セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お仕事の関係でアメリカ本国にいってるレクチャリングアカデミーの一期卒業生。

一時帰国ということで食事に。
旨い肴が食べたい!というのでオススメのお店で再会してきました。

◆◆◆◇◇◇
海の外からみた日本、という視点。

やはりメディアなど“視点の入らない生の情報”はとても参考になり、考えさせられます。

実は色々情報交換し、そこでふと考えさせられることもあって。

つい、現在の僕の仕事の立ち位置ですと、経営戦略とか、ビジョンとか、プランニングとか。

いわゆる『カッコいいこと言ったら勝ち!』みたいな発想にかぶれてしまってやないか?と。

彼曰く、実は日本が世界に誇れるものはそこではないんじゃないか?

二つの国を見ていて。
どうひっくり返っても前述のそれは本場(米国)からすれば、日本はどうしても付け焼き刃的だと。

一方。一見地味だけど日本には世界に誇るものが多い。

例えば、一旦掲げられたものに対して。
愚直に、継続し続け、諦めず、修正を重ね、戦略の先にある答えに導き、到達する。

そういった実行力ならば、今のままなら日本は世界に誇れる。
これはDNAがそうさせるのかもしれない。
世界から日本を見たから見えてきたと、彼は言うんです。

『そうじゃなきゃ、こんな味のあるお店は続かない』と、マグロの心臓に舌鼓を打ちながら語る彼。

いやぁ。

戦略とか効率とか。
僕自身、諸々追っかけすぎてないか?

ちょっと反省しました。

マグロ心臓


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog