セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

僕は年を重ねてから、継続的な学びをするようになりました。
ま、勉強ってしんどいですが楽しいなぁと感じられる年頃になってきたのかな。

大人になってからの勉強というのは、若年時のそれとは違うぞと。

・今までの経験則に当てはめて自己事例化できる
・学んだ事をすぐにアウトプットできる場面をすでに持っている事が多い
・その反応を得られる事によってより定着を図りやすい
・自らが今までの自分と比較して成長していると体感できる

でも若年時との一番違いは、命を削る感が強くなっている…からかな。

楽しくも切ない、そんな感覚です。

だから息子たちを含め若年時に勉強している対象に、
『若いうちに勉強しときなさいよ、年とってからだと遅いから!』
というのはあまり伝わらないだろうし、意味をなさないんじゃないかなと。

年とってからの学びの豊かさを今の感覚として正直に言葉にしたり。
楽しそうに、かつ(体力や機能的低下からくる)しんどさを見せる。

そして、そこから自己成長している型(たった一つですが)を見せること。

大人ができることは、
オトナになっていくことの喜びと切なさを現実的に見せていくこと。

それしかできないんじゃないですかねぇ。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog