セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「どこかの経営塾とか行かれたんですか?」
「文章作るのって何かで勉強したんですか?」
「話し方とかプレゼンの講座に通われたんですか?」
「eラーニングとかってやってます?」


今の自分を形作るきっかけやインプット方法など、吸収の型について。

実は立て続けに『月にどのくらい本読むの?』『どんなジャンルの本を読んでるんですか?』なんて聞かれました。


あぁごめんなさい…実は僕。
経営塾も、コピーライディングやプレゼン講座も、eラーニングも、読書も。

かじった程度でまったく自分のものにはなってるとは言えないんです…。


ちなみに僕の吸収の型は人間洞察型。

リアルネット共に広く浅く人と関わりながら、直接人と会い、やりとりし、話を聞いたり、じっと観察し、そのエッセンスを少し真似てみたり。

でもそれに気づいたのは、結局たくさんの吸収の型を取り入れて…全然吸収できなかった失敗(現実)からなんですけどね。


聞かれれば答えますが、それが万人に当てはまるとは限らないんですよねぇ。

《コレ(その人が提供するもの)は全ての人を成功に導くもの》
という言葉の浅はかさに気づく人が増えてきている昨今、見聞きする“吸収の型”もまた自らにすべて当てはまると考えないほうがいいんじゃないかなぁ…なんて。


つまりそれを参考にしつつ、自らがよりよく力を発揮するための、よりよい吸収の型を自ら見出していく。


「あれだけ勧められたのにうまくいかなかったのは自分がダメだからだ」と、その可能性を早めに閉じてしまうのはあまりにもったいない。


体系化された学びの場にしっかりと通ったり、月に何冊と決めて本を読破したり、音楽や映画などから取り入れたり、旅など非日常の空間環境などから得たり、専門学問という歴史から学んだり。


それを個々が自ら見い出すことが、組織やチームの中であれ個人であれ個々の強さを発揮するベースとなる。

それは決してその人の中で色褪せない。

Individual Strength (インディビジュアル ストレングス)の根底にあったりします。


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog