セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スーパーや量販店や通販でモノを選ぶ場合を除いて。

各専門家や業者さんなどに、何かの仕事を依頼するとき。

モノの良し悪しだけでない、一つの事を求めている自分に気づきます。

それが、
「最善の選択肢を提示してくれるか?」
というもの。

依頼するモノはケースバイケースですが、それをそのまま価格やサービスのみの価値で伝えられると。

なぜか不安になり、他を探し始めます。
(自分からそれを依頼しておいて)

ですので、あぁプロフェッショナルだなと思うのはいつも、
最善の選択肢を提示してくれる人です。

選択肢というくらいですから、いくつか提示してくれます。

そして。
決して勧めたいものだけを際立たせるやり方ではなく。
どういうケースならコレ、といった風に各々の特徴と共に。

ちょうど3年前に出版した『オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン刊)中に登場いただいたセラピストたち。

その中で共通点を一つ挙げるならば、
たった一つの答えだけを提示するのではなく。

常にその相手にとっての最善の選択肢を提示していました。

やはり。そういった最善の選択肢の提示には責任が伴います。

それが僕の中で信頼が生まれる瞬間なのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog