セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

今まで、いわゆる協働しての仕事にたくさん関わり手がけてきました。

そこで僕がいつも大切にしたいなぁと考えてますのは、
『そのプロジェクトにおける自分の強点と弱点を的確に把握しておく』
ということでしょうか。

プロジェクトごとの想い(ビジョン)があり、共感してカタチとするために協働する。

しかし求められる役割がいつも微妙に違うのです。

その微妙な違いに鈍感になりますと、まずうまくいかない。

求められる役割に自分をどう当てはめることができるか?

それがプロジェクトあってこそ見えてくる自分の強点と弱点。

プロジェクト毎に強点と弱点が逆転したりするのですから面白いですね。

餅は餅屋と言いますが、これだけ変化の激しい時代です。
餅屋の中でも出せる餅の種類だって多種多様。

出過ぎず引っ込み過ぎず。

その辺りの事ができてる人間同士がプロジェクトごとに組んだり離れたり。

そんな、清々しいほどの関係性の背景には自分自身のプロフェッショナルとしての強烈な焦点ももちろん忘れてはいけませんね。

協働


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト
スタバ探訪記〜新栄葵町店
新栄葵町

ここのお店は今までなぜか夜に利用することが多くて。

今回も久しぶりに訪れましたらリニューアルされていました。

夕方から夜にかけての店舗。
満席でしたが、しばらくして二階の一番ハジっこのソファに座れてちょっとラッキー。

片側3車線の道に沢山の車が流れています。

目の前が地下鉄の入り口という立地ゆえ、どんどん人が吸い込まれていくのも街の灯に照らされて見えます。

このお店にくると夜のスタバもいいなぁと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨晩のこと。久しぶりに名古屋の高めな所で。
各分野のプロフェッショナルたちが、どーでもいいことを話すだけ?の集まりがありまして。そこに顔を出してきました。

僕にとっても気楽な時間で、たまにしか顔出せませんがとてもありがたく。

たまたまそこで出た話題。

どんな分野であっても、どんな仕事のシーンであっても。
『あー、今コレ詰めが甘いなぁ』という思いを抱くことってない?と。

もしかするとそれがプロとアマの違いとも言えますが、実は自分自身に対しての思いだったりする。

まぁそこそこできてる。
きっと受け手(素人)が見ればそれはそれで充分。

でも。
なんだろ、最後の詰めの部分なんだよなぁ。
うーん、よくわかんないけど、コレ詰めとかないと!というなんとも言えない押される感覚。

昨晩の集まりでその“詰め”を埋めたくなる感性ってなんだろね?と。

細部にこだわり、出来栄えにこだわり、反応にこだわる。

それは言い換えれば。

ワガママとしつこさとずうずうしさ。みたいなものかな?と。

そこいっとかないと、ずっとその分野で突ききれない。

各分野のプロフェッショナルというのは大抵自分のフィールドではワガママだし、しつこいし、ずうずうしいものなんだと。

そんなもんなんですかね?
まぁ…たしかに。

タワーマンション


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【彼らのストーリー、あなたのストーリー、私のストーリー〜ストーリーはいまわれわれの旅の過程で皆が持ち歩いているものである】〜ウィリアム・カルロス・ウィリアムズ(医師、詩人)

後になって振り返ると見えてくるストーリー。

自分のストーリーの中に登場してくれる多くの人もまた、自らのストーリーを持っていて。

家族や友人、仲間のストーリーの中で自分はイチ登場人物として起用されている。

みな監督であり主人公である各々のストーリー。

そこにイチ登場人物として起用されたのであれば、やはり役割をしっかりと演じたいわけです。

主役を喰っちゃわない、求められる役柄を演じきる。多少の遊びゴコロを持って。

その多様な役割を演じていくと、自らのストーリーもどんどん書き換わっていく。

そうであれば、きっとこれからも面白い展開になってくるはずです。

ストーリー

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜恵比寿ファーストスクエア店
恵比寿ファーストスクエア

このお店の特徴はなんといっても全部小さな六角形のテーブルなんです。

テラス席の大理石風テーブルでさえも!

利用したのはお昼過ぎだったのですが、おそらく周辺の人が仕事中に立ち寄ったりしていまして、ここで雑談をしているような。

でもその雑談の中にこそ、新たなアイディアや違う視点からの意見などが飛び交っている。

六角形のテーブルとコーヒーと雑談。
慌ただしさの中にあるリラックスタイム。

これもまた、なかなかいい雰囲気でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今年に入り僕と同世代の40代半ばから50代の方とやりとりする中で共通するキーワードが、

『自ら叱られる機会を創出せよ』というもの。

年齢を重ねていく中で圧倒的に少なくなるのが、叱られるということ。

それがどんなに理不尽な理由であっても、それがどんなに正論であっても。
叱責されたり指摘される機会は本当に少なくなります。

だからこそ、自ら叱られる(指摘される)機会を創出せよ。と。

もちろんピンポンダッシュとか反社会的な行為をしろということではなくて、
たとえそれが趣味等であっても、経験の浅い世界に飛び込んでみるとか日々の中で新たな習慣を生み出すとか。

そこで叱られたり指摘される。

それを自分の中でどう解釈し捉え直すか?という経験がなくなってしまうことが、本当に怖い。

以前叱られたことを美化し懐かしがりながら、年齢が若く経験の浅い方を怒る(ことでなんとなく安心する)風にはなりたくなく。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

『本当に無力だと思う』

そんなやりとりから始まった、昨晩久しぶりに会食した仲間。
思えばもう8年くらいになるのですね。

救命救急という最前線で活動する医師。
僕は彼をさん付けで、彼が僕をなぜか先生と呼ぶ不思議な関係。

彼を一人の医療従事者としてリスペクトするのは「目の前の患者さんによくなってもらいたい。」との思いが腹の底から“滲み出ている”から。

医療の世界も、常在戦場な彼の職場のことも垣間聞くだけですが、表向きの言葉だけでないその姿勢は何年経っても変わってない。

そんな彼が自分が提供したい医療の為に新たな道を歩み始めると聞いて。

自分の中にある無力さを常に感じながら、ただただ目の前の患者さんに向かう。

無力だと思うからこそ、日々真摯に目の前の患者さんに向き合える。

とってもシンプルですが、出逢った頃から変わらぬその姿勢。

盤面はシンプルだし、誰もが知る様なブランド物でないけれど。
内を見れば繊細に動き続けその役割を果たそうとしている。

まるで100年以上正確に時を刻み続けるこの懐中時計の様なオトコです。

その道をこれからも応援したく。

懐中時計


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜飯田橋サクラテラス店。
飯田橋

このお店も広い店内なんですが、日中はやはり混んでますね。

カウンターに座ったのですが、ここのカウンターの面白いのはレジの裏になっているというところです。

その窓の先にはレジ奥が丸見えという。
スタッフさんはどうなんでしょうねぇ?

★Rのお店ということもあり、店内のレイアウトデザインも素敵で居心地がいいですね。

おもしろいのは、入り口とレジの間にある円柱。

商品の陳列用かと思いきや、人が座れるようになっていて。
なんだかカプセル型の宇宙船に乗ってるみたいでした。

トイレでそこを通り過ぎるときなんか、思わずガン見しちゃいました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【直観てのは決して天性のものではない。 膨大な訓練と経験が生み出すもの】〜愚衛門(トリコ登場人物)

天賦の才など、生まれながらにして与えられたものへの憧れについて。

もともと“普通過ぎて中途半端に不器用”と自覚している僕自身、そういった類のものに憧れを抱いてきました。

一方でこの直観というのを、なんとなく周囲を見ていて実感するようになったのはつい最近のことです。

それは知識や経験がその根底に深く根ざしているもの。

たくさんたくさん、訓練と経験を積み重ね。
それを一旦自分の奥底にしまっておけるくらいになった時にここで言う直観が産み出されるようになる。

でも最初はそれに戸惑い、知識や経験をわざわざ引き出して浮かぶ直観を打ち消そうとする。

それでもまた。。。

そんな事が繰り返されて、直観を大切にするようになると。



『圧倒的な量の中にしか本質は眠っていない』と以前職人さんから聞いた言葉をも思い出しました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

先日彼女のiPhoneを6sに機種変しまして。

元々そういう機械ものにまったく興味を示さない彼女。
僕の時は一ヶ月前から“機種変祭り”が始まるというのに!

で、渡して一週間。
『(前のめりぎみに)使い勝手どう?』と聞いた僕。

「やっぱ6sはすごいねぇ!メッチャ早いしサクサク動く!」…くらいなリアクションしてくれたら。

『そーだろっ!?やっぱ今回の6sはさっ…』とやりとりしたい(いや、僕が一方的に語りたい)

『うん、ちょっと画面の滑りがイマイチで』とつれない返事。

はぁぁぁ?

(息継ぎなしでお読みください)
僕のiPhone6を機種変せず歯ぎしりしながら君のiPhoneを6sに変えるために携帯ショップのよくわかってない新人社員と事務手続きする僕の気持ちが君にわかるのかっ?

(息を止めてお読みください)
お尻の方から内臓に手突っ込まれて内からクルクル回しながらソーセージ仕様にされるくらい我慢ならないんだっ!


ちょっ。見せてみっ!

…なぁ自分で取ろうや。出荷時のフィルムくらいは(涙)

iPhone6s

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

出会った頃は、
『日本のフリーペーパージャンルを構築したチームメンバーの一人』

そして今。
『僕がとっても信頼してるエステ分野の支援者(コンサルタント)の一人』

久しぶりに食事でも、と東京駅で待ち合わせ。

でも、“ビジネスビジネス”した話をしたのか?と言うとまったくそんなことはなく。

どーでもいい話をずーっと。

夏場は浜辺近くの自宅から海パン姿で自転車で移動してるとか。

でも。それがいいわけで。

そしてポツリと彼が語った言葉が印象に残りました。

『退職して独立するときは完璧なビジネスモデルを作ったつもりだったけど、思ってたのと違うことばかりだった』

その道のプロである彼が言うわけですから、おそらく真実だったのでしょう。

でもどうして今。一つのスタイルを構築できたと思われますか?との僕の問いに一言。

『みんなから好かれ様とせずに、幅広い範囲で「よくわかんないけど嫌いじゃない」って思われたことかな。』

よくわかんないけど嫌いじゃない。
それってすごいスキルですね。

沖縄料理


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜ゲートシティ大崎店
ゲートシティ

皆さんは普段アイディアや考え事に詰まったときにどうされます?

以前記事としてブログにアップしたことがありますが※、僕は結構意味もなく上を見上げます。

さてこのお店。

駅側の入り口からビックステップという長いエスカレーターで降りてくると見えてきます。

とっても開放的で好きなお店です。

特に何か新たなことを考えたり、勉強したりする時にふと、このお店を利用したくなります。

と言うのもとっても天井が高くて、突き抜けた発想ができるかも?と思えるから。

そのためにわざわざ出張日程を前倒ししたりして向かうことがあります。

時々利用者の中で腕組みしながら天井見上げている人を見ると意味もなく仲間意識を持ってしまいますね。

※“錆びつきがちな五感”に刺激を。
http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-1629.html


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日たまたま講義の中でロールモデル(自分にとって具体的な行動や規範となる人)の話題となりまして。

以前僕はロールモデルとなる人は社会的な評価が高い存在だからかな?と思ってました。

しかし。
どうやらそれは一面では正しくもあり、間違いでもあるなと。

それはあくまで今現在のその人の姿かもしれないけど、ロールモデルを求める人の視点として、その人の今現在そのものよりも“そこに至るまでのプロセス”をじっと見ているんじゃないかな?と。

繰り返される様々な出来事をどう捉え、それをその後のアクションにどう活かし、自分1人ではどうにもならないような物事を含めその結果をどう受け止めているか?

ロールモデルを求める人は、その人のそんな背景を無意識に見いだし、自身に当てはめようとしているのではないかな?と。

もちろん。
その無意識な感覚より、意識しやすい社会的評価や数字や人繋がりだけの視点となりますと。

見出した人も見出された人もシンドイだろうなぁ…なんて。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

僕の場合は限りなくのサンポ、なんですが。
実はこれがなかなか良くて。
もうかれこれ一年半くらい続けてます。

◯◯のペースで!とか、肘を曲げて!とか、少し息が切れるくらいの!とか。
ウォーキング的な要素は…まるでなく。

ただなぜか僕の場合は早朝に限ります。
ちなみに昼間とか夕方とか夜とかはまったくサンポに出かける気にならず。

朝起きたら本当にすぐ。
目が覚めて平均して7.8分後には外に出る。

と言いますのも、僕は大体朝にブログなどの記事をアップすることが多いのですが、
ほとんどがサンポの最中にネタらしきものが浮かんできます。

なんて言ったらいいんでしょう。
月や星の形や位置とか、
季節の変わり目を感じる風とか、
毎朝必ず横目で見つめるヤツとか、
新聞配達のオジさんの歌声(by Choo Choo TRAIN)とか。

色んなインプットがあるので自ずとアウトプットも色んな切り口が生まれてきます。

たぶん脳科学的にはとか色々あるのでしょうけど、それ考えてもまたねぇ。

ま、ジジさんになっても大切にしたいルーティンです。

ちなみに写真の彼(もしくは彼女)がヤツなんですが、どれだけ正面に立っても必ず横目で見やがります。
さぎ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
先日僕の手元にフリーマガジンが送られてきました。

その表紙には
「西湘のママたちが主役のフリーマガジン」と小さく書かれています。

僕自身、西湘に住んでいるわけでもなく(当たり前ですがママでもなく)
ですが、毎号楽しみに目を通してるんです。

と言いますのもこのマガジンの編集人が僕の仲間ということもあって。

彼との出会いはセラピスト支援上のお仕事というものでしたが、
その後僕が主宰したレクチャリングアカデミーの東京一期として学んでくれたり、
ホメゴロシの会in東京を共に企画運営してくれたり。

◆◆◆◇◇◇
(僕の知る限りでしかありませんが)彼を見ていて今に至るまで本当に紆余曲折があったよなぁと。

でもこうして今、与えられたフィールドで活き活きと活躍している。

で、つくづく思うんです。

本人の思い通りに生きている人もそれはそれで素晴らしいけど。
思い通りにいかないような、紆余曲折ありながらも腐らずやってるニンゲンって本当に凄えな。と。

そんな人間が関わり産み出すものには独特の匂いがするんです。

きっと彼にしてもこれで“人生アガリ”ではなく、きっとまた色々あるはず。(ドラマや映画なんかとは違いますからね)

でもその中で生き抜いていくんだろうな、という将来への期待みたいなものがもつ独特の匂いなんです。

ママワークス

【ワイヤーママ西湘】
https://www.facebook.com/wiremamaseisho/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【経験とはあなたに起こった事柄ではない。 起こったことに対するあなたのしたことだ】~トーマスハクスリー(生物学者)

周囲から様々な体験を見聞きする。

その人がそれをどう捉え、どうしたのか?を聞くのはとても興味深く。

同じ出来事でもこれだけ違うのか?と思います。

それを僕に言葉として(上手に)伝えてくれる人もいます。

また、自身の中に染み込ませている人もいます。

染み込ませてる人は。
その体験を淡々と事実に照らして語ってくれます。

でも、そこからその人が何を感じ取ったか?というのは聞いててやはりその場にいるものとしてなんとなくでも感じ取れます。

つまり。
起こった出来事から内で起こってる自らの変化をどう受け止めているか?

それがその人の全体像をカタチ作っていくのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜ルミネ藤沢店
ルミネ藤沢

前回は3時くらいの激混みタイム。
中央の野太い柱を目の前にしてのひと時でした。

今回は朝7時台ということで、ソファには座れたのですがテナントとして入るモールそのものがまだオープンしていない所も多く。

窓の外には準備中の景色が広がってます。

でも今までスタバを利用するまでそんな風景を間近にみることもなかったので、ある意味新鮮ですね。

朝早くから手際よく荷物の搬入などを行ってます。

いやはや本当にお疲れ様でございます。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今朝見た夢。

疎遠になってしまっている知人とバーのカウンターみたいな場所で。

彼が僕に対してわだかまりがあったということを伝え、僕がまったくそのことを認識できていなかったという夢。

彼の話に耳を傾けながら。
スポットライトに照らされたカウンターの木目をずっと眺めてました。

もちろん夢なのですが。

◆◆◆◇◇◇
『人そのものとぶつからない。わだかまりをなくす。』ということを人はもっと評価していいし、それを当たり前にできると考えちゃいけないな、と。

時に物事に対する考えや意見を対峙させつつも、相手へのリスペクトを持ち続けるという事への評価。

やはり。
わだかまりを含め様々なイメージを抱かれている自分を、自分自身は適切に気づいていない。
…もしくは気づかないふりをしている。

しばらくしてまた間接的にその事実を知り愕然としたり、やっぱり…と自覚する。(今朝の夢の自分でした)

少なくとも僕が関わった人からそう持たれている可能性は大いにあるのだ、という認識は持ち続けていきたい。

と、今朝の夢から教えられました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


『いやぁまさにビンボーヒマなしで』

久しぶりに会った仲間とやりとりするときなど、よく冗談めかしてこの言葉を使います(ま、あながち冗談ではないのですが…)

ある時、おそらく同世代で活発に活動されている女性が僕に
「そんなこと口に出してはダメよ。発した通りになるから」と。

なるほど。いわゆる発した言葉の通りの人生となるってやつですね?

そして先日のこと。
おそらく70代、穏やかに生活されている方との会話で。

忙しそうだな、と声をかけてくださったのでパッとその言葉を出したんです。

そうしましたら。
「それはよかった。今が一番幸せってことだよ」と。

家族旅行も限られた費用で色々アイディアを出し合う。
趣味の海釣りも仕事を終えてその足で出向き、ふと空いた休みの日には奥さんと一緒に散歩に出掛けたそうです。

思えばそんな風にお金や時間をなんとかやりくりしてた時が一番幸せだったと。

貧乏暇なし、の本当の言葉の意味はその人の中で時間をかけて熟成されていくものなのかな。

ということもあり、
今日は妻のリクエストに付き合って県を越えて山奥にあるカフェに向かうという。

…ってなかなかいい感じな。でかしたぞ。
ラプロバンス


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
先日のこと。車で目的地まで向かって走っている中、とっても懐かしい気持ちになりまして。

と言いますのも今から25.6年前。
夜間大学に通ってた時に日中していた仕事でそのルートをよく使ったからなんです。

時はバブル全盛期。
取引先へ納品するだけなのですが、毎日平均して7.80キロくらいの距離を車で走ってました。

日中は車の運転だけでなく、取引先への御用聞き、1日のスケジュール管理、息の抜き方や運転中の妄想?までルーティン化されてました。

そして夕方に仕事を終えて大学まで車で行き、ラグビーの練習をして夜授業、その後仲間とご飯食べて大騒ぎして、下宿先へ戻って寝る。

しばらく血尿が出たりしましたが、楽しかったなぁ。

ホントずいぶん色んな人に助けられました。

やはりそこで学んだことは、与えられた時間でまったく違うことを同時並行でし続けること。

その時々の頭の切り替え方や身の処し方などは今でも僕の身体に染み付いてます。

それが『福業のススメ』(あさ出版)で書いた様なダブルワークライフのベースとなっていますし、今の日々のリズムとなっています。

まぁもっとも。血尿はこの時期を最初で最後にしたく。
テレビ塔

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
『谷口さんと会ったあの時がターニングポイントでした』

(僕が直接の何かを提供したかどうかは別として)時々そんな風に面と向かって言われますと…その日は一日なぜだかシアワセで。

どうやらターニングポイントとなるきっかけは人それぞれ。

やはりマンツーマンでのコンサルティングなどを通してが一番多いですが、
講義などのレクチャー中や懇親会などの席での一言。
メールや電話といった物理的に距離がある場合も。

でもこちらとしては「これはターニングポイントとなるな」という感覚はまるでなく、思いもよらぬ瞬間にそれはやってきます。

きっとそれは、いろんな条件が積み重なって僕がたまたま起爆スイッチを押した感じなのでしょう。

ただこれだけは言えるのは、ノウハウや成功ポイントなどといった“普遍化された情報”だけでは個々人のターニングポイントにはならないということです。

その人の中に深く憑依して(変な言い回しですが)普遍化された情報がその人の血肉となり、未来を見据えた瞬間にそれがやってくる、みたいな。

谷口晋一 =(イコール)ターニングポイントな人。

たまにはそんな自己イメージを膨らませながら。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


もうかれこれ15.6年接点のある先輩がいます。

先輩と言いましても学校などではなく、ひょんなことからの出会いで。

実質的なビジネス上の関わりはないですのでメンターと言うのでしょうか?(当時そんな表現はなかったので)

その中のお二人。
数年に一度挨拶兼ねて会うのですが、見ていて類稀なそして“似て非なる才能”を持っているなぁと感じてます。

1人は人を見る才能。
もう1人は物事を見る才能。

もちろんそれだけでない能力と運でそれぞれがそれぞれのジャンルで立脚しています。

ですが、僕が惚れ惚れするような…人を見る才能。そして物事を見る才能。

ただそんな話題になっても、回答はものすごくシンプル。

『うーん。だってそうじゃん』と。
でもやりとりしてますと、いくつかのキーワードを発しています。

そのキーワードをひたすらシャワーを浴びる様な感覚を、今はとても大切にしています。

お会いしたころ(僕が30代前半)は必死にそれを吸収して、追いつけ追い越せ的な感覚でしたが。

それは僕にとっては意味がありませんでした。

毛穴から入ってくれば…もうけもん。くらいな感覚がちょうどいいですね。

淀川

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【人生とは嵐が過ぎ去るのを待つことではない。雨の中でどんな風にダンスするかを学ぶことだ】〜ヴィヴィアングリーン(R&Bシンガー)

嵐の時はじっとすることが大切。

ただ、ある時にはあえて外に出る必要があるんじゃないかな?と考えています。

僕にとってその“ある時”とはどんな時なのか?

たとえば、
じっとしているより雨に濡れた方が新たな道を見出すチャンスがある時。

たとえば、
自分ではどうしようもできない様な(社会的環境など)の時。

たとえば、
これからどんどん嵐がひどくなるんじゃないかと思う時。

つまり。
自分が理由で嵐が起こった時以外は、一旦外に出てダンスの仕方を考えた方が良いのではないか?と。

雨の濡れ始めは勇気いりますが、一旦濡れ始めるとそれもまた気持ちが高ぶるきっかけとなりますから不思議ですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今日は今年に入って初めて家族揃っての週末休みということで大阪に。

年末年始は帰省できなかったこともあり、彼女の実家に寄って最近急激にデカくなった長男、次男の顔も見せたく。

合わせて新世界にでも行って串カツでも食べるか?と息子たちに約束してまして。

彼らが小さい頃は新世界で串カツを食べにいくなんて思ってもみませんでしたが。

彼女の実家に到着し、これからどうするのか?という話題になり。

さんざん「背が伸びた」と褒められてご満悦の次男がオトナ顔で祖父母に語る。

『今から僕たち串カツ食べに、テンツーカクに行ってきます』

…アジアからの観光客の方がむしろ正確に言えるわ。

通天閣

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜紙屋町シャレオ店
シャレオ

駅から直結の地下街の中にあるお店ですが、比較的落ち着いた雰囲気です。

で、ここのお店はなんといっても質感の良い革のソファが並んでいること。

残念ながらすぐには座れませんでしたが、しばらくして空いたので移動させてもらって着席。

うーん、やっぱり硬めな感じがいいです。

なぜか皆さん壁側ではなく、壁に向かって座ってます。

ちなみに壁に掛かっている絵も印象的なイラストで。

自分の世界に入りやすいという点で、壁に向かって座るというのもまたいいですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

セラピストの学校 山口校での仕事を終えて。

懇親会でやりとりしたテーマがなぜだか。
愛すべき変わり者たち。

お茶会の時も、その後の懇親会でも。
4.5時間そんなテーマで話し合ってる訳ですから…皆さん相当変わってます。

もちろん、そんな自覚をしているというお話も盛り上がりましたが、そこで出た印象に残ったキーワード。それが行動する際の、

なんとなくの感性。というもの。

そりゃ一般的に。
大人になればなるほど行動の前提となるのは、リスクヘッジだったり費用対効果だったり。

しかし。どうしたってそれを飛び越えちゃうものが頭の中に浮かんでくる、と。

それが、『なんとなく』というキーワードなんだとか。

もう、そこに理屈はあてはまらない。

実は懇親会の席で話題になったのは、そこでの身近な人の反応についてです。

色んな反応が出るそうなんです。
でも大抵が色んな理屈が挙げられる中での反応。

しかし。その決断は諸々の理屈を当てはめていないから平行線のまま。

しかし、そこで押し切ったりしないのが愛すべき変わり者たる所以だと。

しっかり相手の意見も受け止める(ようとする)
それが家族などであれば、その他での関わりに丁寧さを加えるなどなど。

ということで、愛すべき変わり者たちの懇親会もまた楽しいひと時でありました。

参加された方がブログなどにも挙げてくれてましたのでご紹介しますね。

【変人たちの集まりって】
http://s.ameblo.jp/smile-life88/entry-12124796008.html?timestamp=1454512373

【研修からの飲みニュケーション】
http://nagano-yumiko.blogfit.jp/2016/archives/13841

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
名古屋はまだまだ寒い日が続いてます。
僕は寝る際にエアコンなどではなく、湯たんぽなんかを使います。

で、昨晩のことです。

明け方なんだか熱いなぁ…と思ってましたらスネを低温火傷してしまって。

ちゃんと布の入れ物に入れてたのに、寝ながら器用にそれを外してるので誰も責められません…

で、タイミング悪いことに。
朝になれば大阪〜山口〜広島という4日間の出張スケジュール。

ほっといてエライコトになるのも嫌だし、かかりつけの病院には行っときたいなぁ。

新幹線の出発時間を逆算すると。
9時スタートで診察受けて、薬とかもらっても9時20分に出なくては間に合いません。

朝一で受付を終え、それとなく先生に伝えてもらいスタンバイ。

すると次々と患者さんが病院にやってきます。
ノロウィルスとかインフルエンザとか流行ってるのでしょう。

みんなフラフラしててかわいそう。

僕はというと…火傷した片足のズボンの裾を捲り上げていつ呼ばれてもいいように、クラウチングスタート状態。

『タニグチさーん、タニグチシン…』

パーン!とソウルオリンピックのベンジョンソン並みにスタートダッシュ。

ドアを開けるなり火傷箇所を指差し、
『湯たんぽでコレっす!』

先生一目診るなり、
『塗り薬で様子見!』

『ありッス!(ありがとうございます)』

普段いつも聴診器で胸の音や血圧測定もしてくれる穏やかな先生。

心音や鼓動聴けなくて心なしか寂しそう?

今朝見たら大っきな水ぶくれができてましたので、なにしろ出張から帰りましたら是非また診てください。

やけど

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
昨日は元祖ホメゴロシの会。
今回のメンバー(僕含め3人)とは出逢って13.4年となりますか。

近々で起こったこと、プライベートなこと、これからしようと思うことなど他愛のない話をする時間。

今40代半ばから50代前半の面々ですから
出逢った当時は30代前半から半ば。

やはり30代から50代というのは、人生においてターニングポイントやそれに伴うポジションはそれぞれ大きく変化しますね。

互いが互いを振り返れば。
どん底(と思える時)もあれば、イケイケの時もある。

上がったり下がったりを繰り返しながら、各々の人生の山を登ってる感覚。

直接手を差し伸べるケースはむしろレアで、それぞれが転げ落ちたりするのを別の山から眺めているだけがほとんど。

しかし、転げ落ちたりしても信頼する誰かに見られているというのは立ち上がりも早くなりますね。

ライフプラン通りにいかないことばかりですが、転げ落ちた際の立ち上がり方はずいぶん互いに学習できました。

ま、ラストに重油ラーメン(別称)を食し、
全員翌朝思いっきり胃がもたれあってる所など、〆だけは学習能力ゼロですが…

重油ラーメン


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
SNSをやるようになって良かったなぁと思うことの一つに。

新たにつながりができた人が、まったく想像もしない旧知の友人とつながっていることに気づくということがあります。

『えーっ!なんで◯◯さんとつながってんの?』なんてやりとりを互いにしながら、

(本人がいないのに)共通の友人との馴れ初め?なんかを話したりして。

一気に関係性が深まるということを経験しています。

でもそれって。
一度つながったなら、その人と丁寧に接していくことが大前提だよな?とも思うのです。

例えば。
僕を共通の友人としてある方とある方が出逢う。そして、

『あ、谷口さんと知り合いなんですか?(5秒沈黙)あ、なるほど。(互いに斜め上を見上げて)色々大変じゃなかった…ですか?』なんてやりとりされてたとしたら。

ゾッとします。

できる、できないは置いておいて。
丁寧かつ深みのある生き方を目指してますと、そんな素敵なつながりが提供できたり享受できたりするのでしょうね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



Powered by FC2 Blog