セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

手を挙げる勇気。

以前ホメゴロシの会という異業種交流会を主宰運営していた時のこと。
一人の男と出会いました。

テレビ局の社員として日々忙しく活動している彼にゲストスピーカーとして登壇してもらったのが、今から5.6年前のこと。

フリーの立場でないからこそ、丁寧に言葉を選びつつ真摯に語ってもらって。
僕自身もメディア全般に関することを彼から学びました。

そんな彼と、久しぶりにメッセージでやりとりしてお昼ご飯食べようと。
懐かしく当時のことを話したり、これからの互いのことについてやりとりしました。

彼は今、テレビ局で報道番組のプロデューサーという最前線の働きをしながら、
ドキュメンタリー映画※の監督という肩書も持ち、CM部門では数々の賞も取っているようなポジションにいました。

僕にとっては映画作りもテレビ局プロデューサーの仕事も、CM製作もまったく知らないことばかり。
でもわずかな時間、色々話した中で1番印象に残った言葉は、

手を挙げる勇気。

どんな世界でも、ルーティンの仕事をするだけが1番楽だし、場合によっては正しいかもしれない。

でも、勇気を持って手を挙げてみる。
恐怖心や戸惑いも含めてのそれ。

すると、見えてくる世界が変わる。

会社はいろいろなことをチャレンジさせてくれる。素晴らしいチーム。なにより最高の上司など、恵まれた環境にいると語る彼。
その言葉一つ一つには

『見える世界を自ら変えてきた』という、もう一つの事実を如実に表していました。

追記:今日たまたまネットニュースで取り上げられてましたので。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11084778/

※映画『ヤクザと憲法』公式サイト
http://www.893-kenpou.com

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog