セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ビジネスにおいても、おそらくはプライベートにおいても。

本当の孤独感は、一人の時じゃない。
そう思うことがあります。

『誰かと(チームで)組んで何かをする。』

たとえ一人ではできないことでも、
互いに助け合い色んなことを成し遂げることが可能で、僕も仕事柄話を聞いたり相談を受けたりします。

ただ互いの力を出し合い足りない部分を補完し合うという点で、
うまくいくケースもありますし残念ながらそうでなくなるケースもあって。

パートナーと組んで、チーム内で、うまくいかなくなった時の孤独感。

それは一人でやっていた時の孤独感とはまるで種類も重みも違います。

そんな時に相手を責めない。
自分をひたすら責める人がいます。

なぜあんな判断をしたんだ。
なぜあんな事を相手に要求したんだ。
なぜあんな予測を立てたんだ。
結局は自分が悪かったと。

すべて相手のせいにすることもできるのに、
自分の非にフォーカスする。

その孤独感。味わったことのある人でなければなかなか分からない感覚です。

でもそんな自分を責めながら孤独感を抱くのは、実は大きく羽ばたけるチャンスなのだと。

そこで相手のせいにしてばかりの人は…言わずもがな。

ちなみに。
うまくいかなくなった時に、別の所から噂話の類で耳にするのがほとんどなんですが。

そうなっても丁寧に直接ご報告くださる方たちがいらっしゃいます。

そりゃ言いづらいでしょうよ、ホント。

でもその方たちは間違いなく、これから一人でも別のパートナーを見つけても大きく羽ばたけるはずです。

なぜなら。
相手を責めず自分を責めながらの孤独感を経験しているからこその距離感を知っているから。

そんな彼らに、心からのエールを。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog