セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

出張から戻った昨日の早朝。
休みだし春だしと、家族を誘う。

妻には計画立てないとりあえず感が好きなので『のんびりドライブでもする?』と提案。

うむ、と了承。

高3長男には『ワッフルでも食べにいかねぇか?』と。
なにせ食、特に甘いものには目がないので。

よだれ垂らしそうにながら即答。

で、高2次男です。
人混みより自然、爺さん風な過ごし方が好き。しかも嬉しい提案でも対応が素直じゃない。

『山の上の温泉にいかねぇか?』というと、

「そっか、ちょっと今日は忙しいんだよなぁ」と答えつつ、一番最初に準備し始める。(偏屈ジジイか?)

こうしてどこか出掛けるにもプレゼンする私。
計画が立つとそれで半分以上満足してるところなんかは、若干職業病の感あり。

ただ。舞う桜も見れたし、夕日に照らされる山の稜線も見れたし、天然温泉も入れたし。

まぁ甘いものを食べるのだけはしないので…長男の満面の笑みで判断するとします。

ワッフル


◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog