セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

僕自身もそうですが、仲間にも大勢いる経営者や各チームのリーダーなど。

人をまとめたり、リードしたり。
スタッフとの関係を築いたり。

いやぁ。
なかなか思った通りには…いきませんね!

何も言わずに離れていったり、激しくぶつかったり。
思いがけず繋がったり、ひょんなことから深まったり。

収益や規模の面など社会に対する達成感とは別に、
身近な人(スタッフやメンバー)との小さな変化により一層、一喜一憂するようになるのではないでしょうか?

以前の僕なんかは、そんなことには一喜一憂せずに邁進できるのがリーダーだ!などと勝手に想像してましたが。

真逆ですわ。。
その立場になって、より傷つきやすくなりましたし、喜びも悲しみも含めて涙もろくもなりました。

また、人影に隠れて自分を責めたりしますし(苦笑)

それはリーダー失格だよ!なんて声が聞こえてくるかもしれませんが、
そんな感受性の高さこそがこれからのリーダーに求められる大事なパーツなんじゃないかな?とも思うのです。

人と人が関わる時に相手の感情に対してアンテナを常に立てることのできる人がこれからリーダーとなっていって欲しい。

自分への感受性の高さはそのまま周囲の人への感受性の高さともなる。

そんな感性を失わないでいたいのです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog