FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

「セラピストって孤独なんです」
よく耳にする言葉。
だからこそできることってあります。

それについて僕もまったく異論はありませんが、ただ常にそこから“脱却しなくてはいけないのか?”と言えば実はそうとは思っていなくて。

それ(孤独)こそがセラピストにとっての本質なんじゃないかな?と思うことがあります。

実はセラピストの歩みを続ければ続けるほど。プロであればあるほど。キャリアが積み重なれば積み重なるほど。

それはなくなっていくものではなく深まっていくものなのだと。

いくら仲間が周囲に沢山いたとしても。
目の前にクライアントがいるときはセラピストもまた一人です。

そしてクライアントさえ気づかないような心身の状態に気づき関わり寄り添う覚悟を持ち。

活動する上でも思う通りにいかない現実があったとしても旗を下ろすことなく考え決断し動き続ける。

どれだけたっても“孤独という感覚”がなくなることはありません。

常に自身の中の核(コア)部分を見つめるからこその感覚を受け止めているセラピストがそこにいるのです。

セラピストはそもそも孤独なのです。
だからこそ常に学び動き成長しながらあり続けるわけです。

割と多くの人に会っている環境にいる僕もまたそんな自分に向き合う同じだけの時間が必要だったりします。

ただそこには。
孤独感からくる寂しさよりもそうであるゆえの喜びが勝ることも事実です。

孤独はなくすものではなく。
それは一歩づつ歩くために必要な靴のようなものなのです。
孤独

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog