セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スタバ探訪記〜二子玉川公園店
二子玉川公園

駅から徒歩12分で川沿いをテクテク歩いて15分くらい。

ふらっと寄れる場所ではありません。
でも時間が取れたら足を運ぶ場所です。

二子玉川公園の中にあるお店で都内ということを忘れさせてくれます。

店内はさして広くないのですが、ランニング途中の方などは外のテラスで時間を過ごしています。

公園の丘からはマンションが立ち並ぶエリア。

週末なんかは家族連れで賑わいそうです。

僕は芝生眺めながらゆっくり過ごします。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト
広島から終電で夜中に帰宅。
寝静まった玄関のドアを開けてそーっと寝室を覗くと。

妻がいません。

えっ?!なんで??
激しく動揺するジブン。
落ち着けオレ。
家出したのか?
でも書き置きないし。。

しばらく家中探していたら本人からメール。
(彼女も講義&懇親会)

しかしこの狼狽ぶりたるや、絶対人には見せられない。
狼狽

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
江田島での朝。
少し早起してホテルの目の前にある浜辺を散歩しました。

このあたりはとっても波が穏やかなんですねぇ。
通り抜ける潮風も思ったよりもカラッとしてます。

◆◆◆◇◇◇ ◆◆◆◇◇◇
ある意味、人と会うのが仕事ではありますが、
こうして一人の時間を持つことや来たことのない場所に立ってみると。

はじめてわかる雰囲気というものがあります。

普段いかに自分が凝り固まったイメージで物事捉えているか?なんてのを思い知らされて。

ですのでたまにはこうして。
まったく知らない土地で一人の時間を少しでも持つというのが必要なのかもしれません。

江田島

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

明日朝から広島で予定がありますので前日入りするために名古屋駅におります。

で実は、今回少し足を伸ばして江田島までいっちゃおう!と。

と言いますのも実は以前から広島に行く度に足を運んでくれる人たちが江田島にいらっしゃって。

恥ずかしながら江田島の事は無知に近いワタシ。

「あぁきっといいとこなんだろうなぁ。たまには僕がそっち行きますわ!」と。

潮風当たってのんびりしようかな?と考えてましたら、寺小屋スタイルの集まりを企画してもらって。

◆◆◆◇◇◇ ◆◆◆◇◇◇
僕が関わる対人援助職の彼らは、それぞれの地域地域で活動しています。

つまり僕が正解だと考えていることが通用しないことが沢山ある。

「なぜ山登りするんですか?」「いや、そこに山があるから。」ならぬ。

いや、そこに彼らがいるから。

「経費かかって大変でしょ!やってけんの?」なんて意地悪な?質問は、もう16年続けてきて言われ慣れました(笑)

こういった経験こそが僕を作り上げているのですから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

ご報告となりますが、先日渋谷での
【隔月刊セラピスト創刊15周年記念 読者感謝特別セミナー】には100名を大きく超えるセラピストが参加したとのこと。

対談

実は講師同士も面識がなかったりして、
「あ。お噂はいろいろ伺っております」なんてやりとりをバックヤードでさせていただいたり。

どうしても登壇者への憧れや、セラピーメソッドや経営面など。目の前の活動に直結させたいとの期待を抱かれることもあるかと思います。

ただ、僕個人が今回感じていただきたかったことは別の所にありまして。

それは、
「覚悟したものの匂いを感じ取って欲しかった」ということなんです。

最後の対談でもお話しましたが、私を含めて登壇したゲスト講師が特別な存在だった訳ではありません。

朝から講演を伺っていて改めて思ったのですが、登壇した人たちはみんな
「腹くくった人たち」でしたねぇ。

セラピストとしてオリンピックの道を切り開いていったり、個人セラピストとしての軸を体現し続けていたり、研究者としてセラピーを形としたり、人の身体の構造を染み込ませる様に伝え続けたり、セラピストの活動をロジックで落とし込んだり。

もう、その覚悟と言いますか腹のくくり方の佇まいがそれぞれ凄くって。

だから彼らの真似をしようとしちゃダメです(笑)

その匂いみたいなものを感じ取る機会として欲しかったわけです。

ちなみに腹をくくり続けたもの同士はたとえまったく違うジャンルであってもリスペクトが起こります。

ちなみに近い業界で初対面ですと、
「あ。お噂はいろいろ伺っております」なんて挨拶になります。

やはり。
自分が腹くくれるものを見つける事の方が断然大切なんです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日渋谷のセルリアンタワーに居たときのこと。

僕たちのテーブル横に、よくテレビでお見かけする元プロサッカー選手が関係者といました(現在は評論家かな?監督などもされていて)

やりとりすることもなかったのですが、やはり独特のオーラみたいなものがありまして。

視界としてはちょうど180度くらいの位置なのですが常に認識できているような。

著名な人に限らずですが、そんな雰囲気を身にまとった人はそこに至るまで。どんなプロセスを経てきたのかなぁ?なんて(帰り道で考えたりして)

常に注目される立場で言葉や行動の広がりを意識してきたからかなぁ。

決断と実行を繰り返してきているからかなぁ。

自分の中の意識と外からの意識のズレを常に確認したり修正したりしてきたからかなぁ。


ま、多くのケースで本人がそれをほとんど言葉にしていない(できない)ということ考えますと。

やはり正解なんてないわけで。

ただそんなこんなを色々想像(妄想)してみて言葉にする。

その行為こそが自分自身や周囲への投げかけとなったりするのです。

セルリアンタワー

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日渋谷での仕事を終えて今日は夕方までちょっと時間が空いたので。

多摩川沿いをテクテク歩いて気分転換。

ただ。川べりに腰掛けて手帳開いたりしちゃうと、
「あれやってなかった。」とか、
「あの人に連絡して。」とか。

ホントせかせかしていけませんねぇ。

ただ、少し先のスケジュールを確認できることって心の余裕には繋がりますし、自分の日々を振り返るいい機会です。

今の僕にはそれもまたリフレッシュとなるわけで。

二子玉川

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜SHIBUYA TSUTAYA店
渋谷ツタヤ

ホントかどうかはわかりませんが、日本で一番1日当たりの利用者数が多いと言われているお店です。

当然のことながら日中と夜にかけては座る場所もないので利用しません。

でも唯一利用しようかな?と思うのは、週末の早朝(7時〜)なんです。

と言いますのも、平日の朝はお勤めの方が加わるので朝から混んでます。

ですが、なぜか週末の早朝利用している人は朝から繰り出そうとしている外国人観光客と前の晩にオールナイトで渋谷の街にいた人たちくらいで。

目の前のスクランブル交差点もこの時間帯は静かです。

ですので唯一このタイミングの時は利用しようかなと。

でももうボチボチ混んできましたので退散します。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
【心ある人よ、押しつけることなかれ。あなたがこの世で得た知識も道徳もすべての時、すべての事象、すべての人に当てはまるとは限らない】〜日本流奈(詩人)

何かのプロジェクトでリーダーシップをとる立場であろうと、

人前に立つような講師や教師という立場であろうと、

ネットでも紙でも何かの情報を発信する立場であろうと、

養育者や親として子どもたちに接する立場であろうと。

やっぱりこの視点は失ってはいけないな、と。

この視点を失わずに関われるのなら。

きっと自身の事として受け止めてくれるでしょうから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今現在僕はいくつかのジャンルに関わっていますが、経営者や会社で中心的に活動されている方からよく聞かれるのがその売上(収益)割合。

実は昨日も聞かれました。

そこには側から見て「いったい本業はなに?」という疑問があるのかもしれません。

また一方でやってることが、すべて中途半端に見えているのかもしれません。

おそらく社会通念上では、売り上げや収益などから本業というものが理解されてくるかな?と思いますし、
ひとつの事に集中して事を成す(規模や売上)ことの美学みたいなものがあるのかなぁ?

実はなかなかその考えに馴染めてなくて。
(だから変わり者扱いされる)

今までやってることをあまり分けて考えたことがありません。

全部くくっての、全部ブレンドされてのそれ。

感覚的にその一つひとつが保てているので、全体の動きにバランスが保てている。

逆の見方をすれば、一つひとつをバラバラにして考えはじめた途端にバランスが崩れてしまう。

ですので、周囲からは不思議がられますがこのままでいいのかな?

なので結局のところ、変わり者扱いされ続けるという。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


ある朝のこと。
洗濯物を干していた妻に「いってきます」と挨拶したらガン無視。

あれ?俺なんかしたっけ。

で、しばらくして届いたショートメール。

結局朝の挨拶はイヤホンで聞こえなかったというオチ。

ツンデレにも程がある。

ツンデレ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜山王パークタワー店
山王パーク

実はこの溜池山王という土地。
僕自身あまり利用することがなくって。

で、今回この駅を降りた際に駅直結でこの店があると聞いていたので。

店名の通り、山王パークタワーの地下に位置していて店内の形状もユニークです。

平日の朝ということもあり、ほぼ皆さんお仕事前の方たちの様です。

ただ。
なんか皆さん朝からお疲れモードなんですよねぇ。。

新聞やスマホなどを眺めている姿、レジで並ぶ姿は他のお店の朝の光景と同じなのですが。

ただせめて朝くらいは!

そういった意味でスタッフの元気さが際立つ光景でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
僕は依頼されたお仕事は断りたくありません。
なんとか受けられないだろうか?と考えます。

これ余裕ぶっかましてる訳ではなく。。怖さと期待が入り混じったもので。

野球で例えればですが、一打席で結果出せと言われるのではなく、何度も打席に立たせて貰えるんだと。

でもそこに至るまで自分の役割把握して、自分なりのテーマ見つけて、自分なりに準備します。

と言いますのも僕にとっての正解は誰も教えてくれず、僕が見つけるしかなく。

そして試合前はベンチ裏で素振りを繰り返して何気に社会に対してアピールする(笑)

たとえそこで社会に使って貰えなくても腐りません。
新たなことを取り組むきっかけは大抵そんな時からでしょうし。

社会が僕を見出すまで色々やってる今もまた、シアワセなのだとなんとなく腹に落ちてますので。

◆◆◆◇◇◇ ◆◆◆◇◇◇
今週末、隔月刊セラピスト創刊15周年記念 読者感謝特別セミナーが開催されます。

バッターボックスに立つイメージだけはもう何十回としています。

7月24日(日曜)渋谷【隔月刊セラピスト創刊15周年記念 読者感謝特別セミナー〜5年後、10年後に、セラピストとして活躍するために】
http://www.therapylife.jp/live_seminar/2016/07/72415.php

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

人は常に変化を求められる…益々そんな時代になるのかな?

それも年齢や性別、地域など関係なしに。

常に新たなものを取り入れ、その環境に適応していく。

新たなものを取り入れる際に必要なものが、学びの空間とするならば。

専門性を深めるだけでなく、それを学びに変えて提供できる人ってのはやはり貴重な存在です。

そういった意味においてやはり“適切に教えられる人”が益々必要とされるのかも?

ちょうど一言コラムをセラピストの学校でも書いたからでしょうか、そんなことをぼーっと考えてました。

広い視点で言えば、専門性を深めつつ社会に還元できてる人。となりますでしょうか。

僕自身そうでありたいと願い、幅広くそんな人たちと接点を持ちたいと。。

ぼーっと考えておりました。
今日は海の日なのに。

海の日

セラピストの学校 校長一言コラム
http://relax-d.com/contents_1109.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

高3長男が自らの誕生日のリクエスト。

「神戸でステーキを腹一杯食べに行く」

ちなみに彼のいうステーキというのは、神戸牛ではなくていわゆる大衆ステーキ。

実は長男が小学2年の時に知人がオーナーとしてオープンさせたお店。

コスパに優れ美味しいのなんのって!
10年ぶりに食べに行ってきました。

小2の時は親からちょっと貰えれば満足してたのに、今ではライス大盛りでボリューム満点のステーキをペロリと食す。

そんな食べっぷりを見ていると、あぁ子どもって成長するんだなと実感しますねぇ。
ステーキ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜アトレ恵比寿店5階
恵比寿

恵比寿のアトレには二店舗あるのですが、この5階はいわゆる“恵比寿な”雰囲気です。

書店と併設されていて、それもあってか読書率が高く、お一人の、しかも女性が多かったです。

またモデルさんらしき集団が雑談してました。

きっと、時間帯や曜日によって来店客も違うのでしょうけど。。

なんだかレジ前に並ぶ人たちまでもスマートに見えてしまうあたり、凝り固まったイメージに生きるニンゲンということで。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
【本当に黙することのできる者だけが、本当に語ることができ、本当に黙することのできる者だけが、本当に行動することができる】〜キルケゴール(哲学者)

本当に語り行動することができる。
そのための「本当に黙する」ことってどういうことかなぁ?って。

寡黙でありゃいいってもんでもなく。
大人しければいいってもんでもない。
ネットに発信しないってことでもなく。

なんとなくですが。

一瞬の間を保ってると言いますか、自分で自分に常に問いかけられる状態を保ってる。

この“保つ”ということが“黙する”ということなのかな?とイメージしました。

ペラペラ喋っても喋らなくでも、大人しくても元気でも、ネットでの関わりがどうであろうと。

常に自分に問いかけてるかな?って。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


ちょうど今の時期は子どもの三者面談シーズンでして。

高3の長男は先々週。
そして、高2の次男は今日の午後。

今まで先生とのやりとりは僕が担当することが多かったですねぇ。
それは時間調整など僕たち夫婦の物理的理由もあるのですが。

むしろ可能なら僕がいきたいわけです。

もちろん限られた時間ですから、学校生活や成績の事、進路などもお聞きするのですが実はもうちょっと先のことを聞きたくて。

彼らが普段どの様に写っているのか?
親というフィルターを通してでない、最も身近かつプロとしての視点。

そして、どんなカタチで社会に出ていくことを想像しているのか?

そんな先生の視点を聞けたのであれば、本当にありがたいですし、むしろ語り合いたい(笑)

しかも当の本人は隣にちょこんと座ってそれを聞いてるわけです。

親や先生という、ちょっとだけ長く生きてる身近なオトナが自分への期待を語り合う。

数少ない時間なんだと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

同世代や少し上の方とご飯食べる機会があったり。
同級生と久しぶりに再会すると。

「やっぱり40過ぎたら自分の顔に責任持たなイカンなぁ」
と思うわけです。

いやいや。
顔だけじゃない…全部ですね。

つまり“醸し出される雰囲気全部”に責任持たなきゃならん。

もうですねぇ。
その人間の歴史が滲みでちゃってますから。
これは小手先云々ではどうにもならない。。が、

・臭くない。
・偉そうにしない。
・同じこと何度も言わない。

わたくしオッさんの一人として。
まずここから常に意識したく。

うーん、なんだかちょっと悲しくなってきましたが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

好きなことや興味あることに向けて活動するということは自分の中でも大切にしてきたことです。

しかし大抵“望んだままのこと”はできませんでした。

ある大きな方向性は自分が主体となって決めていく。
でもそこからの細かなことは社会が示すことに抗わない。

近視眼的に振り返りますと、やってることは色々。
でも俯瞰的に見てみると大きな方向性は間違ってない。

それこそ望むと望まざるとに関わらず、目の前のことに取り組めるコツだったりします。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今月24日の隔月刊セラピスト15周年イベントが近づいてきました(編集部ブログを最後に)

今回講壇に立つものの一人として、業界の歴史を振り返る機会を意識的に持ってます。

その中でもいい意味でセラピスト業界が距離感を保ってきたと思うのは、メディアとの関係性です。

世間にあるマイナーな業界にメディアがすべて存在するか?と言われればそうではありません。

実際にセラピスト業界には大小メディアがいくつか存在していて、たぶん今まで多くの恩恵を受けてきたんだろうな、と僕自身そう捉えてます。

その一方でマスコミと言われるくらいですから、マスを対象として常に情報を発信していく立場でもあるメデイア。

しかし元々セラピスト業界というのはマイナーな世界。

その中でもマス(市場)が反応するであろうテーマを毎号打ち出していくメディアがあったからこそ、
マイノリティの世界に身を置くものとして時に孤独に苛まれる個々のセラピストたちがこの世界に留まるきっかけとなっている。

そんな距離感が保たれてきた。

相互依存の関係ではない、互いに自立した中での関係性こそが今後も望まれる良き距離感なんだと。

『セラピスト編集部 ブログ』より

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜芝大門店
芝大門

ふと時間が取れたのでまだ行ったことないけど行ってみたいなぁというお店に足を運ぶことがあります。

このお店もその一つ。

名前の通り、芝大門がすぐそばにあって。

実際に目にするとやはり迫力あり。(当然と言えば当然ですが、グーグルマップでは門の絵ではなくただの長方形)

幸い早朝で気温も高くなく、テラス席に座ってそれ眺めながら時間過ごしました。

ふと反対側見たら東京タワー。
こっちはもっと迫力あり。

でもこれ不思議なんですが、写真に収めるとすごく小さく見えちゃいます。

迫力ある建造物に挟まれながらのコーヒータイムでした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
昨日浦和にあるサロンにお邪魔してきました。先日記事にも登場くださったNatural Happyの関口さん。
http://doubleworkjob.blog71.fc2.com/blog-entry-1755.html

彼女はatsuというオリジナルメソッドを確立なさっていて。

2012年発刊した拙書『オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン刊)でも書きましたが、『日本人セラピストの中に宿る“慮る技術”』を、一連の流れや技術的に表現されていまして、それを体感できて良かったです。

で、施術中や送迎の車の中で彼女と語り合ったのが『伝承していく』ということについて。

出会ってきた多くの伝承セラピスト(造語です)が共通して語ることがあって。

「これってする側もされる側もシンドイですよねぇ」

でもイヤイヤやってるわけじゃない。
それをしてこれたのは、常に自分自身に問いかけてきた結果。

ちなみに生徒さんやお弟子さんにも色々なことを常に問いかけるそうです。
相手もそんなこと初めてだから、初めはえっ?という反応。

そんな“問いかけと反応の繰り返し”を続けることで、伝承されていく。

そこには技術の習得度合いや優劣さではない、あくまでも目の前の人間を育てるという発想がベースにあるのでしょう。

そんな覚悟を持つものが“伝承できる人”なんでしょうね。
関口さん

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

肉

実は先日まで関わっていたとあるプロジェクトがストップしてしまったので。
一旦キリをつける、そんな食事会が東京でありました。

先日も少し記事に書きましたがこういうことはよくありますし、なによりいい出逢いがありました。

。。で、なんでこの肉っつうのはテンション上がるんでしょうね?

もう会話がですね、慰労とか反省とかじゃなくて。

「次だね、次。」となるんですから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜日進竹の山店
日進竹の山店

七夕である今日でちょうど10周年だそうです。

僕がスタバに行くきっかけとなったのがこのお店。

工事中に看板ができたときには
「えーこんな何にもない所に?」なんて思ってましたが、すっかり風景も変わりました。

この辺りはいわゆる新興エリアで大学なんかがいくつもあって。

毎年春になると新大学生が仲間たちと楽しそうに集まり、秋から冬になるとひとりひとりが勉強をする姿を眺めてきました。

思えば。僕自身も色んなアイディアがここで生まれましたし、三冊の自書もほとんどここで原稿執筆したんじゃないかな?

そういった意味で間違いなく一番お世話になってるお店。

サードプレイス(家でもない職場でもない第三の場所)という発想を教えてくれた場所。

10年。僕のサードプレイスであり続けてくれてありがとう。

心からの敬意と感謝を。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
結果は望んだものにならなかったとしても。
「あぁ関わって良かったなぁ」というプロジェクトが時にあります。

「そりゃ自己満足だ」と言われりゃそれまでですが、自らの成長の肥やしとなったと思える。自分の可能性を引き出されたと感じる。そんなプロジェクト。

意外と、ですよ?
実績や結果とは別に、そんな経験の積み重ねこそが自らを大きくさせるのかもしれませんね。

一つの世界に携わらなければ接点の生まれなかった様々なプロジェクト。

当時、失敗とか頓挫と言われたプロジェクトでの発想や関わった人との繋がりや記憶が。

僕の中にはそれはそれは沢山、留まっています。

プロジェクト

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【僕は『どの会社に勤めているんですか?』ではなくて、『あなたは何ができるんですか?』という問いに、耐えられる人間になりたかった。】〜もりおか・つよし (USJチーフ・マーケティング・オフィサー)

僕なんかがそうですが、
人は身近な人のしている事に興味を抱き、つい自分と比較ちゃうものです。

だから色んな問いかけをする。

で。シンプルだけど一番突きつけられる言葉が、

『あなたは何ができるのか?』

ですので、常にそれを意識しそのために変わっていく。

何ができるのか?の自分への期待に応えようとし続けた人間だけが、その問いに“耐え”られる。

つまりは綺麗な言葉なんか要らないんですよねぇ。

その問いに耐えられる人間。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


たとえばとっても遠い地域やまったく知らない土地の人と接点を持ちますと。

一度はその地域に行ってみたいなぁと思うようになります。と言いますのも、

人には関わる人や普段の生活という素材みたいなのがあるとして。
そんな集合体が僕が見ているその人に根っこにあるとする。

その土地土地の匂いや音なんかは、ネットなどでは伝わりきらない。
普段そんなのを浴び続けてその人があるとするなら。

するとやはり。
機会見つけてそこに行ってみて初めて、その人をちょっとだけ体感できるのかな?なんて。

そういったこと(人や土地や)って言葉とかだけで聞いてわかったフリしちゃいけないんですよねぇ。

つまり、わかってる様でわかってない。ということをわかる。と言いますか。
土地土地

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜アトレヴィ大塚店
大塚

なぜか今まで山手線の池袋駅から上野駅までの間の駅に降りる機会が少なくて、大塚駅に降りたのは今回初めて。

ということで初めて利用したお店です。

アトレということで駅直結のお店ですが、朝の7時台は他のお店が空いていなくて空いているのはスタバとパン屋さんくらい。

エスカレーターで2階まで上がるのですがパッとお店があらわれませんのでちょっと不安になります。

でも奥のスペースにお店を見つけるといい感じの混み具合で、皆さんよく利用されているのですね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜札幌南一条店
札幌一条

一年ぶりくらいに訪れたのですが、スタッフの方に「久しぶりですよね?」と。

こういうの何気に嬉しくて。
やられちゃうなぁ。。

朝に寄って夜にもう一度寄っちゃいました。

すると机にLEDロウソク。

そんな企画だったようで、朝も晩も特別な気持ちにさせてくれました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog