FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

教場
先日放映された木村拓哉さん主演のドラマ『教場』。

出演者やストーリーなど話題性がありましたが僕は少し違う視点で眺めていました。

知人が演者として出ていたからなのですが撮影時のことなどおそらく可能な範囲で僕にも伝えてくれたので。あ、いよいよなんだ!と。

今回の彼の役。セリフがあったわけではないのですがピンと張りつめた緊張感が毛先まで見えてきてそういった演者たちの集合体としても見応えのある作品でした。

その彼に限らず自身の道を歩んでいくものにとって。
小さな反応の積み重ねが形となっていく、そんなプロセスこそ大切にしていますね。

いつもスポットライトを浴びてるわけではない、その何倍も見えないところで“何か”をしている。

早い段階でそんなプロたちに触れる機会があるというのはすごく恵まれています。

あとになってしかわからない、今のがむしゃらな日々こそがなり得る者になったときに思い起こせる良き瞬間なはずですから。

『自分が何者であるかに固執しなければ、自分がなり得る者になれる。』

そんな老子の言葉を贈りたくなりました。

画像は初日冒頭のシーンで一瞬出てきたのを知り、慌てて一時停止してテレビに向かって写メしたもの。

そんなアナログな人間たちに応援されているということで。

#教場
#高木和

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog