セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新しい月になり、夏休みも終わり。
小学生たちが分団登校の為にうちの前にも集まってきました。

(妻とのジャンケンに負け)数年前にPTAやら地域の子ども会やらをやった時の低学年の子どもたちが、みな高学年になっているのをみかけて。

『あぁずいぶん大きくなったんだなぁ。
あくせくせず、のびのびと育って欲しいな』と純粋に感じます。

僕自身の自戒でもあるのですが。
どうしたって、親は子供に“近道”を指摘しがち。

先に生きてきて、本人を一番客観視できているとの自負もあって。

だからでしょうか、“寄り道や遠回り”にすぐ予感づく。

そして、良かれと思って本人にとっての近道を指摘したくなる…

でもですねぇ、
確かにそれはスムーズにいくかもしれないけど良い道とは限らないんですよ、これが。

『こうして色々あったけど、なかなか面白い人生だった』

実はそんな風に生きたいと思う僕が言うんだからまぁ説得力ゼロ(苦笑)

『あ、時間だ』とランドセルをカタカタいわせながら坂道を走る子どもたちって、なんとも言えんなぁと僕も出かけようとしたら。

僕の靴よりデカい靴を息子たちが履いているのを見て愕然とした、9月初めの朝のこと。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog