FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

一年に1.2度ですが高校時代の先生と恩師飯。

60過ぎた今でも高校で教えるみたいで。いい意味で肩の力が抜けてて。趣味の話やら昔話やらで気楽な時間です。

「今の高校生って言ったら孫みたいなもんでしょ?雑談とかできてるんですか?」

「50になる教え子とサシで飯食べた自慢話ができるだろ」

先生がなぜ先生になったのか?
競争とか出世とか。昔からまったく興味がなかった。むしろそれを避けてただ自分の仕事がしたかったと。

だから教頭とか校長とかそういった肩書がまったくないまま生徒に接しながら現役を終えていくんだと。

こうして何回も一緒の時間を過ごしてても。

毎回別の視点を気づけるのは僕自身の立ってる位置が変わっていってるからでしょう。

仕事の関係でも身内でもなく友人でもない、たまたま先生と生徒だったことからの繋がりなだけですが。

逢いたいなぁと思ったら逢っとけ。
でないと後悔することになる。

時々そんなこと考えるようにもなりました。
恩師飯

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog