セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近中3次男が
「ちょっと俺をオチにすんのやめてくれよ」とまんざらでもない顔で言うので。
たまにはオチのない話も。

彼を褒める所は沢山ありますが、何か一つ挙げろと言われたら、
「挨拶をする」
これを挙げます。

朝の、おはよう。
夜の、おやすみ。
帰ってきたときの、ただいま。
迎えてくれたときの、おかえり。
見送る時の、いってらっしゃい。
送迎などしたときの、ありがとう。
長時間移動のときの、おつかれさま。

特に厳しく躾けた記憶はないのですが。
中3男子が親に対して、兄に対して、そして猫に対しても。
イヤイヤでも義務感でもなく自然に挨拶ができる。(学校生活など、おそらく私が見てない所でも)

「これはスゴイことだぞ。」と何度言ったか。

扇風機の弱スイッチを指差し、
「お母さん、ヨワにして」と言い、母親を膝から崩れさせたとしても。

弱肉強食を上目遣いに
「ヨワニクツヨクイ?」と言い、どうせなら全部間違えろっと突っ込まれても。


生きる上で大切なこと、ですよねぇ。
挨拶。
まさに社会へのアドバンテージ。

改めて彼から教えられてることでもあります。
弱肉強食

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog