FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

いろんな場面で伝えていますが、セラピストは基本“ひとり”なんだと思っていまして。

どんなスキルを有していようとどんな環境であろうと。それを日々いやがおうでも受け止めているのがプロフェッショナルなセラピストといえます。

と言いますのも。クライアントが目の前にいる時に2人がかり3人がかりのセラピストがセラピーをすることはないですし、

ひとたびセラピーをするときには新人もベテランも関係なくひとりのセラピストとして評価されるからです。

クライアントもまた“たった一人”でセラピストのもとに訪れて心や身体をセラピストに委ねているのです。

全ては“ひとり”がベースで成り立っている働きや活動だからこそ、やはり自分の中で基準を持たなければいけません。

その基準があるからこそ何を高めたらいいのか、何をしなければならなくて何を捨てるべきかもわかるのです。

もちろん仲間はいるでしょうし、相談相手や育ててくれた人や育てた人もいるかもしれません。

でも。クライアントとの一対一の関係を前提として自らのセラピストライフを組み立てていくものであり、
それこそがセラピストとしての喜びと誇りとなるのです。

セラピストの学校でもセラピストたちが集まる場(オープンキャンパスなど)がありますが、その場に集まるプロフェッショナルセラピストたちはそのことを直感的に理解しているようです。

僕もまたオープンキャンパスの中の講座では目先でないちょっと先のことを考えられるようなテーマを掲げたりしますが。

それはセラピストライフを振り返る機会とし、自らの足で立つものであって欲しいと願うわけです。

真に自立したセラピストのもとに来ているクライアントは。本当に幸せなんですよねぇ。(文責:谷口晋一)
自立した

『これから求められるセラピスト~キャリアプランニング構築』
https://www.relax-d.com/contents_1784.html

【オープンキャンパスカレンダー】
https://www.relax-d.com/calendar_10.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog