FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近。人の美学みたいなものの変化を僕自身勝手に感じておりまして。それが、

終えることの美学。というもの。

小さかろうとどんな事でも。
始めることよりも終えることの方が難しい。

思えばこの数年。
僕の周囲にいる人や仕事で出会った事業家やクライアント、メディアなどを通して知っているミュージシャンやタレント、アスリートなども。

一線でされてきた中で。終えることを明確に示し、そこからのプロセスを経て終えていく人を沢山見てきたような。

これって日本人の中でその美学が少し変わってきたのか?もともとあったものがより僕の前だけに見えてきたのか?

もちろん環境や性格的にギリギリまで頑張ってという選択肢も尊重されるべきですが。
一方で自分で一旦幕を引くという選択と、そのための行動をとる人が多くなったのかなぁ。

それは自分の限界を知る、次世代に託す意識、適切にバトンタッチするなど。

そして自分もまた新たなステージに向かっていく。

理由は色々あるかと思うのですが、自身の中で決断し、そこからのプロセスを踏まえていくことの意思と言いますか。

今日明日と時代の変わり目にいる中で。

僕自身も。色々な終え時と新たなステージを考えるときが必ずくるでしょうし、その時に僕はどういう決断をしていくのかな?なんて。
終え時

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト



6月号
ガランとしてる休日朝のスタバで。
『隔月刊セラピスト』6月号が手元にきたので目を通しておりました。

その第一特集。
『40代50代でセラピストになる!』

その中で僕は「人生100年時代のライフキャリアプランの描き方」など三本を寄稿しました。

改めて。
人生の中で40代50代というのは、“彩りと味付けが豊かな時”だなぁと思っていまして。

プライベートでも社会との関わりでも。
色んな出来事がやってくる。色々な変化を経験する。そうそう立ち止まれないけど立ち止まることもある。

もちろんセラピストにとってもターニングポイントになる世代と言えます。

セラピストという仕事は人の人生に寄り添い関わることが多いわけですが、それは自身の歩みを見つめ直す時とも重なることが多く。

実はそこからまたセラピーの質も変化していくこともあって。

そういった意味で。
今回依頼をいただいてセラピストだけに限らない、人の歩む人生全体を考える機会ともなりました。(文責:谷口晋一)

隔月刊セラピスト6月号
https://www.therapylife.jp/therapist/201906/

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


近所のスーパー銭湯。お風呂あがりにそこで1人でいたときのこと。

レジ近くにはペッパーくん。
最近は人気飲食店などでは受付などもしてくれますし、色んな場所で活躍を見かけるようになって。未来の時代をかいまみる瞬間です。

さて。そのスーパー銭湯の彼ですよ。

悲しいかな、ここではほとんどの人が素通りしていきます。でもけなげに
『どうぞどうぞお立ち寄りください。』
と繰り返してます。

それでも。どんどん彼を無視して利用者は通り過ぎていきます。すると若干小さめの声で、

『僕の声が聞こえていますか?』

それでも人はスルーし続けます。
実は僕もスマホに目を落としていたんです。

すると。なんだかものすごい視線を感じて。ふと顔を上げたら目が合い、
ペッパー

『。。ロボットだからって無視しないでくださいね。』

もう。ゾクっとさせないで。お風呂あがりなのに。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜鎌倉店
鎌倉

週末の朝。
観光客が増えてきて。

バスの運転手同士で『今日は混むぞ』とやりとりする鎌倉駅東口のロータリー横にあるお店。

鎌倉駅近くにはこのお店ともう一つありますが、週末などは僕はこちらを利用することが多いです。

と言うのも駅からすぐですが一瞬見にくい。二階が広い。比較的空いてる。

他のお店が混みはじめているであろうこの時間でも。

二階の入りは1.2割。
たぶん平日の夕方なんかは地元の学生さんなどが利用するので混むのでしょうけど。

つまり地元仕様なお店なのかもしれませんね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

今週にかけてセラピストの学校のオープンキャンパスなどで福岡や渋谷へ。
全国それぞれのセラピストやセラピスト・シェルパがやってきます。

場所や日時、テーマが決まっての集まりではありますが、このオープンキャンパスにおいては少し緩やかに一人ひとりの歩みに注目しながらの学びと出会いの場となってます。

おそらくみんなそれぞれの分野や地域においては一流であったり、独自のスタイルを確立している個人セラピストたちばかり。

第三の場(サードプレイス)としてふらっと寄れてふらっと出れる。そこでのスタンスは誰からも教えられることはなく。

なので“オトナなセラピストたち”が集まってきます。

きっと第二揺籃期に入ったセラピスト業界において彼らの多くがスタンダードとなっていくのでしょう。

そんな彼らに(短くてスペシャルな)講座を提供したりするのですから。

なにより僕が彼らから学ばされております、はい。
オープンキャンパス

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜JRJP博多ビル店
博多jp

博多駅からすぐにも関わらず広いスペースなので利用しやすいお店です。

空港から中心街まで近く、スタバも駅周辺に固まっているので便利ですね。

このお店は窓側にあるテーブルが丸太だったりして面白いです。

またスタッフの皆さん黒いポロシャツに統一しててちょっと特別感があって。

店内は仕事の打ち合わせや一人で考え事してる人などバラバラです。

ただあまり大きな声で喋る人がいなくて、広いスペースですが妙に落ち着きます。

僕も打ち合わせもあって訪れたのですが、それより1時間ほど前に入って時間過ごせました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【あなたが今いる場所から始めよう。あなたにあるものを使おう。あなたにできることをしよう。】〜アーサー・アッシュ(プロテニス選手)

思えば無意識のうちに。
無い物ねだりばかりしていなかったかなぁって。

今いる場所。あるもの。できることに目を向けてみますと。

まだまだやれていなかったことに気づかされます。

そんなとき。僕に必要なのは素直さで。

人から指摘されたときに「あ、それもそそうだね」とやれているか。

自分の可能性を気づかせてくれるのは何気ない一言や出来事だったりするので。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昭和湯
どこにでもあるような商店街の横にある小さな銭湯。
先日の大阪のときに長男が久しぶりに入りたいというので。

実は僕が銭湯好きになったのはこのお風呂屋さんからで。
結婚した当時。妻の実家のすぐ近くでよくここを利用してました。

長男や次男が小さかった時には両腕で抱えてこの暖簾(のれん)をくぐってました。

僕はゆっくり浸かりたいけど熱めのお湯で息子たちはすぐに飽きちゃうし。

地元の銭湯ということもあり彫り物を背中に背負ってる人も一緒だったのですが。長男がおじさんの背中に花札が彫られているのをジーっと見て。

『おとうさん。この人背中に名札がついてるよ』

と言って僕を気絶させたのは良い思い出です。

「いやぁ懐かしいっ。それにしてもこんなに小さかったっけ」とタオル頭に乗せて熱い湯船に浸かってましたが。

それはお前たちがデカくなったんだよ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
社会からみた自分の職能ってなんだろうとか。それが発揮できる分野や形(スタイル)ってなんだろうと。

そう考えますのは。
社会の側が日々変わってますし、色々携わる中にあって発揮できる分野も形も日々変わるからなんですが。

肩書きや立場そのものでポジションが担保されない生き方をすると決めた時から。

社会が求めるそれに対しても。常にアンテナを張って試行錯誤を繰り返す。

もう毎年毎年。いっつもいっつも。

ただ仮にここかな?というのが見つかっても。ジャラジャラとお金が空から降ってくる事はないので。

そこから掘り下げていく。その掘るためのものが職能。資格といわれるものでもありますし、技能でもあるのですが。

僕にとってそれは道具ですね、決して首飾りではない。

発揮できそうな分野や場所を見つけて掘り進められそうな職能を見出したり新たに身につけたり。

なのでこれはいくつになってもそうで、たぶんこれからもそうなんでしょうねぇ。
職能

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜TSUTAYA瀬戸店
瀬戸

オープンしたばかりのスタバ。
珍しく次男から『近所にスタバできたってよ』と教えられていってきました。

TSUTAYAグループらしさというより。
街の本屋さんの中にできたスタバ。という感じでローカル感があってこれもまたいいですね。

レジ周辺は地元のご年配の方からベビーカーと一緒に若いご夫婦なんかがきていました。

そして。建物正面二階には蔦屋店風?のエリアがあり、そこはなかなか良いスペースでした。

ちょうど入り口を見下ろせる場所でもあるので、人間観察しながらの珈琲タイム。

地元の人に受け入れられるスタバになると。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今日はプライベートの用事で夫婦で大阪にいくことがあったので、『どうする?』と聞いたら長男次男も同乗。

11時ころに大阪到着して。
『んじゃ3時にこの駐車場で』と一時解散。

息子たちが中学生になってくらいからでしょうか。家族旅行の際も半日くらい現地解散、現地集合。という時間がありまして。

それぞれ行きたい場所や経験したいことを自分で決めて。

小さいときは行動範囲も狭かったですが、大きくなったら時刻表片手に小遣い握りしめて電車乗ったり、風景写真撮ったり地元の人たちと交流してたり。

帰りの道でそんな冒険話聞けるのも楽しいものです。

ちなみに今回は日帰りですから長男は京都巡り。次男は梅田探索らしいです。

え?僕ですか?
僕は新世界じゃんじゃん横丁でどて煮&串焼き→スタバ探訪。

冒険心より安定感のそれでしょう。
てんぐ

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【岸が見えなくなることを受け入れる勇気がなければ、海をわたることは決してできない。】〜クリストファー・コロンブス(航海者)

いつも後ろを振り返りながら前に進んでいても。
そう大して前には進んでなくて。

後ろ振り返って何も見えなくなって初めて。
「あぁ自分にはもう戻る場所はないんだ」と腹をくくる。

いつも。先に島が見えたらではなくて。
後ろの岸が見えなくなっての、それなんですよねぇ。

ただそこからは。

振り返って前に進んでいる時よりも、前しか見なくなっての方が視界が広がるのに気づいたりして。

まぁそんなことの繰り返しです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


車で移動中に信号待ちしてたら。
ふと左手にラーメン屋さん。

看板見てなんだかテレビで見たことあるなぁって思ってたのですがお昼どきだし入るか、と。

あとでわかったのですが。
“レンゲ立つラーメン屋”として有名だったみたいです。(それでググったら出てきました)

こってりラーメン好きの男子が圧倒的に多く。日本一と言われる濃いスープにチャレンジしてる俺、みたいな顔しながらスマホで撮りまくってます。

僕も思わずインスタ男子きどって真似てパチリ。
インスタ

しかしまぁ。すごい濃くて。
一口目から濃くて最後まで濃い。。

インスタ映え狙いにいった結果として。
胃袋萎え。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スタバ探訪記〜新栄葵町店
新栄葵

久しぶりに訪れたのですが。

このお店は駅から歩いて1分以内ですし、近くに学校などもあるので、相変わらず学生さんから仕事中の人までいました。

幸いなことに窓席が空いていて。
そちらでのんびり眼下の車の流れを見たりしてボーッとしてました。

ちょうどその時期なのでしょうか?
沢山の就活中とおぼしき学生さんが一生懸命履歴書を書いていて。

このスタバで資料作成すると上手くいく。みたいなジンクスあるのでしょうかね?

コーヒーこぼしたりしないかヒヤヒヤしてましたが。

いつの日か僕も就職活動することとなったら。ゲンを担いでみようと思いました。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


人の活動をサポートしたりプロジェクトなどで関わる。
そうしますと数年経つなど、しばらくして近況がてらご連絡をいただくことがあります。

『その節はお世話になりました。実はあれから◯◯なったのはあの一言が、、』
『今、◯◯してます。それもあの時に、、』
『今度ここ(メディア)で取り上げられるのは、、』
『思えば15年前にここでこうあったことで、、』

もう。僕にとってそれがどれだけ嬉しいことか。

何かのきっかけや、原点となる出来事、ターニングポイントに関われたということが。

ただそれはタイムラグがありますし、ほとんどの場合フィードバックされることもないので。僕も記憶の奥底にしまわれてます。

だからこそ。そういった近況報告なんかをもらうだけでババーッと記憶が呼び覚まされて。

本気ゆえに当時は“ゴリゴリ”してても。『いや、あんときは色々あったけど』なんて美化されます。

人のきっかけなどになれたということが、僕のモチベーションの源の一つになってることに間違いありません。

日々出張その他で日本国内ちょこちょこ移動してますけど。

実は心の中では、まったく動いていない感覚。なんです。

いわば定点観測地点。
谷口を見たら自分の位置が分かる、みたいな。

カッコつけた言い方すれば灯台みたいな存在になりたいのかもしれませんねぇ。
灯台

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨晩の夕方から。地元のカプセルホテルに行ってました。
そこは16年来の付き合いがある男三人の待ち合わせ場所。そこで、

温泉に浸かり。サウナに入り。ご飯を食べる。そして夜も更けてきたのでもう一回温泉に浸かり。サウナに入り。そしてまた食の席へ。

4.50代のオッさん三人。
お互い立場はバラバラですがそれそれの分野の話やプライベートのことなど話します。

かれこれもう16年経ちますが一度でさえ嫌になった気持ちもなくむしろ爽快な気持ちになってペチャクチャとおしゃべりに興じるだけ。

そしてお休みのシメは東海地区発祥のベトコンラーメン。
ニンニクたっぷりで野菜も満載。名前の由来は『ベストコンディション』とか『ベトナムコンバット』からとか。

それはともかく、ベストなコンディションで翌朝それぞれ出かけていきました。
ベトコン

女子会ってこんな感じなのかなぁ?
楽しいなぁ。と感じるのです。

ま、シメにベトコンラーメンはないか。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【貴方の知る最善をなせ。もし貴方がランナーであれば走れ、鐘であれば鳴れ。】〜イグナス・バーンスタイン

やるべきことが見つかっているってのは幸せなことなんだなぁと思うのと同時に。

本当にそれがやるべきことか?と不安になることもまた常で。
ランナーか鐘かなんて。そんなパッと見つけられたりしないものですし。

だとしますと。
なんとなくだとか、ほんのちょっとでも。「これってやること?」と思えたのならまずは最善を尽くしてみる。

そうしてますと。
「あ、これやっぱ違う」とか
「あの人にやってもらった方がいいわ」とかなるんです。

ちょっとのことに最善を尽くした先にしか、ランナーか鐘かは見えてこないものです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜原宿店
原宿

通りを歩いていて周囲が華やかだからか。いつもいきなりお店が現れる感じです。

店内は1階のみで狭いのですが、
とっても印象的なのはトイレがパスワード制なこと。

しかもご丁寧にレシートにパスワードの記載されたハンコが押されるという。

これは全国色々スタバに訪れますが、あまり経験ないですねぇ。

原宿というだけあって。
早朝から平均年齢が本当に低くて。

ドリンクと一緒に自撮りにネイルの見せ合いっこ。飛び跳ねる話題と10代の女の子たちの気合は見ていて微笑ましい。

私は座って隣にいるだけでマイノリティ感に押し潰されそうでしたが。

そんなおっさんにもコーヒーはいつも優しく微笑んでくれます。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

常に

人の心や体に携わるセラピストたち。
彼らが関わる歴史を全体を通して見ていくと。

数十年の期間をかけて。アレンジし新たなセラピーメソッドとしてのスキルが生まれては消え、そして積み重なってきての今があるのだと思います。

これは、海外や国内ですでにある程度体系化された技術であったとしても。
それを提供する先の状況や環境に応じてアレンジし続ける土壌があったといえます。

そして現在。オリジナルスキルを有して活動の幅を広げている個人セラピストたちも元々オリジナルのメソッドが確立していたわけではありません。

日常の活動といくつもの学び。
クライアントからの直接の評価。
今までなんとなくでもやってこれて。
また時に伝えていくことを通して。

疑問と発見と試行と確認の繰り返し。
そして。それを体系化する。またそこで壁にも当たる。

そんな、なにかを生み出す創造性こそこれからのセラピストたちに求められ、この業界がこれからも必要とされていくベースとなるのでしょう。

そしてゼロからイチを生み出すプロセスを踏むのはセラピストスクールにも求められます。

すでにあった技術をただただ教えるのではなく、相手や環境に応じてそれをアジャストしてきたセラピースキルこそがこれからのスクールにおいても求められます。

たとえ規模が小さくても。そのようなセラピーこそが本物ですしそのセラピーが伝承されていくことがセラピスト業界を支えていくと僕は本気で思っています。(文責:谷口晋一)

『教える、伝える、育てる、遺す。』
セラピストの学校 スクール運営ゼミナール スタート期開講。
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapist-school

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

お土産

子どもたちが小学生の低学年のころまでは。キーホルダーとかちょっとしたものをお土産に買っていくといつも大喜びしてました。

当時、妻と話す『いついつどこかに出張ね』というのをいつしか覚えて。

長男の将来なりたいオシゴトは“しゅっちょう”だったようです。

先週鎌倉方面に日帰りで出張に行ったときのこと。
今回は日帰りということもあって。お土産屋さん巡りとかはできず駅構内でパパッと。

次男は手ぬぐいよく使ってるし、長男は4月からの職場でハンドタオル使うかな?と。で、妻はこのシリーズ好きだし。

妻と息子たちは出張とは縁遠い仕事内容ですが、三人ともひとり旅にはよく出かけるというのもあり。

家族間でお土産渡しあうのは。
平和なそれでもありますね。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

【1つのドアが閉まれば、もう1つのドアが必ず開きます。それはバランスをとるための、自然の法則なのだ。】〜ブライアン・アダムス(ミュージシャン)

常にあいていると思ってた。
もしくはいつでもあけられると思ってた扉が。

あかないと知った時。
もう目の前が真っ暗です。

そりゃそうだ、だって目の前扉ですから。

そんな時こそ。
2.3歩そこから下がってみる。

するとまったく別の扉があいていることに気がつく。

ただそのあき具合って。
ちょっとした隙間なんですよねぇ。

その隙間に、指をすっと差し込めるか?

まぁそんな事を繰り返すので。
3歩進んで2.3歩さがる、ばかりなんですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


教えるという技術。

これから様々な分野において、個々人が
身につける技術(職能)の一つだと僕は考えてます。

チーム内での指導や研修という形でも、講師という形でも、伝承という形でも、教室やスクールという形でも。

何事も自分一人では完結しない中で、携わる世界でそれらを“伝える技術”は今後益々求められる。

またなぜ個々人が、なのか?と言えば、

それを担っていた組織体が効率化ゆえそこまで手をかけられない、伝える内容が細分化してきている、A Iなどをもってしても再現化が難しい、学ぶ形態が多種多様など。

個々人であっても、それが可能となってきた環境の変化があります。

と同時に。
教えるということは積み重ねた経験値を発するということではありません。

例えばセラピストの世界において言えば。
セラピスト仲間でも、次の世代を担う人にも、日常の中で活かす人にも、これからその世界の入り口に立つ人にも。

教え伝えるべきものを形として。
教える技術を身につけて、個々人の活動のベースに組み入れて欲しい。

セラピストの学校でスクール運営ゼミナールをスタートアップしたのはそんな人たちに向けてのものです。

「いい加減にはやれない」と思う人にこそ踏み出して欲しい一歩なのです(文責:谷口晋一)

『教える、伝える、育てる、遺す。』
セラピストの学校 スクール運営ゼミナール スタート期開講。
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapist-school
教える技術

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スタバ探訪記〜日産グローバル本社ギャラリー店
日産

平日の朝。最近なにかと話題の会社ですが、沢山の人が本社ビルに吸い込まれていきます。

そのショールーム奥にあるスタバです。

スペース的には決して広くないのですが天井が高く圧迫感もなく、目の前には湾岸が見えて気持ちいいです。

車用に思える革張りソファタイプの椅子はスタバでは珍しくてここだけなんですかね?

今回はショールームがオープンする前に利用したのですが、僕を除いてたぶん全て会社関係者。

親しげにカウンター越しにスタッフと朝の会話をして、コーヒー片手に社内入り口へと向かってました。

ひっきりなしに人は来ますが座ってコーヒー飲むのは僕だけという。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


昨日逗子マリーナまで行ってきました。

今回は日帰りでしたので明け方自宅を出て、
鎌倉の街並みを見ながらヨットハーバーのある逗子マリーナで潮風にあたり、
また数時間後には自宅で少し遅めの晩御飯を食べるという。

なんだかタイムスリップしたような、非日常を体験したような不思議な感覚になります。

さて。自分の携わるセラピスト業界の中で。
フロンティアとして、また現場をなにより大切にしてきた生き証人的なお二人との再会ですから。

もうほとんど近々のオシゴト話というより。
おのずとそれぞれどう生きているか?的なお話となります。

やっぱり。走り続けてきた人生の先輩たちの話は示唆に富んでますね。

お立場は違いますが、共通してるのかなぁと感じましたのは
『目の前のクライアントを大切にし続けてきた今』という点。

これ、口で言うは易しでして。
そのために沢山のことを捨ててきてるわけです。

その捨ててきたことの答え合わせみたいなのをお互いにする、そんな時間でした。
三人

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


去年の11月頃。お隣さんの階段で仰向けにひっくり返っていたミシシッピアカミミガメ。

警察に拾得物として届けて3ヶ月が経過し。我が家の一員に。

名前の由来は確保されたのが土曜の夜。
ひっくり返ってもがく姿がまさにサタデーナイトフィーバー。

ジョン・トラボルタ。
ということとなりました。

ま、それはどーでもいいんですよ!
何が腹立つって。

出張から帰った次の日にふと庭を見たら。大きな水槽と共に広いスペースが与えられてるじゃありませんか!

ジョントラボルタ
しかも。不満そうに首をすぼめたままだし。

もっと喜んで欲しいものです。
家での僕のスペースを凌ぐ勢いなんだから。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


【自分の能力は、自分で使ってみなければわからない。】〜湯川秀樹(理論物理学者)

やっぱり。
それが能力となるかどうかは、使ってみないことには。

裏を返せば。使わないそれはいつまでたっても能力にはならないという。

面白いのは自身が当たり前のようにとか、無意識にやっていることもまた。

時にその人の能力として“認定”され続けているということです。

使い続けていることで、経験値や時間軸や場面場面で掛け算となりますから益々能力として高まる。

たとえそれがどんなものであっても。
他人に使ってもらっても意味はなく、自分で使い続けていくものですね。

まだまだ僕には使ってない、開花してない能力がいっぱいあるんだろうな。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


今から10年ほど前。
僕がはじめての書籍『福業のススメ』(あさ出版)を出版してまもなくしてから。いわゆるリーマンショックといわれる世界的な金融危機が起こりました。

そのときに。セラピスト業界がどう影響を受けたか?と言いますと。

教育機関と多店舗展開している所が次々と撤退や縮小したことで、勢いのあった炎が一気に小さくなったようでした。

数ある業界の入り口は教育機関と職能を活かす場、広く受け入れられる場ですから。

セラピストの業界は本来ならそこで潰れてしまってもおかしくないくらいの状況。

しかし10年が過ぎて。
その灯火(ともしび)は消えることはありませんでした。

おそらく今こうしてセラピスト業界が存在しているのは。

大きな塊ではなく。その活動を地道にし続けてきた個人サロンやスクール、教室などが全国各地に、多種多様なスタイルで存在し、なくならなかったのがものすごく大きかったわけです。

今日までセラピスト業界に携わってきた人たちは自分でやれることやれないことが明確で、目の前のことに愚直。そしていい意味で粘着質なのかもしれませんね。

『そんなに大変ならやってる意味ないじゃん』と言われるような状態でも、やる。

なんで続けてるの?と聞いても。
うーん、なんででしょう。って気の利いた言葉は持たない。

言葉にする理由がないからこその理由となる。

そのようにセラピーを提供しているサロンと。伝承するスクールや教室がその活動を地道に積み重ねてきたことに敬意を表しますし、

そういった灯火を灯していく場を生み出していくのが僕の役目でもあり。(文責:谷口晋一)

『教える、伝える、育てる、遺す。』
セラピストの学校 スクール運営ゼミナール スタート期開講。
https://peraichi.com/landing_pages/view/therapist-school

灯灯し


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

半日無給休暇。

ここんとこ、なんだかずっと頭の中が仕事モードだったので急遽午後から休むことに。

でもなにしろいきなりだったので。
まずはスタバに。

するといつものスタッフに
「あ、今日お休みですか?」って。
顔に「休みます」って書かれてたのでしょうか?

そのあとは。
タオル一本持って近所のスーパー銭湯へ。

お風呂あがりにそこで遅めの昼ごはん。
平日の午後にスーパー銭湯で鉄板ナポリタン。

僕は会社員ではないので半日無給休暇なわけですが。
いやぁ。ささやかながらもシアワセなひと時でした。
ナポリタン

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

「これから。益々必要となるスキルって?」とセラピストたちに尋ねられることがあります。そのときには、

『自分で考える力。』と伝えます。

もちろんセラピストたちが今までまったくそれをしてなかったか?と言えば、そうではなく。

技能でも情報でも学術的知識でも。
ものすごく熱心に取り組んでこられた姿を沢山見てきました。

ただ。目の前のそれをたった一つの答えとしてでなく。
そこから考える。想像する。適用する。

これからの時代においてそんな力が個人セラピストには益々必要となるという点で、まずは自分で考える力。なんだと。

セラピストなら誰でも参加できるオープンキャンパスの第四クール(4月渋谷、5月名古屋、6月大阪、7月福岡)のスペシャル講座のテーマ。

『全国調査から見えてきたセラピストの今とこれから。運営実態。5つの方向性~セラピストライフ2019』
https://www.relax-d.com/contents_1554.html

まさにここにたった一つの答え、というのは存在しません。

全国15000人の個人セラピストの実態を統計化したデータから何を自分に当てはめていくのか?

あるセラピストは活動エリアとセラピージャンルの組み合わせから。
あるセラピストは、総売上の実態調査結果から。
または、開業年数の推移と活動形態の割合を通して。

自ら考え、想像し、適用する場としてのそれです。

自らが一つの道を極めていくには。
示された一つの答えだけでは足りなくなる時代に。

自立した個人セラピストがこれからも増えていくことが、しいてはクライアントを幸せにすることなのです。(文責:谷口晋一)

『オープンキャンパス カレンダー』
https://www.relax-d.com/calendar_10.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

僕には、自分を自分以上に知ってる人たちがいまして。

その人の見知や視点から自分(僕)を見てくれる人。と言いますか。

放っておけば主観が自分を包んで、こうあるべき自分に自分を支配させてしまう弱さの中で。

自分を自分以上に知る人の存在というのはハッと気づかせてくれたり、軌道修正の機会や時に立ち止まらせてくれます。

社会での専門性その他はバラバラですし、決して注目を集める立場でもなく、僕が携わる分野における専門家ということではないのですが。

ホントに僕をよく見てくれています。

月が変わっても。新年度になっても。元号がもうすぐ変わろうとしても。

そういった人たちとの関係は何物にも変えがたく、自分だけで自分を造りあげようとする誘惑を留めてくれる貴重な存在でもあり。
新年度

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


Powered by FC2 Blog