セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

5歳の子が6歳になったのであればまだしも。
45歳のオッさんが46歳になっただけなのに。

(SNSの機能としてその事実を広めてくれたということもありますが)沢山の誕生日メッセージをもらいまして。

しかし、改めて年を重ねたことを実感できるいい機会ですね!

何度も接点があった人だけでなく、一度も会ったことのない人からも誕生日メッセージというボールが投げられる。

どれだけ簡単になったと言っても『思いを伝達する』ってのはエネルギーいりますよ。

1人ひとりボールを投げ返す中でその人との関わりのきっかけを思い出す。

その時の自分を振り返れるわけです。

『あぁ。彼女と関わったあのとき。あんなことしてたなぁ』とか、
『彼と出会った時ってこの立ち位置だったんだ』とか。

僕にとっての45年間は人との出会いと関わりで彩られている。

そしてこれからも深みのある出会いや関わりを続けたいと思える日が誕生日。


ちなみに。一番接点の深い妻や息子たちからは、
僕の胃袋が最も欲する手作り料理と。
野太い声でのバースデーソング。
それぞれ一生懸命選んでくれたであろうプレゼント。

こうして家族との関わりもまた、深みが増していくのでしょう。

しかし、二口くらいでぺろりとシフォンケーキ食べてました。

小さいときは一生懸命食べながらもなかなか減らないケーキと息子たちを眺めるのが幸せでしたが、今はあっという間になくなるケーキを眺めるもまた幸せですね。
シフォンケーキ


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog