FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

長男の希望もあり家族で向かった東京。
移動やご飯などは一緒ですが数時間自由行動枠があるのがなんとなくの我が家ルール。

で。今回の僕はと言いますと。
地元の銭湯に行ってきました。
銭湯

たぶんほとんどが地元の人。
で外国の人も。全身や背中に模様のある人もチラホラ。

それぞれの街にはそれぞれの銭湯があり、そこには独特のルールや主(ヌシ)がいて。

脱衣所で脱いでドアを開けると。
一瞬、僕をチラリと見るなり。
『オマエ誰や?』的雰囲気。

いい、実にいい。

身体を洗い最初に入るのは一番メインの場所。
目の前で手刀の様にして湯船にスッと足を入れて。

アッッッツ!

なんじゃこの湯温の熱さ。
しかし『ここに浸かって初めてココに加えられるのじゃ』的ヌシの視線を感じ。

旅先。銭湯。上等。

うぉーっ。
オレはタコだ。茹でられるタコだ!

気合いを入れて肩まで浸かる。
すると、ヘリに腰掛けたヌシとおぼしきお爺さんが一言。

『にいちゃん熱いのによう肩まで浸かれるな。ワシらここは足湯代わりだぞ』

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog