セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シェルパという存在。
元々はエベレストの麓で生活する少数民族であり、一般的には登山の際の頼れるガイドとして認識されています。

その一般的な立ち位置をセラピスト業界における存在として表現したのがセラピスト・シェルパであり、いわば書籍製作の過程の中で生まれた造語です。

常日頃から支援する立ち位置のお仕事をされている方はどの業界を見ても見渡せば沢山います。

では僕の思うシェルパとはどんな存在なのか?

支援するためのプロフェッショナルスキルがあるのは前提として。やはり彼らは、

その業界全体の流れをしっかりと認識していて、その流れ全体の中で自身がどこに身を置いているか、これから何が求められているか?を心にとめて活動しています。

つまり目の前のお仕事とは別の、空高く飛ぶ鳥の視点を見失っていない。

ですので。
元々その業界に携わる立ち位置であった人(たとえばセラピスト業界内でのセラピスト)が
・新たなプロフェッショナルスキルを身につけてシェルパとなる
・以前から有していた職業能力や人脈などをアレンジしてシェルパとなる
・知人など、身近にその業界を見続けてきて自分にもできることがあるとシェルパとなる

これはどの業界においても自然の流れであり、背中に羽をつけたり広げたりと言われる所以です。なので、

『なんだか◯◯そう(流行り、楽し、儲かり、ラクでき、チヤホヤされ)だから』だけではシェルパとは言えない。

これはどの業界においても同じことではないでしょうか。

◆◆◆◇◇◇
セラピスト・しぇるぱ

来週(札幌)と来月(広島)での出版イベント。

その前半ではシェルパという可能性を見出すための著者トークやアセスメントタイムなんかをワイワイとやろうと思います。

4月19日【札幌】出版イベント
http://www.relax-d.com/contents_1226.html (詳細サイト)

5月11日【広島】出版イベント
http://www.relax-d.com/contents_1227.html (詳細サイト)

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog