セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

僕が関わる世界の一つにセラピスト業界があります。

今でこそセラピストという単語から何らかのイメージを持つ人が増えてきましたが。

関わり始めた1990年代後半。
『自分はセラピスト業界におります』なんて言おうものなら…
名刺持ちながらその人の頭に?マークが沢山並んで絶句されていた時代。

あれからずいぶん時間が経ちました。

セラピスト業界とは違う業界とも関わりはありますが、やはりそれぞれの業界において魅力を感じる人。その基準というのはほんの少しだけ違うなぁと感じてまして。

そんな独り言みたいなのを時々セラピストに向けて書いてます。

皆さんの業界での魅力ある人たち。
いったいどんな人たちでしょうか?

★ なぜあのセラピストに人は魅力を感じるのか?

キャリアや実績、時に容姿(動画や画像)やブログなどの記事、スキルの多様さなどなど。

魅力あるセラピストになるにはやるべきことがいっぱいありそうです。でも…

すべき優先順位が少し違います。

そのクライアントが求めるものの先にしか、セラピストは魅力ある存在として浮かび上がってきません。

あくまでもクライアント視点で。

セラピストは対人援助職ゆえに決定的に主役であってはならない。

それがしっかり染み付いているセラピストにとって、こういった学びはすっと入ってくるはずです。

『Web版セラピストの学校より』
: https://facebook.com/taniguchishinichi

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog