セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

僕自身もそうですが、仲間にも大勢いる経営者や各チームのリーダーなど。

人をまとめたり、リードしたり。
スタッフとの関係を築いたり。

いやぁ。
なかなか思った通りには…いきませんね!

何も言わずに離れていったり、激しくぶつかったり。
思いがけず繋がったり、ひょんなことから深まったり。

収益や規模の面など社会に対する達成感とは別に、
身近な人(スタッフやメンバー)との小さな変化により一層、一喜一憂するようになるのではないでしょうか?

以前の僕なんかは、そんなことには一喜一憂せずに邁進できるのがリーダーだ!などと勝手に想像してましたが。

真逆ですわ。。
その立場になって、より傷つきやすくなりましたし、喜びも悲しみも含めて涙もろくもなりました。

また、人影に隠れて自分を責めたりしますし(苦笑)

それはリーダー失格だよ!なんて声が聞こえてくるかもしれませんが、
そんな感受性の高さこそがこれからのリーダーに求められる大事なパーツなんじゃないかな?とも思うのです。

人と人が関わる時に相手の感情に対してアンテナを常に立てることのできる人がこれからリーダーとなっていって欲しい。

自分への感受性の高さはそのまま周囲の人への感受性の高さともなる。

そんな感性を失わないでいたいのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト
昨日まで関東近郊をあっちいったりこっちいったりの出張でして。

で、エレベーターの中とか、電車の乗り降りとか。
すれ違う人とゆずったりゆずられたりするわけです。

そんなときに大抵“ぺこり”とするのですが
相手が無反応なこと、結構多くて。

するとなんだか寂しい気持ちになっちゃって。
そんな時はせめて“ぺこり返し”して欲しいわけです。

それし合うだけで全然気持ち違うのに。

すでに関係がある知人友人とは、関わりを深める努力を一生懸命する。でも、
おそらくこれから続かないだろうと思えるような接点の時の対応はどうなのか?

広い視点で見ればノンステークホルダー(利害関係者でない人)全般への対応に繋がってくるんじゃない?

いやぁきっと大切ですよ、そのあたり。

せめて僕は“ぺこり返し”するぞ。

…うーん。なんだかAC(公共広告機構)のCMみたいですけど。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜八重洲さくら通り店
さくら通り

店名を思い出すだけでなんですが、この季節になると行きたくなるお店です。

目の前の通りは名の通り、桜が植えてあり開花の季節は楽しませてくれるのですが特に夜のライトアップが綺麗ですね。

今回は朝の利用だったのですが、残念ながらまだ満開とはいきませんでした。

ちょうど就活中の学生さんなんかが目の前を通っていて、もう目の前のことに精一杯の表情で歩いてます。

空を見上げたらきっと気分転換になるかもよ、なんて声かけたくなりました。

希望であろうとなかろうと。
皆が社会人として新たな一歩を踏み出すことができたらいいですね。

そんなサクラ咲く。となりますように。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

自分の中に“◯◯したいという種”があるとしまして。
実は結構な種をそのままにしちゃってます。

やはり種は蒔かねばならない、と痛感する日々。
で、仮に蒔いたとしても。的外れな場所に蒔いている。

やっと芽が出たとしても。いつも気に留めて水や光など栄養を与えてやらねばならない。

逆に思った以上に芽が出たら。選定して間引き、支柱を立てて。

まぁなんだか手間のかかること、この上なし。

でもその種が自分の手の中にあるだけなら、やっぱり芽は出てこない。

なんだか、そんなことを繰り返しながら毎日過ごしているような。

いやはや答えって。ないわ
◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
とまぁ、こうして文字にしてみるのって意外と大切で。

頭の中整理もできますし、繰り返しの熟考もできます。

SNSなどはその点、すごくありがたい。

ちなみにタイムラインなどで、答えを発信しようと思わずに自分を整理したり熟考したりしてるような他の人の記事。

結構気になって目を通します。

おそらく僕自身を振り返ってもアウトプットする価値がそこにあるのかな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


僕のデスクには読みかけの書籍が何冊か積まれているのですがこの書籍だけは。。。
事務局にいる人に理由、伝えてます(ギョッとするので)
こじらせない離婚

◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
著者の原口未緒さんは今、円満離婚に関する弁護士として活躍されてます。

彼女と出会ったのは数年前、北海道だったのですが。
そこから東京に活動エリアを広げた際にも一緒にご飯食べたりして。

幸い僕自身は本件(円満離婚)についての相談の必要がなく…逆に彼女のブランディング等のマンツーマンサポートをすることが数回ありました。

彼女曰く、当時はまったく書籍の発刊などイメージしていなかったそうなんですが。

発刊のお知らせ&贈呈くださった時は、
驚きはありませんでしたし、あぁ発刊できて本当に良かったなぁ!と。

きっと多くの方に支えられて、ここまできたのに違いありません。

書籍発刊やメディア等に取り上げられる。
やはりコレ!という正解はありません。

しかし、その立場の方について本人とやりとりしますと僕の中で明確なビジュアル(映像)が浮かぶことがあります。

それは著者本人の映像というより。
どんな人(対象者)がどんな想いで本を手にしているか?という映像です。

つまり。社会の中で、ある一定数の人が必要とするテーマについて。
活動を愚直に積み上げている人であれば書籍であってもメディアであっても反応はある、ということです。

特にそれが気軽に周囲に聞けないようなテーマであれば尚更のこと。

もちろん反応からカタチになるまでは紆余曲折ありますが、まずカタチありき(無理くり本さえ出せればいいとか)ではない。

◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
ちなみに本書は、題名のテーマの様に気持ちの余裕がなかなか生まれにくい状況の方にとって、とても読みやすく。

今まで相談者の気持ちに寄り添いながら進めてきたであろう彼女の経験が滲み出ています。

そんな彼女と実際にやりとりしているかの様な気持ちになれる書籍です。

本件(円満離婚)についてご興味ある方がいましたら…ぜひ手にとってください。

『こじらせない離婚〜「この結婚もうムリと思ったら読む本」』原口未緒(ダイヤモンド社)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

海。行く。見る。

海行く見る


僕はサーフィンやスキューバダイビングの様なマリンスポーツもしませんし、フィッシングもしません。

そんなカッコいい画像などはありませんが。

海。いいですよねぇ。
ただ見てるだけですが、ぼーっとできます。

ちなみにこの画像は去年末に撮影したものですが、
これからちょっとだけ足伸ばして…いこうかな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


僕自身。実は結構な飽き性だと思っていまして。
特にモノなんてのは。

それこそ手に入れるまで必死になって…手にすると数週間でそれが普通となり、大なり小なり飽きがやってくる。

で、飽きがやってくるとそのままでいられない。

…我慢が足りない子どもと一緒です。

実はコレ、自分自身に対しての飽きというものの一つだと感じています。

とにかく“自分自身に対する飽き感”が半端なく。

常に今の自分に飽きを抱く事から始まって、その状態を脱したくて次のことを考えている。

ですから新たな事へのチャレンジというのは、向上心とか前向きさといったカッコいいものではなく。

今の自分に対して飽きているから。に他ならない。

ただ僕にとって。
常に自分に対して飽きを持ち続けるということは、活力となり。生きるということでもある。

裏を返せば。
自分に対して『またなんかやってくれるんじゃね?』的な興味と期待を抱き続けているということなのかもしれませんね。

しかし。こんな僕でもまったく飽きないものもあって。それが、
10年ほど毎日通い続けてるスタバと、21年ほど隣にいる妻です。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

先日静岡に家族で出かけた時のこと。

茶畑を見ながら次男がつぶやく。
『あぁ。新茶が飲みてぇなぁ』

すると妻が、
『新茶の季節じゃないでしょ!で、新茶の季節はいつ?』と畳み掛ける。

『ん?えーっといつだっけ。』
…次男しばし沈黙。父と長男は完全に他人になりきる。

『茶摘みの歌、歌ったらわかる!』
と妻が助け舟。

数分後。
後ろから次男の自信なさげで小さな小さな鼻歌が。





とーおりゃんせ。とーおりゃんせ。
んーんん、んーんん、んんんんん…んん?


一生わからんだろうな。

あと。
ささやくように歌われると怖いんだよっ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

パブリックなシーンでもプライベートなシーンでも。
益々個々人の発信能力が高まっているなぁと思います。

事業活動でなくても趣味でも他の活動もですから、当然色んな発信方法があって。

発信そして反応。
この繰り返しによって個々の発信能力が高められていったのでしょうね。

一方。
いやそれ以上に高まっているんじゃないか?と思うのが、受信する感度です。

受信といっても、沢山の情報の中から適切な情報を掴むといったGoogleさんやAI(人口知能)の様なものではなく。

その発信者の“本当のところ”は何か?というニンゲンならではの感度と言いますか。

平易な言い回しをすれば、
それが本質突いてたらすっと伝わりますし、ウソっぽかったり、「ここから繋げてあーしてやろう」的なものですと。

あれ?なんか鼻につくなぁと。

そんな匂いを感じ取る力。

少なくとも僕は発信する能力よりも、そんな受信感度が鋭敏になりました。

発信するときには、そんな自分の受信感度を切り離さないようにしたいなと。


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

滲み出る年齢。

実年齢46歳になって一週間が経ち。

SNSをしたり、またやりとりする中で男女問わず同世代の方だとわかるようになって思うのですが。

実年齢そのものよりその方から滲み出る年齢というのがありますね!

ちなみに滲み出る年齢とは、
時の流れに逆行する(若返る)こともあれば、玉手箱開いたときのように一気に縮めることもある。

僕の場合は実年齢40歳過ぎてくらいから。
自分自身もまた周囲との関わりにおいても、滲み出る年齢に注目するようになってきました。

つまり自分が今、実年齢とは別の“滲み出る年齢”がいくつくらいなのか?を自覚することってすごい大切だなって。

おそらくは“その人間のうちっかわ”である部分の、バイタリティーとか、生きるエネルギーなど。

そんな目に見えない活力とは、
収入、報酬やポジションなどといった外的な動機ではなく、これやりたい!という内的動機の方から熟成される。

そんな自分自身のうちっかわに矢印向けた時に滲み出てくるものなんじゃないかなぁと。

その矢印方向を意識するようになってきたのが実年齢40歳くらいから。

ちなみに実年齢46歳になったばかりの今週も。

よくしゃべり、よく食べ、よく寝て、よく考え、よく動きました。

まぁ身体機能に関しては若干ポンコツ化してますが…

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今年に入って、勉強やら仕事やらでほとんど週末家を空けてまして。

今日は久しぶりに家族の時間。

家族サービスとなると。
昔は“お父さんは運転手役”など結構役割がありましたが、
最近はそこにいくまでの時間もまた楽しいものです。

今回は妻の一人旅ルートのおすすめ。

富士山見たり(曇ってましたが)、魚見たり(水族館ね)、食べたり(特上金目干物定食)、温泉入ったり(これも楽しみ)。

家族サービスと言いつつも。
サービスされているのは僕なんだと。
水族館


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜JR名古屋駅太閤通南口店
名古屋太閤南口

名古屋駅の新幹線側の構内モール。
新しくできたその中にオープンしたお店です。

聞くところによると去年末にできたそうなのですが、なかなか行けなくて。

週末の朝7時台でしたが、場所柄本当に沢山の人が利用しています。

利用される方も様々。
でも店内は比較的空いています。

つまり持ち帰りの方がすごく多いということなのでしょう。

落ち着いてゆっくり時間を過ごすことはしばらくできませんが、
ただでさえ名古屋駅周辺のスタバはどこも混んでいますのでありがたいですね。

それと名古屋にやってきた人向けのボードのイラストがなかなか上手でした。

これは各店舗スタッフのセンスが試されますね!

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

僕は仕事柄色々な所に行くのですがいつも大荷物です。

小柄な人なら入れそうなカート付きのアタッシュケースを好んで使うのですが、2.3日の出張でも1.2週間くらいの勢いで。

荷物をまとめるときに
『あーこれも必要になるかも』とか
『そうそうこれ持ってこう』とか。
大抵が移動で読みそうな本とか直接関係ない資料とかの紙もの。

テンションあがってますから鞄に入りさえすればなんでも入れてしまう。

で、出発当日玄関で
『重っ!』と叫んで家を出ます。
飛行機での移動があるとき重さを計ると大体20キロ弱。

で、出張を終えて帰ると大抵…背筋痛になる。これはもう心配性ゆえの習性。

ちなみに妻のひとり旅では
“カフェでちょっとトイレに行ってきます”的な鞄の小ささ。

鞄の大きさと人間の器の大きさは反比例するようです。

アタッシュケース

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう】〜ウィンストン・チャーチル(英国政治家)

僕の場合ですが、
過去を振り返るのはできるだけ1人がいいなと。

特に誰かと話すことなく、
できるだけ遠くまでを1人で振り返る。

一方、未来を見渡すのなら。
できるだけ沢山の人とがいい。

未来とは、
遠くまで振り返った過去と自分や周囲への期待の先に見えてくると思いますので。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今回の北海道でのアクション。
どさんこセラピストたちとの温泉研修、プロ講師認定&日本メンターコーチ協会の関係者との会食、セラピストの学校でのワンディスクールなど。

それぞれ7.8人の集まりでの時間を過ごします。
『あぁ、この組み合わせは二度とないんだな』と思いながら。

たとえ今後同じメンバーで会ったとしても。
1人ひとりの状態は日々変化するなどしますから。

僕は人とリアルに出会い続けるという価値とは、
『人の持つ多様性を体感する。』ということでもあると。

自分が当たり前の様に考えているすべての事が、
実は(目の前のとっても身近な存在であっても)違う目線を持っていたりする。

その違いを違いとしてありのまま受け止めるということこそが、人の持つ多様性を体感する。ということなのかな。

よく高校生くらいの友達同士で別のグループと比較して
『あそこは、うちらとはちょっと違うよねぇ』とやりとりしてますが、
実は表現は違えど、大人になっても同じ事を考えたりやりとりしてます。

そのあとに、
『ま、うちらもそれぞれ違うんだけどね!』と付け加える。

それを体感できるのが、
人とリアルに出会い続けること。

なので…やめられません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜新千歳空港店
新千歳空港

新千歳空港は北の玄関口と言われるだけあってショッピングモールがとっても充実してます。

しかしっ!
スタバは三階のちょっと奥まった所にあり、しかも他のグルメスペースと共用なのです。

これではいけません(エラそうにっ)

待ち時間をゆったり過ごすにはスタバだけの空間が必要なのです。

ソファもテーブルもBGMも。

…ない(涙)
是非お願いしたく。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今日明日と北海道の温泉de研修が予定されています。
場所は…えーっとどこだっけ?

元々は札幌を中心に個人事業主として活動しているセラピストたちが集まってのイベント(やりあいっこ会)の、企画運営者たちのねぎらい企画。

実は数年前から、僕はコミュニティーの一つの形としてウィークタイズな関係(ネクタイを緩めた様な、弱連携)を保ちつつの集合体。というものを意識してまして。

今回参加するメンバーはその辺感覚的によく分かってるんじゃないかな?

研修と言いましても緩やかな中でのワークです。掲げたテーマも、

『これからのワタシ。これからのアナタ。
〜人は軸と繋がりで生きている。』(なんだそりゃ?)

朝4時起きですので夜はすぐにおネムになっちゃうでしょうけど、緩めたネクタイの様な繋がりを楽しんできます。
フライト


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
5歳の子が6歳になったのであればまだしも。
45歳のオッさんが46歳になっただけなのに。

(SNSの機能としてその事実を広めてくれたということもありますが)沢山の誕生日メッセージをもらいまして。

しかし、改めて年を重ねたことを実感できるいい機会ですね!

何度も接点があった人だけでなく、一度も会ったことのない人からも誕生日メッセージというボールが投げられる。

どれだけ簡単になったと言っても『思いを伝達する』ってのはエネルギーいりますよ。

1人ひとりボールを投げ返す中でその人との関わりのきっかけを思い出す。

その時の自分を振り返れるわけです。

『あぁ。彼女と関わったあのとき。あんなことしてたなぁ』とか、
『彼と出会った時ってこの立ち位置だったんだ』とか。

僕にとっての45年間は人との出会いと関わりで彩られている。

そしてこれからも深みのある出会いや関わりを続けたいと思える日が誕生日。


ちなみに。一番接点の深い妻や息子たちからは、
僕の胃袋が最も欲する手作り料理と。
野太い声でのバースデーソング。
それぞれ一生懸命選んでくれたであろうプレゼント。

こうして家族との関わりもまた、深みが増していくのでしょう。

しかし、二口くらいでぺろりとシフォンケーキ食べてました。

小さいときは一生懸命食べながらもなかなか減らないケーキと息子たちを眺めるのが幸せでしたが、今はあっという間になくなるケーキを眺めるもまた幸せですね。
シフォンケーキ


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

名古屋の栄の真ん中にあるお店。
栄広小路店

平日の午前中は比較的空いているのですが、夕方以降や週末はとっても混んでいます。

今回訪れたのは早朝。
とっても静かでいいです。

二階中央にBOOKスタンドがあるからなのか、皆さんスマフォより本や参考書に目を通している方が多いような。

ビジネスパーソンが一生懸命勉強している雰囲気はなかなかいいものですね。

ちなみに僕が座った椅子は90度タイプで半個室になりかけ…な感じ?で
なんとなく勉強しやすいですねぇ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


続きを読む »

スタバ探訪記〜栄チェリープラザ店。
栄チェリープラザ

うーん、こんな名前だったかなぁ?
ま、それはそれとして。

以前、二階は変わった雰囲気でして。
ソファの並べ方が中央に向かって足を向けてちょうど向日葵みたいな形になってました。

今回訪れた時は効率性を求めてか、いわゆる一般的なスタイルとなってましたが。

場所柄、クリエイティブなお仕事をされている方が利用されていてノートパソコン広げたり、手帳にメモ書きしていたり。

一人で利用する方が多いお店は空間の作り方がひねりがあっておもしろいですね。

是非またひねりの効いた店内デザインに変えてもらいたいなと願ってます。

僕もちょっとはクリエイター気分を味わいたく。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

先日、僕より世代の若い男性とやりとりしてたときのこと。

そこで仕事上での人脈とかプライベート含めた人との繋がりの話になりました。

『最近は人脈の広さをアピールするのは若干“イタイ系”として見られてしまうが、
同世代でSNSなどを通して人脈が広い人を見ると正直羨ましくも思う』と彼。

『すげぇよくわかるなぁ。
なんだか自分が取り残された感覚になるの、僕もいまだにそうだなぁ』とつぶやいたら。

『えっ?(オッさんになった)今もですか?』と彼。

『うん、(オッさんになっても)しょっちゅうスマフォ片手に舌打ちしてるもん』とワタシ。

◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
人が社会で生きていく上では何らかの形で人と接点を持たざるを得ないので、人との繋がりはとても大切です。

繋がったらすぐに
なにか仕事の話が舞い込んだり
プライベートで盛り上がったり。

んなことあるかいっ。

一旦繋がっても色んな関わり方がそれぞれあって、それを試行錯誤しながら紡いでいくんだ。

「あ、この人はこういう関わり方がいいのかな?」とかなんとなく思いながら。

そうしてるうちに、自らの枠が変化したり広がったりする。

そんなことを通して自らの視点や行動が変わっていった結果、仕事やプライベートが彩られていく。

確かにSNSなんかで、通り一辺倒な繋がりの表現しかできていないと、若干イタく見られるかもしれないけど。

繋がりを求め続けるのは大切なんじゃないかな、と。

ちなみにスマフォ片手に舌打ちしてるのは、未だに社会との接点を求め続けてるってことなんだと、オッさんは思う。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【どんな人間かを察知する能力が確実にあって、それに応じて選手を操る。
心の掴(つか)み方っていくつかパターンがあるけど、仰木監督はその型が無数にあるように見えた。
それがマジックなのかもしれないですね】~イチロー(メジャーリーガー)

どんな人間かを察知する能力。
そして心を掴む能力。

そりゃ自分にも身についてたらいいなと願うのは言わずもがな。

ただ正解がどこかに書いてある訳でもなく、察知する精度も求め、身につけるなら短期間に。などと思いがち。

ムリだっつうの。。。

やはり見立てて決め打ちし続けるしかありません。

でもそうした後。
やりっぱなしにしなかったのだろうな、と思います。

毎回パチっと決まるかどうかなんてわからないので、どんどん出していく。

大切なのはその後の観察なんだと。
どんな人間かを察知するのに間違えても
それがあるから、精度は高まる。

どんどん決め打ちしていきつつ、じっと観察する。

それならこれからもできそうです。


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

またもや妻が旅立ちました。
一年に一度の一人旅ということで。

詳細聞いてませんが、今回は太平洋ルートの様です。

まぁ息子たちも高校生ともなりますと。
“こういうカタチの母親不在”は歓迎なのか、弁当自分で作ったり、YouTubeも音量上げて鑑賞したりしてます。

ま、これも元気に帰ってくるというのが前提なんですが。

で、問題は僕ですよ。

作ったカレーはシャビシャビだし、乾いた洗濯物クシャクシャだし、夜は一人でグダグダ。ついでに鼻水ズビズビ。

昨日あんまりにもヒマなんで10時に寝ましたら朝4時に目が覚めて、夜明け前に洗濯物干せたのは良かったです。

でも。

ちょっとは水分蒸発してトロトロになってるかな?と期待したカレーは…シャビシャビのままでした(涙)

あー。いつ帰ってくるんだろ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


日々の活動の中で「これはいいかも!」と一人勝手に思うことがあります。

妄想の世界に入り込むのでどんどんイメージは膨らみ、色んなアイディアも出てきて。

しかし。
どれだけ自分の中でいいと思っても。

最終的には届いた相手に価値かどうかが委ねられるという現実は一ミリも動かない。

そのあたりの階段(自分で感じる価値、届けた相手が感じる価値)を上ったり下がったりする感覚、

とても大切にしてます。

コレ一見しますと、優柔不断さや軸がブレて見えるのですが、柳の枝のような感じです。

ちょうど霧が晴れてくるように見えるのは、相手の存在が明確になるからこそであって。
自分がユラユラと揺れなくなったからではない。

案外、はたから見て言ってることややってることが揺れて見えるのは。

動き始めて相手がみえるようになってきてるからなんですよねぇ。

霧

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


猫が体調悪いとき。

普段は自由に動き回っているのに、それこそ文字通り丸くなってじっとしています。

なるほどそのあたり良く分かってるなぁって。
猫島

◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
(僕という)ニンゲンは体調が悪いだけでなく、
コントロールできないときや身動き取れなくなってるときに。

やたらとジタバタしがちです。

日頃からなんでも短いスパンでみるクセがついてるからか、
すぐに即効性や能動的な解決法を探そうとする。

何か変えなくちゃという能動的な発想は、普段とっても大切なスキルであると同時に。

それが自分を余計に苦しめることもある。

ある事象や関係性においては、
環境が変わっていく過程を淡々と眺めたり。
じっとしてエネルギーチャージする。

意外とそっちの方が大事だったりします。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜イオンモール扶桑店。
扶桑

僕自身はゆっくりとした買い物(を付き合うの)が実に苦手で。

そんな中、出かけた先で用事が済み。
家族の面々がそれぞれウィンドウショッピングを楽しみたいとのことでしたので、逃げこむように?この店を利用させてもらいました。

ショッピングモール内の店舗は元気いっぱいの子連れが多く。

でもなぜかそんなに気になりません。

きっと、天井の高さや間仕切りが壁ではないなどの理由があるかもしれません。

もしこれからも家族や夫婦で買い物する際は…こっそり探します。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
以前にブログ等で、
『ターニングポイントな人』
というタイトルで自分を表す言葉(自己認識)について少し書いたことがあります。

これは僕自身そうありたいのかな?と望む姿が時間の経過と共に浮かび上がってきたというものです。
きっとこれからも多少変化していきます。

ちなみにターニングポイントとは
『転機、変わり目、分岐点』との意味を持っていますが、

関わったその瞬間にそれがわかるか?と言えば、まったくそうではありませんし、

もちろん僕自身が関わったら、その人はそれが必ずターニングポイントとなるか?と言えば、まったくそんなことはなく。

ではなんで僕の自己認識が『ターニングポイントな人』となってきたのか?と言いますと。

少ないながらも色んなシーンでそう言われる様になったから、それだけです。


実は自分を表す適切な表現は自分からは出てこない。と僕自身そう思っています。


何かをし続けていることでそこで関わる周囲の反応(点)がポツポツ出てくる。
そして、その点がつながって(線)。
その線と線も繋がることで見えてくる全体像(面)。

点として表現するのも、線を表現するのも、面を表現するのも、すべて自分自身ではなく周囲の人たちだった。

そんな表現に反応し、最後価値観なんかと擦り合わせて整えることを、本人はしているだけ。

実は自分を表現する言葉というのは、無理くり自分で表現する必要はない。ということなのでしょう。

自分ができることというのは、目の前のことをし続ける。

とってもシンプルなのかな?と思ってます。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

急にきた花粉症。
頭がボーッとするし何かと大変です。

どうやら合わせて風邪もこじらせてしまったようで、なんだかしんどさ倍増。

ということで、心なしかここ数日食欲もありませんでした。

ただ色々対処しつつなんとか調子が戻ってきて。

ちょっと元気になってきたし、
ここ数日ロクなもん口にしてなかったから、ランチはガテン系っぽくいくかっ!と、

昼に事務局から車で数分の※ベトコンラーメンのお店へ。

事務局に戻って仕事を始めたらなんだかスゴイ調子が悪くなってきたぞ。

うーん、完全に胃がもたれてるな。
昨日までアッサリしたものばかりだったからなぁ。

はぁ。目、鼻、喉の次は内臓か?

デスクに突っ伏す僕をみて、事務局長のササキが書類整理をしながらなにやらブツブツつぶやいてます。

『有頂天になる…我を忘れる…過信する…調子に乗る…ま、これが一番かな。』

え?なんて?

『今一番声をかけるに相応しい言葉を反芻してました。』

…せめて反芻するなら心の中でしてくれ。


ベトコンラーメン

※wiki参照
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ベトコンラーメン

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【将来の不安はあるけれど、遠い未来のために今、何をしたらいいのかよく、わからないけど、未来のためだけに今を決めすぎることもない。だってまだ今、なんだし】〜益田ミリ(イラストレーター)

ビジョンから目標を定め、そのために行動することでイメージする未来を現実のものとする。

つい、そんな未来のことを考える習慣の中で
『こうならないといけない』的な枠組みに自分で自分を入れ込んでないかなぁと。

もう、ビジョン→目標→行動→結果。みたいなことがあたかも身体に染み込ませて当たり前…みたいな空気感に。

時々息苦しさを感じるわけです。
(自分で自分の首を絞める様な)

だからといってそれをことさら否定するのでもなく、未来を考える習慣や行動と同時に。

時々型を外す。みたいなのって、やはり大切にしたく。

…だってまだ今、なんだし。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


とにかく僕は雑談が好きです。
しかも気楽な状況であればあるほど。

僕はその“どーでもいいと思える環境”に対して価値を見出しています。

そんな状態ですから、ずーっとアホな話をしたり、どーでもいいことを話したり、沈黙を味わったり。

でもふと見せる相手の表情やつぶやきに、見え隠れするテーマが浮き上がってきたりします。

そして、相手の反応を通して僕自身のテーマが僕の中で勝手に見出されたりするのです。

僕自身のキャリアプランは、大抵そんな“どーでもいい思える環境”から生み出されてきました。

そこにはリラックスできる空間であったり、相手に対する警戒心のなさであったり、
諸条件が加味されているのですが。

僕にとって、
◯◯しなくちゃいけない。といった切迫感や
、常に主たるテーマがあるやりとりも必要ですが、

“どーでもいいと思える環境”からは想像もしなかったいろんなものが生み出されてきたという事実がそこにありました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog