FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

僕の周りだけなのかもしれませんが。
バーチャルな繋がりとは別の、よりリアルな繋がりが今後益々求められるようになるだろうなぁ、と感じることが増えてきました。

リアルに繋がろうとすればするほどエネルギーが必要とされ、そこには一種の期待感も起こります。

その繋がりが「次の未来を見出すものになるかもしれない。」といったような自分への期待感ですね。

ですので。リアルな繋がりとは、そこに集まって互いが変化成長を確かめあえる様な場であったり、共通のテーマを元に集まっていることを確かめあえる場。

ベタな発想かもしれませんが、今も昔も変わりません。しいて言えば今は緩やかさをベースにそれができているかどうか。

各々の活動の維持のためだけの場ではない、まだ見ぬ自身の発展のための場であるのなら。
大小関わらず僕もそういう場には積極的に加わっていきたいなと思います。

僕が主宰するセラピストの学校のオープンキャンパスに置き換えて考えても。

セラピストであり目の前のクライエントに提供できるものがあるという共通項がある。
そして今を維持することに囚われるのでなく、未来に向けて何かをやろうとしているといったビジョンもある。

そんなセラピストたちの繋がりの場。

まぁ聞いてますと、思い描く未来はホント各々なんですが。
そのビジョンに向けて何かをやろうとしている個人のセラピストの集まりがここにあって、かつそれが緩やかに繋がっているとするなら。

その接点はとても有意義なものとなるんじゃないだろうか?というのが根っこにあります。
リアルコミュニティ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog