セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今晩5年ぶりに高校時代の同窓会があるのですが。

こういった集まりは、数年数十年ぶりの再会を通して自分の歩みを振り返れるということですので、僕自身も楽しみにしています。

そういった意味で主催(幹事)をして思うのは、そんな場を提供することの喜び。

皆が久しぶりに再会してワイワイしてる姿を見るのはなかなかいいものです。


一方で。
同窓会など特別の集まりではなく、普段お店などを通してずっとそういった場を提供し続けているオーナーさんたちのことをふと思うのです。

僕が出会ってきたお店のオーナーさんたちに話を聞きますと。

オープンしている間ずーっと喜びが継続するというより、何かしら“一瞬の喜び”があるんだ、と。

それは、お客さん同士のやりとりであったり、「美味しい」とか「良かった」など掛けられる言葉だったり、スタッフの成長の軌跡だったり。

まさにオーナーたちは、何かしらその一瞬の喜びの為にずっと何かを考えアクションし続ける。

それは時に誰にも言えない苦しさにもなる。

そのことを全部ひっくるめて、その喜びと苦しみを内在させている背中を見て僕はリスペクトを抱くのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
セラポート~『個の力』をUP!セラピスト支援からトップビジネスパーソン育成マネジメントまで

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog