セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

僕は今、自身の事業計画を紙に起こすとか市場調査などの定型リサーチをほとんどしていないんですよねぇ。

でも。個別対応しているご相談者に「やらなくていい」とも言いません。
時には、今すぐそうするべき!とアドバイス&サポートも。

「自身の経験値をサポートの基準とするのはプロとは言えない」と僕は常日頃考えてます。

自分がやってきたことを(誇らしげに?もしくはこっそり?)語るのはプロとは言えねぇよなぁ…楽だけど。と天を見上げながら。

仮に自身の経験だけでたくさんの成果を出してもそれは
「ほら結果出てるだろ、な?」となるだけ。

それだと相手の首に真綿で結んだ関係になっちゃう。そう、しちゃいたくなる。

目の前の人が必要と感じたならそれも提示できる。
それが提示できないならできる人に適切にバトンタッチする。

その引き出しの多さと深さと決断こそが支援のプロにはずっと求められている。

相談者は支援者自身の成功事例を聞きたいわけじゃない。

今の自分にとって最適なものを
たくさん提示されたいし、
いろいろ選択したいし、
よしっと決断したい。

その過程を自身の経験として
刻み込みたい。

その刻み込んだものは支援者(僕ね)との関係がなくなっても自身の事として定着する。

やっぱそれがいいよなぁ、とまた天を見上げる。
そうして、

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog