セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

僕が関わる、時に僕自身もその部類に入るであろう対人援助職という仕事。

目の前の人の状況や状態を適切に受け止めて、最善を提案したり、サポートしたりする仕事。(と認識してます)

その分野にまつわる様々な専門的知識や技能に対するたゆまない学びが求められます。

そのために時間やコストをかけて取り組む。
やえもすると無限ループのように終わりなく、ひたすら。

しかし。
プロフェッショナルのステージにあがったものが、知識や技能をひたすら近視眼的に学び続けることが正解か?と考えることもあります。

それはまるで自身の中のポケットに溢れんばかりの飴を詰め込んでいるかのようです。

専門職であるがゆえにどうしても近視眼的な見方になる中、
自身の中に常になんでも入れられるフリーポケットみたいなものを持ってないといけないなぁって。

自分の中でのフリーの部分があるからこそ。

目の前のクライエントやお客さまのちょっとした態度やコメントであったり、
まったく違う分野のプロフェッショナルの発想であったり、
プライベートで見聞きしたことや体験したことにこそ。

今得るべき学びの種が眠ってることに気づける。

それはすぐに一杯にはなりませんが、少しずつ入ってくるだけでずっしりと重い。

ポケットが空っぽだと不安で不安で仕方なかったのですが、空けておいたからこその学びの種。

自身の中のフリーポケットの中身こそ、その分野における厚みと幅になるのかもしれません。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog