セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おそらく一つの世界に長く携わってると、
『この業界で成功するには?』という質問を受ける事があるのではないでしょうか?

今日取材を受けるために初めて社屋を訪れたメディアからの依頼テーマもそうでした。

もちろんこの問いに、決まった回答があるわけではなく。
でも、決まった答えはなくともその時々で伝えられることは精一杯伝えなくてはなりません。

私の場合に限って言えば、セラピスト業界というくくりで尋ねられることが多くその世界で成功するには?との問いにこう答えています。

「成功の一つの形として思いますのは、他の誰かでもないオンリーワンのセラピストとなること。
しかしそれはスペシャリストとしての深み“だけ”を目指すのではないのですが。」(はぁ〜エラそうですねぇ)

セラピスト手帖電車ホーム


社会的な環境変化やクライアントニーズの広がり、セラピスト個々人のスキル向上など。
たぶん10年前でしたら「オンリーワンとなるためにスペシャリストを目指しましょう!」と言ってました。

しかし。数年前からそれじゃ…という思いが募ってきたのが本当のところ。

セラピーに関する一点深い知識(技術)と知恵(経験)と幅広い見識の融合こそ、成功したと言われる人たちの礎となっていることは間違いないのですから。

私自身今回監修という立場に回った今月末発刊予定の書籍(※セラピストの手帖)は幅広い見識のきっかけとしての“ジェネラルセラピスト”という新たな発想がベースとなっています。

しかしこのスタンスもまた、変わっていくのでしょうね。
ですから成功という定義はどんどん変化していく。
長きに渡って一つの世界にいればなんとなくその変化も…ね。



※手にしているのは見本として受け取ったもので、今日現在まだ実際には書店には並んでおりません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』
資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog