FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ちょうど僕の住んでいる地域は梅雨の合間。朝、散歩できるのは嬉しいな。

6.7年歩いてますと。同じ人たちとすれ違ったり抜かされたりするんです。

本格的なランナーもいれば、季節限定のウォーカーもいて。

そんな人たちに後ろからビューっと抜かされたり、またペースが遅い人を抜かす時。

朝日を浴びてテクテク歩きながら。自身の日々の歩みにも当てはめたりします。

たとえば自分が可愛がってた存在だとか、教えた存在だとか、自分よりペースが遅いと思ってた存在が急に目の前を通り過ぎていった時。

そんなとき、ニンゲンって一瞬モヤっとするんだよな。

そのモヤっと感を自覚しながらもそのペースで抜かしていったその人に心からエールを送る。

そして一方で。
自分が抜かす時は前しか見ていないから抜かした人への意識がそもそも薄い。

そんなとき、ニンゲンってモヤっとされたかどうかなど考えないんだ。

そんなときにはペースを落としてでも一旦振り向いてふっと会釈する。そしてまたペースを戻す。

ピンであろうとチームであろうと、人と関わる以上。

正しいと自分が思うことだけをやってりゃいいのか?と言えばそんなショボいことはなくて、関わる人たちと自分のそんな感情の狭間で歩んでるんじゃないかなって。
朝焼け

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog