FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

昨日、友人とメッセンジャーでやりとりしていて。
いかに僕が不器用なニンゲンか?ということを思い出させられました。

子どもの頃から工作は詰めが甘く必ず残念な作品となり、
絵を描けばなぜかいつも最後は同じ様な絵にしかならず、
字を書けば6.7割は判読に難ありで。

料理をしててもかなり早い段階で『もう、いいよね。』と妥協し、
盛り付けをしたら絶望的な食卓風景となり、
『こんな干され方をされるために洗濯機の中で回ってたんじゃない』と洗濯物に怒られ、
『こんな畳み方されるために一日中吊るされてたんじゃない』と洗濯物に怒られ。

支払いの段でいまだに消費税が何パーセントかを間違え、
『あそこにいって楽しかったね』なんていう記憶は大抵間違っていて、
いつも三毛猫親子の名前を間違え冷たい目で見られる。

挙げはじめたら涙が出てきました。

でも不思議とそれぞれの分野でものすごく器用であったり、もしくはプロフェッショナルな人が身近にいてくれて。チャチャっと支えてくれます。

なにかと器用さが求められる時代ではありますが、こうして半世紀近く生きてこられたのはそんな人たちのおかげと思わされた、昨晩のメッセンジャーでした。
三毛猫

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog