FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

昨日はプライベートでも仕事でもお世話になっているスプリングノートさんの10周年記念(初日)で渋谷へ。

もうですね、渋谷で飲食で個人経営で10年続けることがどれだけすごいことか!

飲食に関する店舗についてはまったくの素人ですが顔出すようになって8.9年。
変わらないものとどんどん変わるものがあります。

毎回変わっているのは店内レイアウト。

いきなりジャングルみたいになってるときもあるし、カウンター奥の棚に並べてる小物もちょこちょこ変わってたり、楽器類の位置も変わればアレクサがBGMを取り仕切ってるときもあります。

一方変わらないものは。
りえこさんとマスターの対応。
これはずっと変わりません。

きっと場というのは。
人が流れる様に入ってきてまた流れていく、そんな循環の役目があって。

遊びココロと安心の場がここスプリングノートさんにはあります。

今回出された生ハムが美味しくて。そればっかりいただいてました。
たぶん1年分は食べたので、来年また1年分食べに行きます。
生ハム

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト



最近セラピスト仲間で話題になったりSNSの記事などで紹介されているのが、マッサージロボなる記事。

https://s.nikkei.com/2DRYDA2
『5本指マッサージロボット開発へ 豊橋技科大など』日本経済新聞電子版11月20日

この話題。以前から「そうなってくるだろうね。」とやりとりしていましたし、セラピストの学校の会報誌vol.2の特集『セラピストとAI』でもこの流れは遅かれ早かれ出てくるとお伝えしました。

身体へのケアをしている当事者視点では安全性など、その問題点がよりクローズアップされて語られがちですが。

改めて『人であるセラピストにしかできない社会的な役割は何か?』を考えるきっかけの一つとしたいものです。

セラピストは身につけたセラピースキルだけでその存在が保証されるものではなく、社会から必要とされて初めて存在意義が見出される。

『私のセラピースタイルは◯◯だから安心だ(もしくは心配だ)』と過剰に反応することなく、
自分がセラピストとして求められるものは何か?をこういったニュースから今一度考えてみる良い機会なのかなと思いつつ、この記事を読んでおりました。
ロボット

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


最近はセラピストが施術やセッションなどセラピーをするのと同時に。
その伝承や活動スタイルの伝達など、スクールや教室、講座など“レクチャー”するケースが増えてきました。

そのスタイル自体は今のセラピスト業界の発展を考える上では必然的なものと考えます(その理由はまたいつの日か)

と同時に。
セラピストにとってのセラピーとレクチャー。これをひとまとめに捉えてはいけないとも考えています。

僕の立場で言えばコンサルティングと講義との違いと近いかもしれません。

コンサルティングではその人の中に潜り込み、そこから結果に結びつくために様々な角度からの選択肢を提示して一緒にトライアンドエラーを繰り返す。

まるで、浮き出てはそれぞれの島に上陸する様です。

一方、講義では決められた時間やテーマの中で、不特定多数の人に同時に言葉を発しながら、一人ひとり違った気づきや学びや適用に繋げられるように細かく投げかけをして最後全体のカタチを整える。

見える山頂はあるけど全部一括りにせずに登頂までの道筋を伝えるような。

コンサルティングと講義と同じように。
やはりセラピーとレクチャーは山と海の様に違うものです。

この違いを認識した上で各々スキルを構築しセラピストライフを歩むセラピストたちが今の業界を支えていますし、これから第2揺籃期のフロントランナーとしての役割を担っていくのです。

違い
『セラピストの学校とは』
https://www.relax-d.com/contents_1337.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど逆にひろがるときがくる。】〜岡本太郎(芸術家)

たとえ周囲からみて何も様子が変わってなくても。

『なんなんだ、これは?』と自分でもよくわからなくなってるとき。

この、精神のとじこもりと拡がりの感覚なのかな?とも思います。

ただ僕は場合はあまり大げさには捉えていませんで、風船を膨らませるイメージなのですが。

一気に風船を膨らますときは肺にいっぱいの空気が入ってて。そこからしぼんだ風船に空気を送り込む。

膨らむ風船の大きさ云々より。
肺に思いっきり空気吸い込んでいる時の方がむしろ大切。

なので強烈なとじこもりというのは、僕にとっては肺の中に思いっきり空気を吸い込んでいる時なのかな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


先週は月曜から金曜まで。
色んなイベントなど参加したこともあり沢山の人にお会いしたなぁ。

やはり様々な事にチャレンジしている人たちと会うのはいいですね!

それと同時に。発想や歩み、スケールやスピード感を他人と比較している自分もまたそこにいます。

共通言語の近い世界で性別や世代だけでなく、スタンスやビジョンに共通点があれば尚更のこと。

そういった時は。
無性により静かな場で自然に“まみれたく”なります。

週末天気もいいし。
『海でも行こか?』と砂浜を歩くのが好きな妻を誘う。

するとリクエストされた場所はなぜか漁港。

堤防の上で腕組みして。
出航する漁船をしばらく眺める彼女。

その背中が語りかける。
『他人の今と比較するんじゃない、比較するのは自分の過去だけだ。』

。。鳥羽一子か。
鳥羽一子

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜三宮磯上通店
三宮磯上

三宮駅周辺には沢山のスタバがありますが、こちらのお店は歩いて少し先にあります。

ビルの一階のテナントですので店内も広くて落ち着きますね。

印象的なのは壁添いにある六角形のテーブル。
狭い中でも隣の人が通り抜ける時にテーブルに当たらないなどよく考えられてますね。

で、また神戸ということもあって異国情緒な雰囲気に浸れるのは、、僕だけかな?

店内は見る限り地元の人ばかりで観光客の人はいませんでした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


運動指導者のためのベストブレインウェルネスアワード。
今年も協賛企業として参加。
アワード
http://be-brain.jp/

インストラクターやトレーナーなど。運動指導者の分野は僕の関わるセラピスト
業界の“少し前を歩んでいる業界の一つ”だなぁと。

社会がその分野にどう期待をして、それをどのように表現し、カタチ作ろうとしているのか?

三年前にひょんなご縁から審査員となり。こうして連続で参加していますと。その流れみたいなものを知ることができます。

ああ、これって対人援助職としてそのままセラピスト業界の流れとも重なってるなぁ。

石の上にも3年とは言いますが。こういった表出の場を生み出し続けている主催団体とスタッフ。

またその場にいた、一つの世界に身を置くものの“競争ではない共創”のエネルギーを浴びた一日でした。

そうそう!

よくアスリートのインタビューや記者会見の時の背景ボード?みたいなのにロゴが入っているのを見つけて。

自分で記者会見風に撮るとカッコいいぞ!
いや、アスリート体系からはかけ離れてるし。
自撮りするとイタ過ぎるしな。。

ボードだけサッと盗撮みたいにして帰ってきました。
ボード

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜飯能PePe店
飯能

西武池袋線のずーっと先にある飯能駅。
その構内にあるお店。

今回は仕事ではなく少し手前の駅に降りて用事を済ませて。

この辺にもあるのかな?と調べてましたらポツンと駅構内に。
せっかくなのでと数駅足を伸ばして行ってきました。

だからと言いましても。

特別なお店ではありません。いたって普通の、スタバです。

おそらく朝晩は混んでいるのでしょうね、ここから都心に仕事に行かれている方も多いでしょうから。

平日昼間の店舗は人は少なく。
それぞれ数席離れて一人でいる様な人たち。

スタッフの笑顔だけが素敵に輝いておりました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

昨日は東京出張の合間で午前がポコンと空いていたので。
プライベートで埼玉のずいぶん西の方に足を運んできました。

実は小学校までその辺りに住んでたことがありまして。かれこれ40年ぶりくらいかな?

小学生の門に大きなクスノキが生えたのは映像として覚えてまして。
まだあるのかなぁ?なんて思いつつ、懐かしい小さな駅からタクシーで向かいます。
小学校

あぁあったあった!

毎日それに眺められて登下校してたんですね。40年後にどんなオッさんになっているかなんてまったく想像もせず。

タクシー待たせてましたし、あんまりじっと門にいたら不審者がられちゃうのでそこには1.2分しかいませんでしたが。

40年がギュッと縮まるような瞬間でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日は下北沢にてセラピストのイベントがあり行ってまいりました。

セラピーオンライブ。
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapyonlive1120

実はセラピストが普段どの様なことをしているか?はセラピスト自身が“客観的に知る機会”はあまりなく、僕の知る限りこのようなイベントは初めて。

1980年代から活動されていた第一人者のセラピストたちにとっては、セラピストの存在そのものをいかに社会に知ってもらえるか?が中心的なテーマでした。

そしてその世代から第二世代へ。
社会的には徐々に認知されつつある中で、現実的には沢山の壁に当たりながらも歩みを進めているセラピストたちがこの世界に数多く生み出されてきて。

クライアントに対する日々の活動を、
ひとりの表現者として。表現する場があったのなら?と作り上げた場がこのイベント(と受け取りました)

主訴に合わせるだけでないアロマブレンドが一つのアートとして表現され、
動と静。流れと止まる。など。光と音楽に合わせてセラピーを表現する。

セラピストの普段は決して華やかでない地味な活動ですが、表現するものにとっても。その場にいるものにとっても。

同じ世界にいるものだからこそ。
静かなる熱気に満ちたものでした。

そしてその場にいたひとり一人のセラピストたちはまた日々の活動に戻っていきます。

舞台の全体を見渡せる一番後ろからそれを眺めていて、ひとりひとりの心に青白い炎がポッと灯るような。
セラピーオンライブ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【仕事がすべてじゃない。すべてが仕事だ】〜デューク東郷(スナイパー)

『仕事がすべてか?そうじゃないか?』
ご飯食べながら先輩が熱く語り、僕は僕で真剣に耳を傾ける。

若かりし頃のおぼろげな記憶です。
それも良き思い出の一つなんですが。

ただ今となって。
シゴトではなく、仕え事。として考えますと。

この言葉、僕には沁みてきます。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今日は午後からセラピストの学校のオープンキャンパスが名古屋で開催されます。

名古屋でも3ヶ月ごとの開催ですが、オープンキャンパスという形で全国のセラピストたちと定期的に学びやディスカッションや交流の機会を持っていますと、わずか3ヶ月で“何らかの変化があった”と感じている人がとても多いということに気づきます。

これは個々で活動するセラピストにとっても。団体や組織に属したり、率いているセラピストにとっても同じくです。

『前回まったく考えてなかったことが始まって』
『どうもしっくりきてなかったのがいよいよダメに』
『動き始めたのがやっとカタチになってきたかな』
『何もしていないのではなく、今じっとしているという意識です』
『一旦、ガラッと変えていく必要があるので』など、事でも人でも動でも。

3ヶ月という期間は変化している感覚が鋭敏になっていたり、惰性とならずに言葉にしやすい期間のようです。

またこのオープンキャンパスに参加するセラピストとやりとりして感じるのは。

(講座や交流の機会など開催ごとのテーマはこちらでも用意しすが)参加するセラピストお一人おひとりもまた、個々のテーマを掲げて参加してるということでしょう。

そしてたまたまその場にいた初対面のセラピストが、その掲げたテーマに重なる立場だったり。不思議なくらいに自分のことのようにそのテーマに寄り添ったり。

緩やかな集合無意識を感じつつ、個々の活動を意識できるようなそういった場。

うまく言葉では表現できませんが僕も作り始めて気づくことばかりです。

個々で活動するセラピストたちに。
数ヶ月に一度はこういうリアルなコミュニティもあってもいいんじゃないかな?という想いを持っています。
オープンキャンパス

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜TSUTAYA駿河湾沼津サービスエリア(上り線)店
駿河湾

サービスエリア内のスタバは随分増えましたが、TSUTAYAとのコラボ店としては日本発とのことです。

目的地がどこにあるかは関係なくここに立ち寄ることが多いです。

TSUTAYAコラボ店としてはとっても小さいスペースですが、テラス席から見える駿河湾は天気のいい日はとっても眺めが良く気持ちがいいです。

レジのスタッフの人に『どちらから?』と聞かれ、答えたら『どちらへ?』とまた聞かれ。

ここのお客さんのほとんどが移動中での利用ということを考えますと、サービスエリアならではのやりとりだなぁって。

でもやっぱり眺めは最高でしたね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
高校時代の友人がご夫婦で商売をやっていて。半年に一回くらい仕事場にフラッと寄って立ち話して帰ります。

彼と立ち話すると。
いつもシンドイとか、やっとれん(名古屋弁?)とかラクできんなど、話すのですが。

まったく嫌な気持ちにはならないんですよねぇ。むしろ爽やかな気持ちにさえなります。

たぶんそれは彼の表情から。
『どうせなら“自分の人生すごろく”歩んだろ』という腹づもりを感じられるからなんだと思います。

最初は四角の塊が転がっていて。それを拾ってから各面に穴を開ける作業をして。

そしてサイコロを振る。

その出た目の通りに進もうとするけど、はじめのうちは進むマス目もないので自分の方向を見定めて自分の歩幅に合わせて進む。

まぁ思い通りにはいかないのでガックリしたりもする。

でも自分の人生すごろくをしているという自覚があるので、たとえその目が1だろうと6だろうと前に進める。

数字の大きさ小ささでブーブー言うけど自分の人生すごろくなので、やめることはしない。

彼が高校卒業して一から商売を始めたときに語ったときのことを今でも鮮明に憶えてます。

『俺みたいな、なんもないヤツに手を差し伸べてくれるんだよ。やるしかないだろ?』

いつも彼の仕事邪魔しちゃうので、仕事終わりにと500mlのスーパードライを二本持っていき、いつも奥さんからはブラックの缶コーヒーをいただく。

数えてみたらもう。このすごろく始めてかれこれ30年。缶コーヒーの苦味なんて大したことありません。
ブラック

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


先日紅葉を見ようと急遽家族で遠出したのですが、せっかくなので北陸まで足を伸ばそうということになり。

宿泊先の確保を妻に頼んだら。
『なかなか適当なホテルがなかったのでロッジにした』と。

山の中を進み到着。
ポツンと現れたロッジ。。
て、これ完全な古民家ですよね?
古民家

しかし!これが思いのほか良くて。

囲炉裏で火おこして。
気づけば無心に炭をいじる。

日本海沿いの魚屋で魚さばいてもらってそれを刺身とアラ汁にして。
干物は囲炉裏で焼いて。

う、美味いじゃないか!

その後は。囲炉裏囲んでのトランプ大会。
家族でするトランプなんて10年以上ぶり。父親として負けられない戦いがここにもあります。

ババ抜きに大富豪に7並べに神経衰弱。
連戦連敗。

記憶にしたがってトランプめくって取っていく神経衰弱に至っては。

『もらったぁ!!』とめくると。
ビックリするくらいに違う。
そのうちホントに衰弱してきて泣けてきました。

戦いを終えて。外に出たら満天の星空がキラキラしてて綺麗だったなぁ。
ま、戦いに敗れ涙に濡れてたのもありますが。
囲炉裏

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


11月も半ばとなり。
来年のスケジュールなどがポツポツ入ってきますと急に年末が近づいてきた感覚となります。

よく来年こそは!と言いますが、年が変わった瞬間にガラッと変わるわけではなくて。

徐々に潮が満ちたり引いたりするように。でもその大きな流れは続いていくような風に感じてます。

それは各ステージにおけるプロとしての、日々の活動上のサイクルにも重なります。

ちなみに僕が携わるセラピストの世界においては。
去年後半から今年2018年にかけて業界の移行期となっていると仮説を立てて発信しています。

その現れとして2018年から来年にかけていくつかの注目すべき個人セラピストの活動がより発展して目に見える形となってきたので。

それを伝えているのが名古屋、大阪、福岡で予定しているオープンキャンパス内での話。
【2018年~個人セラピストスタイル~活動編】
https://www.relax-d.com/contents_1415.html

具体的には様々な他業種との連携や法人契約、日本だけにとどまらない海外での活動など。

すでに札幌と渋谷では伝えましたが、準備している時の想像を超えているなぁと感じてるのは。

その場にいる彼らが『すでにそう動いているケース』がとても多いということでしょうか。

つまり。セラピストが個々において業界の移行期を感じ取って各々活動に取り入れている。という。

次にくるであろう業界揺籃期とはトライ&エラーを繰り返す中でカタチづくる時期でもあるので、まずはやってみようとするプロセラピストが増してくる。これはまさに、

必ず上手くいくから。というより。
失敗しても取り組んでみる価値がある。という想いが優っている者が、
潮が満ちるように増えてきている証だと思っています。

業界全体という俯瞰視点(ふかんしてん)で見れば。

それをロールモデルとして伝えたり参加者同士、ブレストできているのがこのオープンキャンパスでもあり、もっとたくさんのセラピストたちにこのことを伝えなくちゃ、と種を蒔き続けているわけです。
オープンキャンパス

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スタバ探訪記〜天神渡辺通り店
福岡天神渡辺

天神の中心になるのでしょうか。
西鉄天神駅からすぐにあるお店です。

店内は観光客が一人もいなかったのはタイミングだったのかもしれません。

ここにたどり着くまで日本語よりもむしろアジアの人たちの言葉ばかりでしたから。

入り口は狭く、でも店内はとっても広く。
一人がけソファも数席あって贅沢な空間となってます。

それから壁がレンガ風になっているのもあって暗くて落ち着いた雰囲気で。

最近は壁も椅子も明るめのお店が多いのですがなんだか暖かいコーヒーがマッチする空間でした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【乗りかけた舟にはためらわずに乗ってしまえ】〜ツルゲーネフ

ついイケイケの発想でこの言葉を使いがちですが。

ふと最近この言葉を目にして。小舟の舳(じく)か何かに片足だけかけたときにどこに重心かけてるんだろう?って。

乗るか乗らないか?のためらいはあるにしましても。一旦乗ると決めたら必ず足はかける。

でもそこから踏み込んでみての感覚は決して闇雲(やみくも)ではありません。

すべてにおいて疑わずに。
すべてにおいて闇雲にせず。

こういうのもまた大切にしてることです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


来月札幌でセラピストだけでない事業主や起業したばかりの方への単発講座を依頼されました。

テーマは『ブランド力を高める。』

ただこのブランド力やブランディングという言葉。時代の変遷と共にもうその捉え方から手法含めホントにバラバラで。。

個々に活動する事業主たちを見たとき。なにか個々人の強い意志からすべてを成し遂げた類を周囲から聞きますが。

本当にそれだけなのかな?というと実はそうではありません。

身も蓋もない表現ですが、皆さん何か流れに乗ったということをおっしゃいます。

その、風を読むような波に待つような感覚。

教科書には書いてませんが、個々人や個人の集合体のチームとしては切っても切れない感覚であり、その未来を見る感覚はブランド力との相関関係はあるかな?と思います。

『ブランド力を高める』というのは、
未来の自分と社会の折り合いをどうつけていくのか?

それが結果お客さまに選ばれていく力でもあったりします。

で、それをお一人おひとりに刺していく(伝える)のも僕の一つの役割だと思ってます。

ブランド力

札幌12月11日『お客さまに選ばれるブランド力の高め方』
http://www.plat22.com/64662.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜福井二宮藤島通り店
福井

たぶん福井にあるスタバは初めてです。

だからといって特に変わった風はなく、いつも通りの店内でした。

日曜の朝は特にお休みの方が利用しているのかな?と思うのですが、各々朝ごはんであったり本を読んでいたり。

リラックスしている感がお店の雰囲気ともなりますから不思議です。

僕は店内に唯一の皮ソファを見つけて座りました。

この皮のソファは5.6年前は多く利用されていたのですが、置いている店がめっにり少なくなりましたね。

たしかに沢山の人が座るので所々皮が破れたりしているのですが、それもまたお店の歴史を見せてくれているようで好きなんですけどね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


紅葉で有名な鶏足寺。
数年前に訪れたことがあって。

とっても綺麗だった記憶があるのですが、それを写真好きの次男から聞いて数ヶ月前から『行きたい行きたい』とダダをこねていた妻。

プライベートの記憶がすぐに混濁する僕。
『あれ?行ったことなかったっけ?』

『。。。あなたは誰か別の人と行ったのですか?』と妻。

ビビる次男。
震えだす長男。

結局今日明日と急遽の小旅。
現地で母親に色々気遣う次男。

『いやぁ。空気も美味しいし気持ちよくサンボできるね!』

なんでここでソビエト発の格闘技やるんだ?
鶏足寺

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


なんだか最近。
料理が上手な人が多すぎませんかね?
SNS見るだけでお腹が鳴りそうな手料理画像が僕をいつも楽しませてくれます。

数日前のこと夜ご飯作ってまして。

息子二人の分はそれなりに考えて作るんですが、なんか自分の分だけとなって集中力がまるでなくなり。

炒め物して最後味付けしようとしたら塩かけ過ぎたみたいで。まぁ色味は変わらないからいいかと味見したら。。

『死海で息継ぎ失敗』みたいになりました。

たぶん。料理が上手な人は撮影するところまでイメージして作ってるんでしょうけど。

僕は口に入れた瞬間に記憶が飛び、スマホ指紋認証する指も震える。

料理は作るよりも食べる側に徹した方が世界環境にもいいんじゃないかと涙した夜。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

いつも書籍発刊や隔月刊セラピストでお世話になっているBABジャパンさん。
ちょうど100号記念誌の発売日で一か月後にアロマ&ハーブEXPOというビッグイベントもあり。

編集部にお邪魔して雑誌セラピストを生み出した編集トップと滅多に顔出ししない営業トップと記念撮影でもしましょ!と。
編集

しかしなんでしょうね。。この華やかさのかけらもない男絵面(エズラ)は。。

◆◆◆◇◇◇
さて。今号も沢山の顔見知りセラピストさんたちと誌面で再会しながら。
世の中には本当に特徴的な活動をされているセラピストさんたちがいっぱいいるなぁと。

僕はテレビや週刊誌の様な大手メディアでなく、こういった専門誌の持つ特徴として。

誰もが知ってる著名セラピストというより。目の前のクライアントのために各々活動し続けてきたセラピストたちにスポットライトが当たることの価値を感じています。なぜなら、

個のセラピストならではの特徴が“一瞬普遍化される”ことで、より多くのセラピストたちの参考と活動のヒントとなるからです。

湖に沢山の石を投げると、それぞれがそれぞれに波紋(水の輪)が広がって波紋同士重なったり。そんなイメージです。

今まで数多くのセラピストたちを本誌に繋いできましたが、それはその真摯な活動の先に多くのセラピストたちの指針のきっかけとなればと思っているからなんですよねぇ。

そして来月開催のアロマ&ハーブEXPO。

廃校となった学校をリデザインした素敵な場所らしいですよ!

では12月7日に講座を一つ受け持つのですが、お一人おひとり自然療法セラピストの活躍ステージアップのお話をします。

なぜ自然療法セラピストが日本で受け入れられているのか?
数多く存在する自然療法セラピストの中であなたの特徴はなんなのか?
クライアントとの距離感はどのようにステージアップさせていくのか?

会場に足を運ぶ予定のセラピストさんは事前に申し込みなさってくださいね。

【東京12/7開催】 悩めるセラピストのための“ステージアップ”講座
https://www.relax-d.com/contents_1504.html

隔月刊セラピスト100号
「100人に聞く。仕事と生き方 セラピストの人生は楽しい!」
https://www.therapylife.jp/therapist/201812/


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

教えるものの責任

『プロフェッショナルを育成する。』それは思っている以上の重さがあります。

全国にある“セラピストを育成養成する場”に出向きますと。

その卒業生や巣立っていったセラピストと育成者が楽しそうに、時に真剣にやりとりしている。そんな場面にでくわします。

すると。考え方だけでなく喋り方から雰囲気まで似てくるのですよねぇ。

そんなシーンを微笑ましく眺めながらも。それはパッと出来上がってきたものではないなとも思います。

と言いますのも小規模の教室や講座、セミナー、スクールや塾。
様々な形はありますが、伝える側のその発した言葉やたたずまい、技術への想いやその先にいるクライアントに至るまで。

それが脈々と伝承されて今のセラピスト業界があるからです。

特に日本だけでなく、世界を見ても。
技術伝承を含めたセラピストの育成というのは、ひとりひとりに寄り添う覚悟と準備と長きに渡る関わりが必要だからです。

つまり。特に大きな教育機関ではないけれど、ひとりひとりをしっかり育成している小規模なスクールが今のセラピスト業界を支えているということです。

教室などをせっかく始めたはいいけれど上手くいかずに辞めてしまう。これが積み重なると業界全体にも影響が出てきます。

その運営から育成、羽ばたかせていくに至るまでの支援の必要性を感じつつその準備を進めています。
育成

セラピストの学校とは
https://www.relax-d.com/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜京都四条葛野大路店
京都外語大学

京都外語大学の目の前にあるお店。
駅からも遠く車でなければなかなかいかないお店ですが。

秋深まるこのシーズン、京都のスタバで観光客の姿を見ずに落ち着くにはこれくらいなんのその。

このお店でとっても面白いのが、メルセデスベンツ販売店の区画にあるスタバのお店だということ。
日本ではここだけなのかなぁ?

二階のテラスでベンツと一緒にコーヒー飲みたい車好きの人はおススメです。

ちなみに店内。
そんな車好きそうな人は。。一人もいませんでした。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日まで芦屋〜難波〜京都でしたが、最後は大阪の実家に顔を出していた妻をピックアップして家路に着きました。

車で関西入りする時は高速道路上で太陽の塔が見えてくるのですが、そこで通り過ぎるそれを眺めながら。

『これって50年くらい経ってもさ、近くで見るとハッとするよねぇ』と彼女。

時間と共に色あせていくものがあれば、時間を超えても人の心に留まったり、常に問いかけたりするものもある。

それから名古屋までの車の中で。
彼女は彼女でプロとして関わる人たちの話をし。
僕は僕で今回出会った人たちとのことを話しながら家路に帰ったのですが。

たとえ自分たちがいなくなった50年先でも。関わった目の前の人から、また次の世代、そしてまたその次の世代へと継承されていく。

そんな、人の心に楔(くさび)を打てることを今、してるのかな?なんて。

【自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。】〜岡本太郎(芸術家)

帰り道、岡本太郎のこの言葉を思い出してました。

太陽の塔

画像参照元:太陽の塔オフィシャルサイト
https://taiyounotou-expo70.jp/project/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

神戸芦屋から大阪の新世界へ。
僕はどちらの空気も大好き。

ここのところ空振りが多かったホルモン鍋のお店。

うわっ、並んでるなぁ。
でも今日はちょっと時間あるから並んでみよ。

いやぁ。待つわ待つわ。
30分ほど並んでいたら見知らぬおじさんにダイヤの8のトランプを渡されて。

並んでる人たちはみんな嬉しそうにカード見せ合って。
うーん、これは何を指しているのだろう。
並んでる人で暇つぶしにカードゲームでもするのか?
トランプ

待つこと1時間半。

やっとカウンター席に座ってホルモン鍋にありつけました。

そう言えばカードゲームしなかったトランプ。整理券だったとは。
ホルモン鍋

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

芦屋
昨日は神戸芦屋での講座。会場のテラスから六甲山の眺めはとっても気持ち良かったなぁ。

そこでは始めましての方もいましたが、3年ぶり5年ぶりのセラピスト、先月にオープンキャンパスに来てくれたセラピストもいて。

それでも。感想を聞くと共通のキーワードが出てきます。色々聞いてみますと。

いつものごとく。講座そのものは聞いたこともないような、目新しさや魔法のようなものはありません。ただ、セラピストとしての覚悟。を各々得ているのだろうなと感じます。

様々なジャンルスタイルのセラピストが集まってくる中で。その覚悟については簡単に教えたり一言で言えるものではなくて。

たまたまの学びの機会を通して考えたり、気づいたり、再確認する。
自分の存在への覚悟なのです。

目新しさを含めても個人で活動するセラピストが学ぶ場がもっとあればいいなと思うと共に、テキストやテーマとは別にそういった覚悟を確認できる場なのか?単なる学びだけの場なのか?

それは誰かに言われてではなく、セラピスト自身が熟成させていくものでもあるのですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

まったくわからないスケジュールが一件ありまして。手帳に書かれていた昨日の予定。

ひと月前ぐらいから『これぞ老いの始まりだ。。』と一人で嘆いておりました。

特定の人とのアポではないことまではわかってましたので、そのままスルーする選択肢もありましたが。

とにかく。その“付近”に行ってみようと。空振りだったらそれで仕方ないなと。

近くの駅でおりて散策。
まぁ目は血走ってたと思いますが。

そうこうして1時間ほど。

しょうがない、帰るかと乗りこんだ駅エレベーターに米国在住のユダヤ人が乗り込んできて。

顔見て、あっ!

チラシを手にして今の自分に必要かな?と手帳に走り書きした元(講師)となる方でした。

なかなか聞けない貴重な話でした。

老いの始まり。と嘆いておりましたがそれで終わらせず。
そこから空振り上等で足を運んでみた自分にOKしないといけませんね。
国際センター

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜ルミネ大宮LUMINE2店
ルミネ

大宮駅の改札を出て東口に向かって歩いてふと目線を上げますと。
吹き抜けの窓からバーンと見えるお店。

それこそスタバで一番長い“一人がけテーブル”じゃないかな?と思うくらいに長い長い!

しかもズラーっと並んで座ってますから。

ちなみに店内はそのほかにもテーブルと椅子があります。

大宮駅構内のスタバはいつも混んでいる印象がありますが、やはりレジは長蛇の列でした。

路線を考えても様々なエリアからこの大宮駅に向かってきてますから、ここで一服とか待ち合わせてとか。

有効に活用されているお店なのですね!

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog