セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今春予定されている全国規模の選挙。
その為に活動している方のスピーチシナリオや立ち振る舞いなどをサポートしている中で。

様々なシーンに応じたスピーチシナリオを毎回組み立てていくのですが、
「このことだけは訴えたい!」
というのをはじめに先方から伺います。

しかし一方で、それだけでは伝わるものも伝わらないケースも出てきます。

『逆にこのポイントを軸に組み立てていきませんか?』というのがあるんです。
それは訴えたい事そのものではありません。しいて言えば、

人知れず何かを続けていた、という事実。
何かに支えられた、と自覚した瞬間。
自分の弱さを思い知らされた出来事、など。

つまり華やかな実績や劇的な体験ではなく、何の気なしに通り過ぎてきたこと。または、

目立たず、ふとした瞬間で、誰にも言いたくないことだったりします。

きっとどんな世界にも共通する“伝わるプロセス”なんでしょうね。

僕自身も普段知ることのない世界のイロハを学びながらなのですが。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog