セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

先日、僕より世代の若い男性とやりとりしてたときのこと。

そこで仕事上での人脈とかプライベート含めた人との繋がりの話になりました。

『最近は人脈の広さをアピールするのは若干“イタイ系”として見られてしまうが、
同世代でSNSなどを通して人脈が広い人を見ると正直羨ましくも思う』と彼。

『すげぇよくわかるなぁ。
なんだか自分が取り残された感覚になるの、僕もいまだにそうだなぁ』とつぶやいたら。

『えっ?(オッさんになった)今もですか?』と彼。

『うん、(オッさんになっても)しょっちゅうスマフォ片手に舌打ちしてるもん』とワタシ。

◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆
人が社会で生きていく上では何らかの形で人と接点を持たざるを得ないので、人との繋がりはとても大切です。

繋がったらすぐに
なにか仕事の話が舞い込んだり
プライベートで盛り上がったり。

んなことあるかいっ。

一旦繋がっても色んな関わり方がそれぞれあって、それを試行錯誤しながら紡いでいくんだ。

「あ、この人はこういう関わり方がいいのかな?」とかなんとなく思いながら。

そうしてるうちに、自らの枠が変化したり広がったりする。

そんなことを通して自らの視点や行動が変わっていった結果、仕事やプライベートが彩られていく。

確かにSNSなんかで、通り一辺倒な繋がりの表現しかできていないと、若干イタく見られるかもしれないけど。

繋がりを求め続けるのは大切なんじゃないかな、と。

ちなみにスマフォ片手に舌打ちしてるのは、未だに社会との接点を求め続けてるってことなんだと、オッさんは思う。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog