につかない状態でして。

と言いますのも。
車&家&事務所のカギがどこにいったのかわからなくなっちゃって。

昨晩家に帰ってキッチンでバタバタしていた所までは覚えていたのです。

うーん。身の回りどこ探してもない。

あ!昨晩寄った“こんどう珈琲”に忘れたんだ。

オーナーは高校のラグビー同級。
今朝7時オープン直後に顔出して
『カギ落ちてただろ?スマンスマン』と、入っていったら席周りを探して一言。

『ないぞ、そんなの』

マジか?

でその足で整形外科の病院へ。
でも今は折れた肋骨よりも僕のカギの行方です。

整形外科の先生がレントゲン写真見ながら
『なにか気になること、聞きたいことなどありませんか?』と言うので。

『センセ、僕の家のカギ知りません?』と聞いたら、
『レントゲン写真には写ってないぞ』と即答。

病院から再度家に戻り、キッチンはもちろんのこと、自分の書斎からベッド、ソファひっくり返す。(肋骨がギシギシ痛むぜ)

うーん、でもやっぱりない。
とりあえず、これから出張があるので出かけることに。

で、玄関出て外に置いてあったゴミ袋を移動させようと持ち上げたら…カチャカチャと金属の擦れる音が!

どうも昨晩キッチンでバタバタしてた時にゴミ箱に落ち、それをそのあとまとめて外に出していた、というのが今回の顛末。

人生迷ったら、原点に。

それと業務連絡を。
えー。こんどう珈琲オーナーと整形外科の先生。鍵見つかりましたので…

鍵

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜なんばウォーク店
なんばウォーク

まだほとんどのお店が閉まっている地下街の早朝。

そんな中オープンしているというのは、全国の地下街にあるスタバの特徴の一つかもしれません。

店内はこの環境にしてはとっても広くとられています。

1人掛けのソファは残念ながらありませんが、長いソファにはクッションがあるんです。
これがまたリラックス効果を高めてくれます。

ただ、あんまりにもリラックスし過ぎてくつろぐと白い目で見られますので注意が必要です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【危機の際には生地が出てくる】〜河合隼雄(心理学者「こころの処方箋」より)

今朝の新聞のコラムに取り上げられていまして。

危機というのは、誰が見てもそうと思うときもあれば誰も気づかないときもある。

でも生地が出てくるその姿を見せられたときに、
あぁ今、危機なのだと気づかされる。
それは周囲の誰かであっても、自分自身であっても。

生地といいますとなんだか“パンの生地”をイメージしちゃいましたので、
それってとってもシンプルで柔らかく温かい。だから色んなカタチにできるのかな?

僕は危機の時こそ、そんな生地に最初に注目したい。

僕の中のそれは、
突然にやってくる危機をどう捉え、
どう受け止めて、包み込んだり、カタチを変えていけるのか?

うーん、生地かぁ。なるほど。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


品川

眠い目をこすりながら始発から2本目の新幹線で名古屋に戻る最中。

実はこれから高1次男の三者面談がありまして。

ここ数年は保護者の一人として僕が三者面談に行くことが多いんです。

夫婦互いの日中の予定など物理的な理由もあるのですが、長男次男共に高学年になってからは可能な限り僕が行くよ、と。

と、言いますのも僕個人がすごく楽しみにしてまして。

親が知らない学校の様子を聞くだけでなく
本人の持つ潜在的な可能性や将来のキャリアに対する先生の考えなんかを聞くのは逆にこっちがワクワクしてくるわけです。

近々の期末テストの結果とかは…まぁどーでもよく。

本人にとっても。
親にも教師にも自分に期待されるテーマがあると知るというのは、いいことなんじゃないかな?

なんせ彼ら、期待されると伸びるオトコたちなので。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜千葉センシティタワー店。
千葉センチュリー

ちょうど先月も利用したのですが、
クリスマスムードがより一層?高まっておりました。

入店したとき満席でした。

でもちょっとだけ待っていれば席数が多いので大丈夫そう。

最近はなんとなく、
『あぁこの方帰られるな?』というのが分かるようになりました。

“その席座りたい光線”は出していないとは思うんですけど…。


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨晩のこと。
以前からお世話になっている渋谷のカラーカウンセリング&カフェバーにふらっと。

幸い?お客さんも少なく、カウンター越しのマスターとオーナーセラピストを独占できました。

ゆっくりとした時間が流れる中で、オーナーセラピストとカウンターのマスターを交えて色んな話をしたのですが。

僕の悪いクセなのか、親しくさせてもらいますとカウンターごしに仕事をされている人など不特定多数の人と関わる他業種の方に、一つ質問しちゃいます。

『カウンター越しに座るお客さん。発する言葉や社会的ポジションとは違う何かを感じ取ることってありませんか?』

ま、一般的にはオーラとか醸し出す雰囲気とかのことですが、その人なりの言葉で表現してもらいたく。

もちろん、意識して感じ取らないとか感じ取れない方についてはそこで話題が終わるのですが、たまに差し支えない範囲で語ってくれることがあります。

今回もとっても興味深かったです。

例えば、このお店にはオリンピックのメダリストも何人かいらっしゃるとのことですが、ただ単にオリンピックに出場する様なアスリートというだけでもやはり独特のものがあるそう。

でも実はその競技種目によってまったく醸し出すモノが違うとのこと。

そういった違いを含めて色んな話を聞けました。

ちなみに今回お話してくれたマスターは質感派。で、オーナーセラピストは色彩派。

同じ人を受け取るにしても、色々な受け取り方(受信感度)があるのですねぇ。

ちなみに僕は質感や色彩については鈍いのですが、
妄想とはいえ、その人の過去から現在、未来といった映像がイメージされますのでさながらストーリー派?

その人その人のもつオーラや雰囲気に違いがあるように、
それぞれの受け取り方にも違いがあって面白い。

スプリングノート
http://www.spring-note.com

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


講師の働きをしていまして、受講者ひとりひとりを見ていますと。

とっても素敵な学びをしているなぁと思う人を時折見かけます。

それが、他人事を上手に自分事にできる人。

最近は講師の一方的な講義というより、講師と受講者との直接的なやりとりが講義の中に存分に組み込まれているかと思います。

講師の側に立った際、やりとりしている当事者以外の他の受講者を第三の目?で観察していますと。

スイッチがオフな人やあくまでも他人事と思っている人とは別に。
どんなケースや質問であっても、上手に自分に置き換えて考えているんだろうなぁ…という人がいます。

別の言い方をすれば、今の自分から視点を少しだけずらせる人と言いましょうか。

そうしておきますと、自分の中で事例を沢山増やせるだけでなく講義ごとの本質を早く見極められるようになる。

きっとこれは講義だけに限らない、オトナの素敵な学び方なのかもしれませんね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

オープン直後の早朝スタバにいくと。
他のお客さんもいません。

ん?なんかいつもと違うぞ。

あ、BGMかけ忘れる。

そのままにして過ごしてましたらふと、
いかに普段、作られた音が僕の周囲にあるか?に気づかされまして。

今どこのスタバでもクリスマスソングですし、家の中ではテレビであったり、車の移動ではラジオであったり。

まったくの無音状態でないにしても。
たまには自然音や生活音、活動音だけの空間に身を置くっていいかも。

…と、気づかせてくれたスタッフさんに感謝。

無音状態

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


個人を対象としたコンサルの中で耳にすることとして全国津々浦々、どんな対象の方でも、年齢性別、キャリア関係なく。

僕たちが何らかのアクションを起こし、
新たな変化を受け止めていく上で、

どうも妬みや嫉妬を“受ける”こと、
避けられないようです。

そんな時に『妬みと嫉妬の違いってあるんじゃないでしょうか?』とお話しします。

自分ができそうなのにできていない現実から、やれている事象に対する感情が妬みであり、
元々あるものを奪われる、失うと感じることから湧き起こるのが嫉妬であるとするならば。

それを“一つひとつ整理”して、感情の渦に飲み込まそうな所から脱っするためには?なんて。

すると、
『ネタまれシットされるって。シアワセなんですねぇ』
そんな表現をされる方もいますから面白いですね。

まぁ。
僕個人としては、たまには。がいいです。

これ、ニンゲンの器の問題上。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


続きを読む »

朝の散歩のときやスタバにいるとき。
車や電車、飛行機なんかの移動中。
シャワー浴びてるときや銭湯なんかの大きな湯船の中でも。

色々頭の中で思い巡らせたのちに
『やるか』という僕の中でのスイッチが入る瞬間。

無意識に深呼吸しています。

鼻から一気に吸って、脳みそに空気を通して。同時に胸の中の風船膨らませて、口からゆっくり。

特に誰かから教えられたというわけではないですが、たまたま映像でみたアスリートがそれやってまして。

カッコつけてマネしてたら、無意識のうちにやってたようです。

しかしここ数日それをものすごく意識せざるを得ません。

鼻から一気に吸った瞬間に。
折れた肋骨がミシミシ!と(涙)

ちなみに僕のするクオリティの低い家事への言い訳に、
『肋骨折れて一番辛いのは、僕の中のルーティーンが邪魔されること。たとえば家事とか?』と、妻にさりげなく語ろうかと思いましたが。

今はなにやっても勝てる気がしないのでやめときます。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【人が拒絶を理解するのは、猫に無視されればよい】〜アノン(情報不詳)

しかしまぁ猫ってのは。

決して自分に向けられた悪意はなく、己のペースでこっちを拒絶する。

確かにそのときは腹が立ちますけど、それを繰り返すうちに相手(猫)のことを慮れるようになってきて。

暑いのかな?
いや、寒いのかな?
まてよ、おなかすいたのかな?と。

もしかしますと。
拒絶される(されたと受け止める)ことを色んな側面から眺めてみたり、心地よく?感じられるようになったのは、彼らからの教えだったかも。

まぁもっとも。
それを人間社会にも適応できれば、尚よしということで。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

『10〜20年後になくなる仕事』

(人工知能が発達することを前提で)大手シンクタンクが発表し、つい一週間ほど前にニュースになってました。

僕が見たテレビニュースなどでは
『10〜20年後になくなる仕事』について取り上げられていて。

実はその元となった記事をネットで目を通してみましたら、
『10〜20年後なくならない仕事』というのも合わせて発表されていたんですね。

代替可能性が低い職業(つまり10〜20年後なくならない仕事)ということでそこに目を通してみたら。

僕自身ご縁ある方たちの職業名が本当に沢山ありまして。

アロマセラピスト、各種カウンセラー(学校、教育、産業など)、柔道整復師、鍼灸師、ネイルアーティストなどなど、100挙げられた中で16.7職種。

1990年代後半からのセラピスト向け支援事業を通しての出会い。

うーん。なんだか感慨深くて。

と、言いますのも1990年代後半セラピストと言われる職種(またはそれに関わる)は世間にて語られ評価されることも少なく、
いわば公に語られる存在ではありませんでした。

そんな“明日存在するかもわからなかった”産まれたての時代から、
大手シンクタンクで職業名として並べられるようになる。

しかも“10〜20年後でもなくならない仕事”として。

それは、先人たちがまだ職業として認められていない時代に歩みを積み重ねていったという、たった一つの事実によって。

先人たちの歩みに感謝。

10〜20年後なくならない仕事としてだけでなくこれからは、
社会からより必要とされる職業。たとえば、

次世代の子どもたちが将来なりたい仕事として常に挙げられるような職業となって欲しい。

うーん。
その為にまだまだやることあるなぁ。

【引用元:日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10~20年後 NRI試算】
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1512/02/news111.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

なんか脇腹痛いなぁ痛いなぁと思ってましたら。
何番めかの肋骨が折れてました。

どうも思い当たるのは。
先週、大阪のホテルで寝室のカーテンがちょっとだけ“フニャ”となってまして。

それを身体横たえながら引こうと手を伸ばした時にベッドの端っこで、コリコリコリ…ポロン(涙)

人間ハープか?

数日経って荷物持っても、車の乗り降りも、鼻をすすっても、咳ばらいしても、なんだか痛い。

念のため病院でレントゲンだけ撮ってもらったら。
整形外科の先生が一言。

『いっとんな、コレ』

なんか…どうせ肋骨折るなら。

路上に飛び出した子猫を助けてとか、
せめてカッコ良く折りたかった。

ま、でも痛みのない生活がいかにありがたいかを知れただけでも良しとするか。

あぁイタっ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


僕が関わる、時に僕自身もその部類に入るであろう対人援助職という仕事。

目の前の人の状況や状態を適切に受け止めて、最善を提案したり、サポートしたりする仕事。(と認識してます)

その分野にまつわる様々な専門的知識や技能に対するたゆまない学びが求められます。

そのために時間やコストをかけて取り組む。
やえもすると無限ループのように終わりなく、ひたすら。

しかし。
プロフェッショナルのステージにあがったものが、知識や技能をひたすら近視眼的に学び続けることが正解か?と考えることもあります。

それはまるで自身の中のポケットに溢れんばかりの飴を詰め込んでいるかのようです。

専門職であるがゆえにどうしても近視眼的な見方になる中、
自身の中に常になんでも入れられるフリーポケットみたいなものを持ってないといけないなぁって。

自分の中でのフリーの部分があるからこそ。

目の前のクライエントやお客さまのちょっとした態度やコメントであったり、
まったく違う分野のプロフェッショナルの発想であったり、
プライベートで見聞きしたことや体験したことにこそ。

今得るべき学びの種が眠ってることに気づける。

それはすぐに一杯にはなりませんが、少しずつ入ってくるだけでずっしりと重い。

ポケットが空っぽだと不安で不安で仕方なかったのですが、空けておいたからこその学びの種。

自身の中のフリーポケットの中身こそ、その分野における厚みと幅になるのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
出張から戻り事務所に久しぶりに到着すると、大抵山の様な郵便物が届いています。

DMもあれば請求書類の類も。

そんな時に。
一番最初に封を開けたくなる、もしくは文面を読みたくなるのは宛名が手書きのものです。

内容がなんであれ、これは条件反射ですね。

◆◆◆◇◇◇
さて、今回もいくつかそんな郵便物があったのですが、その中の一つに先日スチール撮影してくれたカメラマンからのものが。

そのカメラマンに依頼したのは今回初めてでした。

スーツスタイルの画像はそんなに使用する必要性がなかったのですが、そういったケースも増えてくるだろうと。

で、DVDにまとめてもらった納品物そのものがまた洒落てて!

最初、開封したときは
『卓上カレンダーかな?』と。

二度見して。
あ、コレ俺だ。

そうと気づいたら他の郵便物(特に請求書)などはそっちのけですわ。

パソコン立ち上げてカチカチ、マジマジ。
画像を眺めてニマニマと。

自分の知らない自分を描かれる(表現される)というのは、なんだかドキドキするものですねぇ。

僕は職業柄、相手がどんな点でプロフェッショナルか?を自分なりに眺めてしまうクセがあるのですが、

彼女(カメラマン)は、見た目もやりとりしててもアクが決して強くないのに被写体の色んな面を引き出す能力の高いプロフェッショナルでした。

つまり気持ちよく色んな面を引き出されました。
そうするとこんな雰囲気となるのだと。

しかし。他の郵便物そっちのけで自分の画像をニマニマしながら眺めている後ろ姿は事務所にいるスタッフからみて相当痛かったろうと…

卓上カレンダー


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜ビーンズ赤羽店
赤羽

店内にソファスペースがないのはちょっと残念。

でも(駅構内にあるお店にしては)利用される方は落ち着いた雰囲気を持って思い思いに過ごしてます。

寒い朝だったのですが、今回はアイスコーヒーをいただきました。
少しクールダウンしたくて。

このお店で印象的なのは、壁がレンガだということ。
壁紙という訳ではなく本物のレンガの材質です。

もちろんそれで壁を支えているというより、デザインとしてだとは思うのですが。

時々すすーっと手で触ったりしてます。
肌触りも冷やっとして感覚的に気持ちいいんです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


それはオオサカという街。

仕事を通して色んな地域に足を運びますが、オオサカという街はいつまでたっても興味深い街の一つ。

キタやミナミなど。
オオサカを一括りにはできませんが、散策してますと街全体に興味が湧いてきます。

今回は日中予定が空き。
妻の郷里ということもあったので、ふらっと寄ってお茶でもと妻の実家へ行ってきました。

すると、彼女の子どもの頃の話を聞かせてもらえる。

彼女の生まれ育った当時の、街の雰囲気を想像しながら話を聞くのはとっても興味深い(それも本人がいないときに)

オオサカ公園

ちなみに写真は彼女が育った商店街と併設の公園。

彼女はよくここで年上の子どもを言葉巧みに仕切ってたそうです…。

ん?

僕が興味深く感じてるのは…オオサカだけじゃなさそうです。

ま、どちらにしましても。

何かあった時の“交渉ネタ”を一つ二つ仕入れたのが、今回の収穫ということで。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
穂口ヒント

著者とその書籍との記念写真。

つい写真撮影となると自然とこんな風(宣伝臭満載)になっちゃうんですよねぇ。。。

ただ今回は違いまして。

以前に預かってた本を二冊を届けただけでございます!

名古屋から大阪ですから宅急便で送った方がいいに決まってますが、
時々はこうして非効率なことをしなくちゃと。

と言いますのも、
雑談から産まれるヒントを求めてなので。

画像や文面からは見えてこない、いくつもの相手からの波を受けながらの。

まぁ普通の雑談でいいんです。

こうして付き合ってくれる人がいるだけでありがたいですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


様々な地域でフィットネス関連のプロフェッショナルたちと関わる事があります。

その時に彼の名前を伝えると大抵
「あぁ、あの!」となる人。

実は彼との出会いは最初からビジネスという訳ではありませんでした。

もう今から12.3年前になるのですかねぇ。
ある学びの場で出会ったのですが、こうしてたまに情報交換できるというのはありがたいですね。

今回は一つ魅力的なプロジェクトを持ってきてくれました。

実はその縁(12.3年前の勉強会)で知り合ったメンバーとは“再びの接点”が生まれてて。

北海道で震災避難者を支援する一般社団法人に関わっていたり、
名古屋で柔道整復師として力強く展開かけていたり。

最初から自らのビジネスに直結させて出会う人たちも大切な繋がりと言えますが、

学ぶ場や住んでいる地域など利害関係のない段階で出会った人たち(ノンステークホルダー)と、
その後“再びの接点”から関係性を発展させ着火させていくというのは、
とても価値あることだと思うのです。

なぜなら。僕にとっては『まず人ありき』ですから。

たとえどんな分野においての第一人者であったとしても、
最後に着火するかどうかを決めるのはどうしたってそこに行き着きます。

彼と打ち合わせを終えて。
んじゃ久しぶりなんで写真でも!となりましたが。
これもまた、互いの歴史と変化を感じとっての一枚。

ま、どうしてもオッさん2人で自撮りはムリ…とスタッフに撮影をお願いしてだったのですが。

梅村

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog