FC2ブログ

セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ある言葉

あるセラピストのクライアントさんと話した時に忘れられない言葉があったんです。

もう長いこと通っているその人は、
『身体に変化があったときに「あ、これって◯◯さんだったら何て言うかな?」って。』

セラピーは多くの場合、目に見えての形には残せません。

だからこそセラピストはクライアントの“ある変化”に対してクライアント以上に敏感にならなくてはいけないと思うのです。

それは決して目に見える形とはならないけど、その人の心にいつまでも残るということです。

たとえば新たなお客さまを集めるという集客活動においても。

クライアントが生活する中でのある部分、心身に関わることであったり健康や美容などその人にとって大切にしていることに気づき、その人に届くよう伝えて、その人において期待と変化をもたらし、何より記憶に残り、常に思い出す存在でなくてはなりません。

クライアントにとってかけがえのない存在。それが本来のセラピストの姿です。

集客活動などやり方についてはその時代時代で変わっていきますが、セラピストとクライアントの関係はそう大きく変わってないということです。

もうわかりますよね、それってそんじょそこらでどうこうできるものではないということを。(文責:谷口晋一)

『これから作り上げていく集客スタイル~お客さまとの新たな出会い』
https://www.relax-d.com/contents_1751.html

【オープンキャンパスカレンダー】
https://www.relax-d.com/calendar_10.html

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストは一生の仕事~心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog