セラピストの学校

セラピストの学校

※新規ウインドウが開きます


プロフィール

ぐっさん。

Author:ぐっさん。
「セラピストは一生の仕事」「セラピストの手帖」「オンリーワンのセラピストになる!」「福業のススメ」著者。
セラピストの学校校長 セラピストの学校サイト
I.V.S代表 I.V.Sサイト

無類のスタバ好き。


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近組織に所属して活動している方(過去形の方も含め)と繋がるようになりまして、改めて思うことがあります。

自ら“積極的に組み込まれる感覚”って大切だな、と。

実際僕は組織に属していた期間も10年ちょいと短く、規模も決して大きくなかったのですが、
その感覚が養われたのはチームの一員としてやれる環境に身を置いたから。と考えてます。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、メンバーには長短があるというのもわかりますし、取り組み方の違いも見えてやりずらさを覚えました。

ただ当時、若手ゆえ職業能力そのものは低いので何ができるか?といえば、積極性しかなかったわけです。

でも今になって思うのは。

積極的に組み込まれる感覚=気持ちいい感覚。という環境を与えられていた。

当時の面々には感謝しかありません。

そして小さいながらも、またチームの形は以前と違えどいくつかのチームを率いる立場となって。

メンバー一人ひとりの“積極的に組み込まれる感覚”からくる、その人独特の気持ち良さなんかを見極めていくことが。

チームを率いたりマネジメントする上で益々大切になってきてるんじゃないかなぁと思うわけです。

◇◆トピックス◇◆
【書籍ご紹介】
『セラピストの手帖』
『即実行! オンリーワンのセラピストになる!』

資格だけのセラピストから職業としてのセラピストへ~セラピストの学校
一人ひとりのチカラを社会のチカラに。人材開発研修~IVS

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
(ランキングに登録しています。ランクインするとなんだかちょっとだけ…ウレシイ。 谷口晋一)


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog