FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

先日、とある勉強会のあとの懇親会で。
『どんな人とこういった場にいたい?』みたいな話題となりまして。

僕は固定の組織に属していないのもあってか色んな人と色んなシーンで懇親会の様な場に参加しますが、実はこの話題。

なんだかみなさん楽しそうにスイッチが入るんですよねぇ。
集まった中での先輩後輩序列とかとは別の、人の見方みたいなのがテーマとなると。キャッキャ言いながら。

で、先日の場では『地頭(じあたま)のいい人』と言ってくれた人がいて。

あーそうそう!とそこでも盛り上がりつつ。

僕が社会に出て間もない、それこそ20代前半から後半にかけてのことを思い出してました。

当時はひたすら。
自分に対しての万能感を求めてました。

なんでもできちゃうニンゲンがカッコいい!と。
器用さやスマートさこそが全てだ!と。

身近でちょっとそんな(っぽい)シュッとした人がいたら。
カッコから言い回しから真似して。

その結果としてどうなったか?
すごく地頭(じあたま)が悪くなっちゃいまして。

そりゃそうだ。

見栄と小さなプライドでできた立派なフルフェイスヘルメットをかぶりながら懇親会でおつまみ食べてるみたいなもんですから。

きっとそういった時に僕とその場で出会った人は、究極にツマンナイニンゲンだったでしょうねぇ。。ごめんなさい。

しばらくして。
自分の足りなさを明確に自覚するようになりまして。
もちろんそれは仕事のスキルとかそういうのより、人としての足りなさなんですが。

自分の足りなさを自覚したり語ったりする中で、そこから徐々に地頭も柔らかくシワシワになってきたのかな?って。

もちろん。懇親会の場で人としての足りなさだけを互いに悲しく語るわけではありません。

実はその部分こそがその人のキラリと光る個性や魅力であったり、エッジの効いたポイントだったり。

僕の場合はそこから全国規模の交流会組織『ホメゴロシの会』(現在は元祖だけを残し発展的解散)となっていくんですから。人生よくわかりませんよね。

僕と人としての足りなさを語り合いたい人はまた是非ご飯でも食べましょ。
地頭

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog