セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

セラピストの学校 大阪校の参加されたセラピストさんがブログで記事にしてくださいました。
こういった記事を何かの機会で知ることになれば、時間をとって必ず目を通します。

◎「真の強み」は何ですか?(セラピストの学校)◎
: http://ameblo.jp/essenceyanen/entry-11864341670.html

またブログやフェイスブックでなくても講義中のワークや最後にお書きくださるアンケートなども。
その人を思い出しながらそれはそれはしっかりと。
おそらく講師の立場の方はほとんどがそうかと思いますが、僕がそこで意識していることは、

「目の前で見た姿と文字表現を通しての姿など、人を多面的に捉える」ということです。

たとえば講義中でのリアクションが薄く理解しているかどうかこちら側ですぐに把握できないにしても、
ブログやフェイスブック、アンケートなど文字等表現になると、おもわずうなってしまう様な表現をしてくださることがあります。
(もちろんその逆も!)

一人ひとりの姿を一面性だけで捉えることなく多面的に捉える。
そして全体像としてイメージを膨らませていく。

講師など人前でレクチャーする立場ともなれば、常に見られています。
しかしそれ以上に一人ひとりを捉えていかなければならない。
目の前で人がどう受け止め、どう咀嚼(そしゃく)して表現したか?講師はその反応を吸収していくのです。

やはり教えるというのは、講師のそれまでの知識や経験。固められたコンテンツ、ノウハウや法則をただ話すことでは…ない。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
レクチャリングアカデミーが目指すこと~ゼロからイチにするスキルを身につける少人数制の学びの場
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog