セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

昨晩のこと。久しぶりに名古屋の高めな所で。
各分野のプロフェッショナルたちが、どーでもいいことを話すだけ?の集まりがありまして。そこに顔を出してきました。

僕にとっても気楽な時間で、たまにしか顔出せませんがとてもありがたく。

たまたまそこで出た話題。

どんな分野であっても、どんな仕事のシーンであっても。
『あー、今コレ詰めが甘いなぁ』という思いを抱くことってない?と。

もしかするとそれがプロとアマの違いとも言えますが、実は自分自身に対しての思いだったりする。

まぁそこそこできてる。
きっと受け手(素人)が見ればそれはそれで充分。

でも。
なんだろ、最後の詰めの部分なんだよなぁ。
うーん、よくわかんないけど、コレ詰めとかないと!というなんとも言えない押される感覚。

昨晩の集まりでその“詰め”を埋めたくなる感性ってなんだろね?と。

細部にこだわり、出来栄えにこだわり、反応にこだわる。

それは言い換えれば。

ワガママとしつこさとずうずうしさ。みたいなものかな?と。

そこいっとかないと、ずっとその分野で突ききれない。

各分野のプロフェッショナルというのは大抵自分のフィールドではワガママだし、しつこいし、ずうずうしいものなんだと。

そんなもんなんですかね?
まぁ…たしかに。

タワーマンション


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog