セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

たとえばマーケティングの世界では、
『知らせたい人に、知らせたいことを、ベストなタイミングで知らせる』ということが語られます。

実は僕自身それがどんどん難しくなってきているなぁと痛感しています。

それはなかなか人に知られないというより、
むしろ知られ過ぎてしまう。

知られなくてもいい対象?に、望まないカタチ(ニュアンスやタイミング)という点で。

情報発信方法が発達する、ということはすなわち。

それを各個人がコントロールすることが益々難しくなってきている。

どんどんそんな世の中になっているんじゃないかと。

そうであるがゆえに、僕個人がやるべきことすべきことはなにか?と言えば。

仁義を果たすといいますか、スジを通すといいますか。(なんか言い回しが任侠っぽいな)

それも自分の歩んできた過去に対してのそれを。

それを“なかったこと”にすると、
たとえ発するものが、どんなに立派であっても。

とたんに薄っぺらいものになって“拡散”されていく。

今の自分がカタチ造られた過去の出来事や出会ってきた人、関わったプロジェクト(チーム)などなど。

年の瀬押し迫るこの時期だからこそ、振り返る必要があると思うのです。

年の瀬

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog