FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

どんなお立場やキャリアであっても。
そんな人たちに期待感みたいなのを僕は抱いているんですよねぇ。

これは。結果からくる実績やカタチあるものとは別のもので、その人へずーっと抱き続ける想いでもあるのかな。

そんな人たちにはいくつか共通点がある、と一人勝手に妄想してます。

『そもそも。スイッチを入れて動き始めるためのベース(土台)がある。』

それは社会的スキルなのかもしれませんし、そのために関わってくれる人たちなのかもしれませんし、動くためのリソース(資源)かもしれません。
それまでそのベースを積み上げているからこそ、自分のスイッチの入れどころがわかっているんじゃないですかね?


『メリハリをきかせる価値を常に意識している。』

スイッチが入り続けていますと電池切れや強制終了となることをよく知っていて。それも人から指摘される前にメリハリをきかせてます。
個々人においてもエネルギーを溜めて出すという流れは安定に繋がることを知っているからこそ、
自分のスイッチの入れどころがわかっていると思います。


『溜めを持つことに価値を見出し、エネルギーを費やせる』

実は彼らはスイッチを入れる前の溜め。その時が焦りや不安に繋がりやすいこともよく知っているんですよねぇ。
ですからむしろ溜める方に意識的にエネルギーを費やしています。
対外的にも極力じっとしています、それも堂々と!そんな時は無理やり引き出せませんよねぇ。。
つまりそれも、自分のスイッチの入れどころがわかっているということでもあるのでしょう。


たとえノンステークホルダー(利害関係のない人)であっても。
そんな人たちが僕の周りにはいて。

ですから常に一緒にいなくても。
たまに風の便りで、その人の中でカチッと音が鳴る様な事があったと知りますと。

いったいどんな事がありどんな風になるんだろう?と期待感が増してきますし、何より僕が彼らの背中から「メリハリ大切にしろって」と教えられてます。
メリハリ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog