セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色んな方とやりとりしていますと、物事の見方への深みをその人から感じ取ることがあります。

それは決して語る言葉だけでないし、その人の社会的ポジションでも、性別年齢でもない。
社会全体が反応する様な事象でも、とても小さく見える事象であっても。
その方たちの共通した物事の見方として言えること。それは、

自分の中ですぐに答えを出さない。ということでしょうか。

どんなに些細な物事であっても、
皆が同じ様な事を思う物事であっても、
そこから受け取る自身の反応すら、少し客観的に眺める。

そのようにして自身の中での答えをすぐには出さない。

そして、一旦出した答えであっても途中誤った見方をしていると思えばすぐに修正する。
「自分の見方は間違っていた」と驚くほど素直に。

拙速に判断しない事とすぐに軌道修正できる素直さ。
それは物事事象に対する畏敬の念の表れと人間の持つ浅はかさへの自己理解なのだと。
畏敬の念


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog